先日お引渡しした神戸市東灘区の摂津本山の家、写真撮影と動画撮影してきましたので、ここで今回工夫した点を動画にて振り返ってみます。


摂津本山の家窓まわり。コーナーガラスの複層化を五枚引込のペアガラス戸で行い、空気層兼物干しサンルームに。鴨居をカモフラージュしたスリット天井に納まる断熱ブラインドで遮光も兼ねた断熱補強をしてます。窓高と梁高のギャップを埋める幕板は取り外し可としてブラインドのメンテができるようにしました。


サンルームのスリット天井に設けた物干バー。スリットの一部がスライドして降りてきます。しまうときのネオジム磁石のクリック感が快感です。仕組みも見た目もシンプル、ただそういうものほど施工は大変・・・でも物干しは毎日のことなので手間掛けてもいいところだと私は思います。


奥のリビングに南の子供部屋越しの光を入れたくて考えてみた建具のような間仕切棚。ケンドン式のポリカを入れ替えるとどちら側からも棚として使えます。この棚自体も置き家具なので将来的な移動も可能です。見た目単純だけど、精度要るので大工さん作るの大変なやつシリーズです( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

2018年8月10日