ウッドデッキの中庭と黒い板壁の書斎スペースのある家(大阪都島) ウッドデッキの中庭と黒い板壁の書斎スペースのある家(大阪都島)
Oさんのお住まいインタビューです(2013/07/15)

インタビュアー:インターンシップ中の大学院生 平田さん

2012/09竣工 鉄骨鉄筋コンクリート構造 1990年築 123.69㎡

<完成写真はこちら>

<工事中のようすはこちら>




『無垢の床に珪藻土っていうので資料請求をしたのがきっかけ』

 

『無垢の床に珪藻土っていうので資料請求をしたのがきっかけ』

●まず、お家は中古物件を購入されたんですか?

( ご主人 )もともと、このマンションが僕の実家で弟が住んでいたんです。でも引越しすることになったのと、前住んでいたところが子どもを育てるのにはちょっと…という環境だったので、こっちに住まうことにしました。

 

●そうだったんですか。なぜリノベーションを考えられたんですか?

( ご主人 )結構年数も経ってて手を入れないと住めないような状態で、リフォームは必要になるなと。せっかくなら思い切ってリノベーションをと考えました。

 

●リフォームをするにあたって何から始めたかを教えて下さい。

( ご主人 )リフォームの雑誌を見たり、インターネットが最初ですね。

 

●その探す時にキーワードにしたことやイメージなどはありますか?

新築そっくりさんや一括見積もりのサイトなど利用してみたんですが、あまりピンとくるものがなくて。

( ご主人 )全面リノベーションってあまり事例がなかったんです。間取り図も小さいし写真も一枚だけしかないとか。後は簡単なリフォームの業者はたくさんあったんですけど。新築そっくりさんや一括見積もりのサイトなど利用してみたんですが、あまりピンとくるものがなくて。どうしようかなー、と思っていた時に友人が新築を建てたんですよ。そこで無垢の床とか珪藻土を使っていて。それをきっかけに自然素材をキーワードに探し始めたんです。

 

●おお、そうなんですか!ではマスタープランに行き着いたのは?

( ご主人 )探しているうちに、たまたま東京の設計士さんのホームページに行き着いて設計士さんもリフォームをしているんだ、と知って。それで、マンション、リノベーション、建築士、って検索していて小谷さんのところに行き着いたんです。で、写真見た瞬間、無垢の床に珪藻土っていうので資料請求をしたのがきっかけです。

 

●業者を選ぶ時に注意したことはありますか?

( ご主人 )もともと大手のマンションに住んでいたので、同じ会社にリフォームを頼むと割引があるとか、口コミなどで調べていたんですけど、その時その時で発注する業者も変わってくるし、いい時と悪い時の差がすごくあるんだそうです。下請けの質によってすごく変わってきてしまうんだなーと。

 

●あんまり良いこと聞かないですよね。やっぱりそこが一番の不安点になっていらっしゃったんですか?

( ご主人 )何かあった時に担当してくれた人と違うとか、頼んでいたものと違うとか、そういったことを多く聞いていたので。

 

●逆に小さい会社というところに対して不安とかは無かったですか?

( ご主人 )あったのはあったんですけど、見学会とか行かせてもらって実物を見せてもらったので。こんな感じっていうのがわかったのとテイストも同じようにされていたのでそれなら間違いはないかな、と思うようになりましたね。

 

●では、次に設計から工事の段階について聞かせて頂きたいのですが、打合せの内容や雰囲気とか、よかった点はありますか?

( ご主人 )一番良かったのはパースを見せて頂いたことですね。イメージがつかみやすくて。その前に実物も見せてもらえていたのでさらに雰囲気がつかみやすかったです。図面も細かいところまでたくさん種類があって全部送って下さって打ち合わせしていたので良かったです。それと、家内の実家を一年前に建てたんですけど、やっぱり遠方だったのでメールでやり取りしていたんですね。そうしたら後で見てみて、あ、ここ、こんなんやったんや!ってびっくりすることもあったので。その時と比べるとわかりやすくて良かったです。

打ち合わせ時の3Dパース

 

●悪かったこととかは?

( ご主人 )悪かった点…うーん、時間的にも余裕があったのでけっこうスムーズにいってましたし。いろいろ相談したら明確に答えがかえってきたので。

 

●専門用語とかも難しくなかったですか?

( ご主人 )聞けば教えていただけるし、そんなに難しいこともなかったですね。

 

●中でも楽しかった思い出とか、何かありますか?

( ご主人 )だんだんできあがってくるのが楽しかったですね。僕はずっとマンション暮らしだったので、マンションってできてからの状態しか分からないじゃないですか。ここでは配管だったり、二重床ができていくところだったり、住んでいてもどうなっているのかってわからないところが見られたのは楽しかったですね。

 

●大変だったこととか、苦労したってことはありますか?

( ご主人 )工事中はあんまり。…まあ、工事始まる前にもともと弟が住んでいたこともあって荷物がたくさん置いてあって、それを片づけるのが・・・それはこっちの問題ですけど(笑)工事が決まってから慌ててやったのでそこが大変でした。休みの日も夜中までー、とかね。

 

リビングにてインタビュー

●うひゃー!(笑)

( ご主人 )工事が始まってからは特には無かったかな。

 

●施主支給が大変やったって方もいらっしゃいましたけど、どうです?

( ご主人 )いや、それもインターネットで探してやっただけなんで。

 

●インターネットの得意不得意ってありますよね。私ネットでお買い物全然しないので…(汗)

( ご主人 )最近は重いものとか全部ネットで買ってましたので。値段とか比較しながら小谷さんにこれでいいのかって聞いてみて買っていったんです。

 


『杉の床になってからはさらさら。快適ですね。』

 

●新しい住まいになってライフスタイルだったり、ここ変わったなってところを教えて下さい。

( ご主人 )素足生活になったってことかな。家でぜんぜん靴下を履かなくなったってことですね。今年は冬でも素足でいましたよ。

ご主人の書斎

●こっから奥さんの出番ですよね。奥さんどうですか?

( 奥さん )答えられることあるかなぁ…。前のお家が普通の3LDKだったんですけど、もう梅雨の時期はべたべたして、冬は冷たいし寒いし厚手のもこもこ靴下を履いていたんです。床暖房無いとどうかなって思ってたんですけど、杉の床になってからは全然です。さらさら、あったかいし私も靴下一枚でいられました。快適ですね。
後は間取りが、ふつうのマンションみたいに部屋がいくつあって、壁で仕切られてという感じだったんで、夫がパソコンの部屋にいると、居るのか居ないのかも分からないくらい静かで・・・それが嫌だったので設計してもらう時に要望を聞いてもらいました。これだと姿も見えるし。家族が一緒にいる感じがして。

( ご主人 )僕が自分の部屋にこもるのをすっごい嫌がってたんですよ。それで上を開けてもらったんです。

 

●そうだったんですか。こういうプランニングだと子どもさんも走り回って遊べますもんね。いいですよね。

( ご主人 )お友達来た時とかすごいよな。ここらへんずーっとグルグル廻ってます。

( 奥さん )だいたい5,6人は集まるんですけど、ここは保育園状態ですね(笑)

 

和室とリビングをつなぐ窓

●そこの和室とリビングの窓とか楽しそうですよね。

( 奥さん )そうなんですよー!

( ご主人 )みんなあそこから入って走りまわって。

( 奥さん )で、最終的にみんなベッドで寝てる、みたいな(笑)子どもには魅力みたいです。

(Yちゃん)お母さんたちはみんなしゃべってる。

( ご主人 )せやなー、こっちでな。

 

●あ、やっとしゃべってくれた(笑)では次、自然素材や木を使ったお家の悩みとかってありますか?

( ご主人 )傷はご覧のように、めっちゃついてるんですよ。でもあんまり気にならないですね。引っ越してから一週間は、傷いってもうた!ってなってましたけど普通のフローリングと比べると目立たないし。

( 奥さん )ワックスも塗ろうかなー、と思うんですけど。全然です。

( ご主人 )木のおうちはどう?前の家覚えてる?>

日に焼けて落ち着いた杉床

(Yちゃん)うん。

 

●どっち好き?

(Yちゃん)こっち。

( ご主人 )せやな、こっちやな。この前どっか旅行に行ったとき、新しいお家に帰りたい~って泣いてました(笑)なー。

( 奥さん )ちょっと木を見かけるだけで、家と一緒!木の色!っていうんです。

 

●そうなんですね。木のメンテナンスとかはしてはるんですか?

( ご主人 )全然してない(笑)

 

●水まわりとかもですか?キッチンはタイルだからお手入れしやすいかな?

( 奥さん )今のところはしてません…おかげさまで。キッチンはOBさんの家で見て是非タイルにしてくださいって。

( ご主人 )あれみんなに好評やんね。

( 奥さん )そうなんですよ。なるべく風通しは良くしようとは考えてて、お風呂のまわりはなるべく乾拭きをして、窓を開けて。お風呂を窓のあるところに移してもらったので風を通してます。

( ご主人 )お風呂に窓あるのいいよね。

 

●本当、あちこち開けれるし良いですね。

( 奥さん )あと間接照明も癒されますね。前の明るさに慣れてたからちょっと暗いかなって思ってたんですけど慣れたらこっちの方がいいです。

( ご主人 )夜はすごく早く寝るようになりました。この家に住みだしてから、僕、寝る時間子どもと一緒になったんですよ(笑)

 

●へえ!うちは蛍光灯で真っ白けの光なんですよ。明るすぎたら目がギラギラして寝れなくなるんですよね、バランス崩れて。

( ご主人 )本当に、寝るの早くなりましたね。

あと間接照明も癒されますね。前の明るさに慣れてたからちょっと暗いかなって思ってたんですけど慣れたらこっちの方がいいです。

●では次、この家で一番気に入っているところはどこですか?

( ご主人 )僕は和室のここですね。

( 奥さん )そこで寝転んでるもんね(笑)

( ご主人 )和室にクッションを置いてそこで座って。子どもも一緒にねころんで。

( 奥さん )私はソファのところが好きです。

( ご主人 )常に寝てるな、そこで(笑)

( 奥さん )あのパントリーというか家事室も好きです。あそこに何を置くかなーとかって考えるのも今楽しいんです。

 

●娘さんはどこすきですか?

( ご主人 )ここやんな。自分の部屋やもんな。

 

●後はこれはなくてもよかったかなあっとかもうちょっとこうしたかったってことはありますか?

( ご主人 )んー、やりたいこと全部してもらったからなー。

( 奥さん )そうですね。

( ご主人 )今のところは…。後で見て、あの窓枠の干すところが今は欲しいなーって思うくらいですかね。いろいろ見せてもらって、これもやりたい、これもしたいって。

( 奥さん )たくさんわがまま聞いてもらったんで。

( ご主人 )収納がもっとたくさん欲しいとかも言ってたんですけど、そうしたら僕ら物捨てないし(笑)無くてよかったなって思ってます。

 

●リノベーションの費用の面ではどうですか?

( ご主人 )最初に資料で「広さ×いくら」と書いてあって、その金額を見てまあだいたいこんなもんかなって。むしろ新築の実家の方が…こうしとけばよかったなとかって思うことはあります。大手に頼むことと比べるとちょっと、ってことはあるとは思うんですけどね。実際に住んでみたら高いとは思わないですね。

 

●リノベーションを考えられている方にアドバイスをお願いします。

( ご主人 )簡単なリフォームとかじゃなくって、こういう生活だったこう、とか実際に見てもらいながらが良いと思います。新築だけじゃなくてマンションでもこうして思い通りにつくれるんだったらこれもありだと思いますし。

( 奥さん )家族構成によっても変わってくると思うし、そのへんを細かく聞いてもらえるし。

( ご主人 )ふつうのマンションは部屋数を増やすことを考えてすごく狭かったり、昔はそうしたことが当たり前だったと思うんですけど、今は必要無いんじゃないかって。そう考えると新築より中古で、リノベーションするって良いと思います。

 

最後にみんなで集合写真

●では、今後マスタープランに望むことを。

( 奥さん )そうですねー、ちょっと休んで下さい(笑)

( ご主人 )確かに(笑)

 

●あはは(笑)休み無しですもんね(笑)

 


Oさん、インタビューありがとうございました!はい、家族に見捨てられないように、頑張って休めるようにします。(笑)たくさんの工夫とこだわりが詰まったお家、大切に住んで頂いているのがすごく伝わってきました。これからもちょくちょく寄らせて頂きます。今後ともお付き合いよろしくお願い致します!

2013年7月15日