木のマンションリフォーム・リノベーション-マスタープラン一級建築士事務所(大阪/兵庫/西宮/神戸/芦屋/宝塚)

小下がり和室と土間収納のあるマンションリフォーム(芦屋)

芦屋O様邸リノベーション見学会&お引き渡し!


こんにちは!平田です。

風がつめたい……ですね。

まだまだ春服は出せそうにないです。

 

でも、昨日の雨からうってかわって今日はいいお天気!

このうららかな良き日にー!

芦屋でリノベーションを行っておりました

O様邸の完成見学会、お引き渡しを決行いたしましたー♪

DSC_7735

外は寒くて、春に適応してきた体がびっくりしてしまうくらいですが、

おうちの中はとっても暖かです。来年の冬もたのもしいですね。

DSC_7761 IMG_0733

和室から眺めるリビング全体。

かっこいいL時のオープンキッチン、

カウンター天板にはブビンガを用いています。渋いです。

寝室を兼ねた小下がりの和室空間。

この和室が一番居心地よくてほっこりしてしまいますね。

私もこのアングルでみるお部屋全体が好き。

DSC_7734

ここにもほっこりされている方を発見!

春のお昼寝タイムが楽しみになりますね。

DSC_7756

廊下には、たくさん本をお持ちだとのことで

本棚もたっぷり!

 

DSC_7764 DSC_7753

今回の見学会もたくさんの方にお越しいただき大盛況でした!

お越し下さいました皆様、ありがとうございます!

IMG_0721

とくに電車+徒歩でお越しのみなさま、

お疲れさまでした(笑)

芦屋ってとっても、とっても坂が多いんですね…

はじめて電車でうかがいましたので私もびっくりしました!

油断してたー!

10149403_606674242759702_1108310426_n

そしてお決まりの蜜蝋ワックス塗りを行い、

ついにお引き渡しです。

和室で正座!厳かに行われております…。

 

Oさん、お忙しい中、おなかが大きくなって大変なときに、

お打ち合わせなど私たちにお付き合い頂きましてありがとうございました。

この新しいおうちで、新しい家族も増えた新生活!

またよかった暮らしぶりを聞かせて下さい♪楽しみにしています!

また、何かございましたらいつでも気軽にご連絡くださいね!

本当におめでとうございますー♪

10008346_606674246093035_1202957346_n

そして、OBさんから頂いたお菓子でみんなでかんぱーい♪

完全にくつろいでいます。

Oさん、新しいお家でさっそくお騒がせしました(笑)

 

さて、次はお引っ越しですね。

またひとつの山場でございます……

実は私もこれから一人暮らしをはじめるので

同じく、荷物整理に追われています。

一緒に頑張りましょう!!!(涙)

 

では(^^)ノ

完成を前に設計検査(芦屋市 リフォーム)


昨日からぽっかぽか、春本番の陽気ですね。
これくらい暖かくなると気になるのが夙川の桜並木の開花はいつでしょうかねぇ。

スタッフの人数も増えましたし、今年からは夙川でしっかりとしたお花見を、、、っと企んでいます。

01015a7dc29eec666961f76e273bf6c4508a0cdf10

さてさて、今日は、今週末に完成見学会&お引き渡しを控えた芦屋市の現場へ。

養生が撤去された現場にて、居藏さんと私たちマスタープラン立会のもと、設計図面通りに施工がされているかの最終のチェックを行いました。

内窓設置など少し工事は残っていますが、大きな問題無く、、、検査、無事に終了。
築年数の経っている物件でしたので、いろいろと手間の掛かる部分があったと思いますが、とても丁寧に仕上げてくれています。

見学会にお申込み頂いている方、お楽しみに!
見学会行こうかな、どうしようかなどうしようかな~っとお悩みの方、ぜひぜひお越しくださいませ。

お申込みはこちらから↓ぜひぜひm(_ _)m
『小下がり和室と土間収納のあるマンションリフォーム』完成見学会のお申込み

01a8327c4f7d10e219c8e4f88205eb9fe915894ac6

さてさて、こちらのお住まいのお気に入りポイントをご紹介。

玄関は、框を入れずに杉フローリングが少し突き出たような納まり。
大工さんが意図を汲んでくれていて、木口のきれいな材を選んでくれていました。

玄関土間のモルタルとの相性も良いですし、何よりも見た目すっきりです。

01bdb3cc17579891750e4646e777ca0d543e9a8249

今回のお住まいは、和紙ウォールという壁紙で仕上げてもらっています。

玄関土間は、床面まで貼ると汚れやすくなってしまうので、10センチほど塗り上げ。
和紙壁紙との見切りには、アルミアングルをいれてくれています。細かなところですが、こうした
ちょっとした事が仕上がりの良さ、お引き渡し後のメンテナンスにも影響してきます。

01a8f57c460429576c50e40d5cdd6ad0ef7f6f9fbe

少し段差がつく(10センチほど上がります)洗面・トイレの床仕上げも杉フローリング。
同じ杉材だと段差に気づかずに躓いたりする事があるので、キッチンカウンター材と同じブビンガ材を
框にしてもらっています。

赤みが強く、段差を知らせるアクセントにはちょうど良い感じです。

014e9b80d00efa43bbfe7a89c727ad0ec8d0e08c61013ac867e200b462f5234c06b923de3400158b966b

造作キッチンはI型ではなく、L型キッチン。

掃き出し窓(バルコニー側)を見ながら、キッチンに立ちたいっというご要望があったのですが、
南北に細長く、決して間口が広い住戸ではありませんでしたので、家事動線等を確保しながら、、、っとなると、コンパクトなL型に絞られていきました。

引出し収納は、四段。上から、、、

・一段目:11センチ(カトラリーやお玉等の調理器具)
・二段目:11センチ(リネンや調理器具)
・三段目:16センチ(調理器具や食材のストックにも)
・四段目:21センチ(お鍋やボウル、食材のストックにも)

こんな感じの振り分けでつくってもらっています。ある程度、余裕を持たせながら、出来るだけ大きな空間を取って、収納の変化にも対応出来るようにというイメージです。

ちなみに、金物はソフトクローズの物を使っていますので、閉時に中の収納物が動かずに安心です。その他、可動棚スペースが二箇所と、縦長(ボトルとか1Lペットとか)の引出しが一箇所取っています。とても丁寧に作ってくれていますし、現場でぜひぜひご覧頂きたいところです。

01b69a74b54923a15e08f048e4bb7ca8957971b119

あとはそうですねぇ。
今回は上吊り建具を控えめにして、片引戸の部分は戸車&床レールの仕様にしています。

その場合、上部に建具のブレ止めを入れるのですが、小さなお子さんが要る場合に勢い良く
開けるとレールから外れてしまう可能性があるという事で、床レールの端部に小さな戸当りを入れてもらっています。

01e8bb227b49bcde7478e82184199504f540a50888

がっつりと留めておきたい工務店さんと、あまりごっついのは付けたくない僕が歩み寄った結果、、、、

“将来的に取り外しの出来るもの”、”ごっつくない物(目立たない)”という条件をクリアした
上↑のようなカタチ(広葉樹の丸棒のビス留め)になりました。

建具との接触面には、ポリウレタンの緩衝材を付けてもらい、当たった時の感触も良さげ。
居藏さん、お手間お掛けしましたm(_ _)m

明後日には、施主さんを混じえての工事検査。
工事中、ご主人はお仕事お忙しく、木工事以来の現場確認になります。
喜んでくれるといいな~。

その翌日は、完成見学会!ニッチなところばかりの紹介になりましたが、木のリフォームをご検討の方には、いろいろと参考にして頂けると思います。ぜひぜひ、お越しくださいませm(_ _)m

『小下がり和室と土間収納のあるマンションリフォーム』完成見学会のお申込み

芦屋Oさん邸現場確認(芦屋市 マンションリノベーション)


こんにちは~スタッフ濱田です。

今日は暖かいですね~事務所の温度計で19度の表示を見てびっくりしました!

お昼ごはんに行くのも上着なしで軽やか~(*^_^*)お花見ももうすぐかな~♪

お恥ずかしいことに、私兵庫県民でありながら夙川のさくらを一度も見たことがなく、、。

今年は毎日夙川のさくらを堪能できそうなのでとーっても楽しみです!

 

さて、今日は芦屋市でリノベーション工事中のOさん邸へ現場確認してまいりました。

大工工事も無事に終わり、ただ今仕上げ工事中。クロス屋さんが作業中でした!

 

IMG_0319

 

今回、居室の仕上げはじゅらくクロスを使用したおうちなので、出隅がとっても綺麗。

ビシーーーーーーーーーーっと角、出てます。

IMG_0325 IMG_1524 

 

ほぼお部屋の全貌が見えたので、カーテンレールやタオル掛け等の備品設置箇所の確認。

今回鏡はお施主さん支給なので、どんなサイズがいいか検討、、。

   IMG_0341 IMG_0340

測りながら様子を見て、洗面器の幅とご主人の身長に合わせて縦長の鏡に決定。

自分にぴったりのサイズで注文できるのは嬉しいですね!

 

こちらが先日ご紹介した留め加工の鴨居です。とっても綺麗に仕上がっていました!

建具入るのが楽しみだなぁ~(*^_^*)

IMG_1527IMG_0345IMG_0344 (2)

 

キッチンもレンジフードが据えられ、先日追加をお願いした縦板が付いていました!

とっても丁寧な仕事でした。大工さんありがとうございます!

それからおたまなどをかけるレールの取り付け位置の最終確認。

Oさん仕様のキッチン完成間近です(*^_^*)

IMG_0324IMG_0355

 

今回も順調に現場確認終わりました!

Oさんのイメージとのギャップもほとんどないとおっしゃっていただき、ホッと一安心(*^_^*)

クロスを貼るとだいぶ明るくなりました!照明がつくとまた雰囲気変わるんだろうなぁ。

 

次回は来週初めに社内検査をした後、お施主さんに最終チェックをして頂く予定です。

杉床の養生が剥がれるとだいぶ木のいえ感UPしますので、お楽しみに(*^_^*)

 IMG_1521IMG_1522

 

さて、工事も大詰め。来週にはお引き渡しの予定です。

そしてOさんのご理解とご協力のもと、見学会の開催が決定いたしました!!!!

『小下がり和室と土間収納のあるマンションリフォーム 完成見学会』

木のマンションリノベーションを是非体感しにいらして下さい!

12月ぶりの完成見学会、私たちも楽しみにしています。

 

本日もお忙しい中、Oさんありがとうございました!

見学会の前にもう一度、最後の施主検査もよろしくお願いします(*^_^*)

お引越しの準備も大変と思いますが、体調には十分お気をつけ下さいませ。

 

それでは、また。

芦屋市Oさん邸現場確認(芦屋市 マンションリノベーション)


こんにちは!スタッフ濱田です。

今日はポカポカあったかいですね~今度こそ春になりそうですね。

春になるとなにか新しいことを始めたくなるような、、。

マンションリノベーションのお問合せも増えてきております。ありがたいです(^^)

いろいろなタイプのマンションを見ることが楽しくなってきた今日このごろです。

 

 

さて、昨日は昨年末よりリノベーション工事中のOさん邸へ現場確認に行ってまいりました!

L型の造作キッチンが完成していました~。

横のラインがビシッと出ていてとっても綺麗です。引出金物の動作確認もOK。

IMG_0024 019729f6edb7e2d18899593ca5e6f2a6338434ff11 011482d8ae613ba559680be92af8ecf37233d8a5c7

 

コーナーの使い道などをOさんと話し合い、もう少し手を加える事に。

こうして後からアレンジが出来るのも、大工さんのつくる造作家具の良さですね。

IMG_5397 IMG_5398

 

戸枠や間仕切り壁も出来上がってきて、お部屋の広さの感覚もつかめて頂けたのではないかなと思います。お布団置きも完成。梁下にピッタリハマってます。家具っぽくてかわいらしいです。

IMG_5388 IMG_5389

 

ウォークインクローゼットやパントリーに置く家具のサイズをイメージしながら、お打合せ進行中。

限られたスペースなので効率的に使いたいですね。

IMG_5385 01ee7e4b170fd3f6fa785e8d0d6fe545189d12f3c3 01523487e76b5e6811657540f04f1d7ce06b183822

 

と、ここで小谷&池田がなにやら大工さんに釘付け。めっちゃ見てます。

IMG_0040

 

切ってもらって、、、

IMG_0030

 

ビスケット入れて、、、

IMG_0042

 

くっつけて、、、

IMG_0044 IMG_0051 IMG_0065

 

できたーーーーーー!!!!!!!

IMG_0069

 

Oさん邸でも使用している建具間仕切りの鴨居・敷居の留め加工のサンプル作っていただきました。

これでお施主様にも説明しやすいです!

中津畑さんありがとうございます!

IMG_0071 IMG_5403

 

こんな感じで、大工さんが丁寧に工事を進めて下さっています。

だいぶ家らしくなってきましたね。ここからラストスパートです!

一気に出来上がってくると思うので、また近々確認に伺おうと思います。

次は鴨居と敷居ができて小下がりスペースのお披露目になりそうです!

 

Oさんお忙しいところお付き合いいただき、有難うございました!

完成が楽しみです(*^_^*)

それでは、また。

Oさん邸現場確認&お打合せ(マンションリフォーム 芦屋)


みなさんこんにちは~スタッフ濱田です。

昨日は節分でしたね!みなさま恵方巻きは召し上がりましたか?関西ならではの行事でしょうか、、

私はお昼ごはんに事務所近くのコープで購入して食べました!もちろん黙って恵方を向いて!笑

学生時代に5年ほどお寿司屋さんでアルバイトをしてたので、毎年なんとなく思い入れのあるイベントなのです。

 

さ、巻きずし食べてすぐにOさまと待ち合わせ!

芦屋市でリノベーション工事中の現場てお打合せ&現場確認して参りました!

 

1002 1013

杉床張りも早々に終わり、間仕切り壁下地・天井下地が進められていました!

Oさん邸はキッチン横に小下がりの和室を作って、建具で仕切るので広々としたLDKになっています。

写真右で集まっているのは、昨日の現場で一段と存在感があったブビンガのキッチンカウンター。

 

IMG_9804 IMG_9808 IMG_9811 

いつもお世話になっている現場監督の居藏さんもびっくりの仕上がり!

ツヤッツヤのサラッサラのスリッスリでした。

ブビンガは硬いので傷もつきにくいとのこと。かっこ良いなぁ~

 

キッチンカウンターのカタチがだいたい見えてきたところで、造作キッチンについてお打合せ。

毎日使う場所ですから、入念に、お施主様の使いやすいような仕様を決めていきます。

今回はL型キッチンなので使い方もあれこれ想像しながら、、。

完成が楽しみです(*^_^*)

 

このとき大工の中津畑さん、杉フローリング材でなにやら製作中、、、

IMG_9818 1000 1011

バルコニー側の掃き出し窓の鴨居用に、フローリング2枚を継ぎ合わせているところでした。

いつも使っている杉フローリングに専用のカッターで切り欠いてビスケットを入れてボンドでくっつけて貼りあわせています。

ビスケット初めて見たので、質問したらいろいろ優しく教えて下さいました!

1005

このあと、ハンガー加工して鴨居に使われる予定です。

ハンガーやプランターを引っ掛けるのに重宝しそうですね(*^_^*)

 

キッチンや照明、スイッチの位置など図面では伝えにくいことも

現場にてしっかり打合せできたと思います。

 

だんだんカタチも見えてきたので、寸法図りながら備品類の相談もご夫婦でされていました!

木の家づくり、楽しんで頂けているでしょうか(*^_^*)

 

現場が順調に進んでいて完成が待ち遠しいです。

次回の現場確認も楽しみにしています!

 

では、また。

杉床施工&現場打ち合わせ(マンションリフォーム 芦屋)


IMG_4895IMG_4894

小谷です。今日は夕方からリノベーション工事中の芦屋O邸、現場打ち合わせでした。着工してからの変更点その他の確認のため、施主のOさんと工務店さんの三者で打ち合わせ。

現場は乾式二重床工事が終わり、大工さんが杉床張りの真っ最中です。

 

IMG_9538IMG_9573

ユニットバスは既に設置済み。配管や組み立てのことを考えるとユニットバスはこうやって工事の早い時期に設置することになります。既存のユニットバスがかなり小さかったので、ワンサイズ大きなものが入るようにプランニングしています。洗面などの配管立ち上がりなども確認。

 

IMG_9571IMG_9569

古い物件ではよくあることですが、コンクリートスラブに埋め込んだ配管に電話線が入っており、この部分に天井を作るかどうかで色々と議論。収納部分なのでなるべく天井高さを確保したいOさんの意向に合わせて、どうすれば高さが確保できるか検討・・・なんとか電気屋さんに頑張ってもらうのと、一部配管は露出させることで天井高は確保できそうです。よかった。

 

IMG_9549IMG_9550

これも古い物件によくあることですが、もともと仕上げに見えていた梁などにかなりモルタルが塗られています。厚いところで4センチくらいはありそう。

昔は建材も限られていたし、コンクリート躯体の水平垂直や表面の仕上がり精度はよくなかったので、こうやってモルタルで調整していることが多いです。一度では塗れない厚みなので、何度かに分けて塗っていると思います。手間はかなり掛かる方法です。

問題はモルタルが付いているところと付いてないところの段差をどう調整するか。天井も結構凹凸が大きいので、一旦補修のために左官屋さんに入って頂くことになり、追加工事がでることをご説明しました。このあたりは隠れているところなので、全て解体してみないと何とも判断できないケースが多く、工事開始後の追加工事としては一番多いパターンです・・・

 

IMG_9552IMG_4896

うちの定番、吉野の丸岡材木さんの杉フローリング。すでに現場に入り、節の大小や木目による選別が終わり立てかけてあります。今回もいい木目の綺麗な杉材を入れてくれています。感謝!

今回は洗面も杉床ですが、赤身だけの材料を洗面に回す段取りまでしてくれているようです。細やかな気遣い、ありがたいです。

 

IMG_9562IMG_9565

杉床は張ったそばから養生材で保護されていきます。この杉床が次に顔を見せるのは全ての工事が終わってから。しばらくお別れでございます。養生取れたときがまた楽しみです!床が終わると、壁の下地を作る工事に入っていきます。

Oさん、お仕事お忙しいところお付き合い頂きありがとうございました!また来月頭によろしくおねがいします!

築40年の解体現場(芦屋 マンションリフォーム)


小谷です。今週はじめから着工の芦屋O邸、解体工事の現場確認に行ってきました。

IMG_4608IMG_8939

築40年とかなり古めの部類に入るマンションですね。このくらいの年数の物件の大抵共通する仕様というのがいくつかあり、この物件もほとんどこれに当てはまっているといえます。

 

IMG_4643IMG_4648

まずは床下空間があること。当時、まだ直張りフローリングはない時代、またコンクリートを平滑に仕上げるのも技術的に難しく、床の下地がないと水平な床の施工が難しい、という背景はあるのだと思います。

大引(おおびき)という太めの木材を90センチ前後で並べ、その上に根太(ねだ)という細い木を30センチ間隔で敷き、上にインシュレーションボードを張る、というやり方。床の下地組としては木造住宅の方法に近いです。

大引はよく見ると丸太の樹皮の丸い部分が残った材料が使われてます。当時、木材そのものが少なかったこと、材料が高かったことなどからこういう材料がよく使われたそうです。ただ施工業者としては角材を頼んでるのに、材木屋からは角が丸いものが入ってくる、というのはよくあったそうで、空気売り、とか言われたそうです。今の時代、こんなことしたら訴えられますけどね・・・(汗)

 

IMG_4611IMG_4626

この床下空間を使って配管されてるのは給水や給湯、ガス、排水ですが、ここでは温水を使った暖房機の配管も各部屋に走っています。これは古い物件でよく見るやつですが、現在使われているものってほとんどないですね。今回は全て撤去した上に、竹村工業さんのヒノキ木毛セメント版を使った乾式二重床で下地を施工します。

 

IMG_4624IMG_4639

このくらいの年数の物件だと、タイル貼りの在来工法の浴室が多いんですが、ここは珍しくユニットバス。で、排水管についても、下の階の天井裏で配管されているケースも多いんですが、ここは床下空間をしっかりとって、各住戸内で配管されています。こうしておいてもらえると、リフォームは非常に触りやすいんですよね。

 

IMG_4615IMG_4617

で、これは非常に珍しいんですが、スラブに穴が・・・新築工事の際、レベルを取ったりするための穴だと思いますが、ふさがってないケースは初めて。覗くと下の階の天井裏が見えてます・・・とりあえず、何かしら塞いでもらおうと思います。ちなみにスラブの厚みは100ミリ。こうやって実物を測れるケースは非常に珍しい・・・

 

IMG_8965IMG_4623

外壁部の断熱に関しては、梁から下の壁部分のみ、スタイロフォームのような断熱材を25ミリほど。この年数だと無断熱も多いので、珍しいです。接着剤の跡が見当たらないので、おそらく型枠に断熱材を入れておいてからコンクリートを打ち込んでいるのだと思います。今回、この断熱はそのままに、上から断熱材をたす予定です。

 

IMG_4620IMG_4622

で、ここで関西圏の古いマンションに多い、阪神大震災の爪あとを発見。外壁部のクラックです。南北の壁双方とも、見事にバッテンで入っています。これは絶対に補修しないといけません。すぐに管理人さんに連絡。

 

IMG_4634

すると、全て分かっておられたというか、実はこのマンション、震災時にかなりのダメージを受けたようで、建て替えの話まででたそうですが、住民の皆さんが一丸となって耐震補強やサッシ、玄関ドア交換などに取り組み再生された物件だったそうです。当時は新聞や書籍でも震災復興の成功事例としてたくさん取り上げられたとのことで、当時の写真やお話を色々聞かせて頂きました。

興味津々で聞いてたら、管理人さんが記事のコピーとかたくさん用意してくれました。これは勉強になります!管理人さん、ありがとうございます!

 

IMG_8942IMG_4637

管理人さんの尽力によって、どの業者もめちゃくちゃ忙しい年の瀬に、エポキシ樹脂での補修をすぐに段取りして頂けました。コンクリートのクラック補修としては今のところエポキシ樹種注入が最善の方法だと思います。このマンション、管理がほんとにすばらしい・・・

補修するのに表面の断熱材が邪魔なので、クラック部分だけ断熱材を剥がしてきました。ハマちゃんもお手伝いです。なかなか真剣にやってました・・・

週明けには一度現場でOさん交え打ち合わせと現状報告の予定です。

木製内窓メンテ&木の家OB訪問(マンションリノベーション 芦屋)


小谷です。今日は朝から、今年春にお引渡しした芦屋Oさんちにメンテナンス。

IMG_4551IMG_4553IMG_4555

南側バルコニーに面する大型掃出し窓。真ん中が斜めになっていることもあり、既成品の内窓が使えなかったため、木製建具で作った内窓。見た目はすごくいいんですが、性能を持たせるのが非常に難しい。結露するとのことなので、もう少し気密を上げようと工務店さんとお伺いしてきました。

スキマにコーキングしたり、気密材追加したり、と色々試行錯誤・・・住戸内の相対湿度も少し高めだったので、換気もお願いしてきました。このあたり、住宅ごとにライフスタイルも違うので一般解というのはなく、判断はほんとに難しい・・・まぁ、内窓つけたら結露が100%なくなる、というわけではなく、やはり、ご家族ごとに個別に最適解を考えていくしかないんですよね。

もちろん断熱性は体感されているようで、朝起きた時のリビングの室温は20度切らないらしいです。これは断熱改修された色んなOBさんからお聞きしますが、やはりマンションは窓が大事、ってことがよく分かりますね。うらやましい・・・Oさん、長時間お邪魔しました!

 

IMG_4576IMG_4556IMG_8897

で、午後からは事務所にて芦屋Oさんと工務店さん交え契約。その後、Oさんと共に今年7月にお引渡しした芦屋IさんちにOB訪問。

引っ越してまだ5ヶ月ですが、すっかりインテリアが落ち着いて来てました。奥さん同士、いろいろ話が盛り上がったみたい。木のマンションリノベーションを知ってもらうには、やはりOBさんの家をみてもらうのが一番ですね・・・見てもらう側のOBさんも、たまに来てもらうと片付けの気合いが入る、とよく言って頂けます(笑)

 

IMG_4572IMG_4574IMG_4575

すっきり片付いてええかんじです~春音さんで購入したジャボチカバ、すくすく育っておりました。実も何個かできたみたいで、奥さん食べられたそうですが、ライチみたいな味だったとのこと。ぜひ試してみたい。しかし、木の家にデカイ植物はやっぱ映えますね。ほんとお勧めです。

 

IMG_4562IMG_4563

Iさんところは宮崎椅子さんのダイニングチェアを色々お勧めして、当初二脚購入されてました。が、後にまた二脚追加した、という情報だけ家具屋さんのfacebookでは知ってましたが・・・ようやく実物確認でございます。村澤一晃さんのpepeチェア、アームのほうですね。座面の色はおねえちゃんが自分で選んだそう。ブラックチェリーにもよく合ってます。小1なのにセンスあるなぁ・・・

 

IMG_4566IMG_4567

IMG_4564IMG_4565

カイ・クリスチャンセンのNo42、私の一番のお勧め。お値段ちょっと高めですが、座り心地はダントツだと思います。当初は奥さんの分一脚だけだったんですが、やはりご主人も欲しいということになり(笑)、もう一脚追加されたようです。生地のセンスいいなぁ。

こうやって名作に囲まれた木の家の生活、違いの分かる大人の家、ってかんじです。うらやましいねぇ・・・

 

IMG_4559IMG_4560

スッキリ整理された本棚には・・・もちろん、the ORIGINが整列。いやぁ、違いの分かる大人の本棚だねぇ・・・

 

IMG_4578IMG_8910

こうちゃん、お誕生日おめでとう。おじさん、OB訪問で誕生日祝ったのは初めてよ(笑)

お邪魔した私たちにプレゼントまで用意して頂いて恐縮です・・・Iさん、本当にありがとうございました!ケーキもご馳走さまでした。いやいや次は飲みたいですなぁ・・・

事前解体と養生お手伝い(芦屋のマンションリノベーション)


昨日の夜から首の筋肉が超痛い・・・寝る前に寝違えた感じになってしまい、横になるも痛くて眠れず・・・結局ソファに座りウトウトしつつ朝を迎えた小谷です。だいぶマシになりましたがまだ痛い・・・

四十肩かと思い調べましたが、四十肩はどっちかというと腕が痛くなるみたいなので、どうも違うようです。まぁ、歳のせいには違いないけど・・・

 

IMG_4148IMG_4536IMG_4537

今日は来週から着工の芦屋Oさん邸、事前解体調査で工務店さんと現場入りしてきました。今回、リフォーム済物件でキッチンとか新品なので、コンロとかレンジフードとか、使えるものはなるべく再利用するので、解体工事前に外しとこう、というわけです。

キッチンに登っての取り外し作業、首がネックに、ってダジャレじゃなくて、マジで辛かった・・・とりあえず無事に外れてよかった。

 

IMG_4528IMG_4529

畳を上げて床下地を部分的に解体。築40年、これくらいの時期のマンションはこうやって床下があるケースが多いです。秋にお引渡しした横浜M邸もそうでしたが、木の下地にインシュレーションボードを貼って二重床にしてあるかんじです。実際、この構造では遮音性能はほとんどないので、結構音は下の階に響いてたことと思います。

今回はもちろん、全てスケルトン解体したのち、ヒノキの木毛セメント板を使った乾式二重床で下地を組み直します。床下寸法は180ミリくらいあるようなので、少し下げようか、という話になりそう。

天井高はまぁまぁあるんですが、梁下は低いため、少しでも天井高さを稼ぎたいところなので・・・直張りの最近の物件ではこうはいかないので、古い物件のひとつのメリットと言っていいと思います。

 

IMG_4156IMG_4157IMG_4548

今回、結構シビアに攻めてるキッチンの換気扇の位置も壁を少し壊して確認。想定通りでいけそうな感じです。プラン的には、半分は壁で隠し、半分は配管を露出する変則的な設計で考えています。

現状は無断熱のため、壁も断熱改修の予定。水周り付近の壁がどうなってるかも調べました。うん、十分いけそう。

 

1512561_555522551204699_1970729742_nIMG_4532IMG_4164

工務店さんが廊下とエレベーターの養生されてたので、少しお手伝い。共用部分を傷つけないために大事な工程ですが、我々設計側がなかなか見られない部分。大変な作業です・・・ほんとうにお疲れさまです。しかし、ここでも首がネックに・・・(笑)

ということでOさん、無事確認完了しました。ご報告まで~

ショールーム見学&解体工事現場確認(滋賀草津リノベーション)


小谷です。久しぶりにブログ書いてます。もうすっかり年末・・・それにしても忙しい。滋賀草津Nさん、芦屋Oさん、明石Hさんと3件ほぼ同時に動いてるのもありますが・・・

消費税増税ももうすぐ、なんか気ぜわしい。増税前の駆け込み需要で職人さんや建材不足があちこちで言われてますが、果たして増税後の日本、そして建築業界はどうなるんでしょうかね・・・まぁ私が心配しても仕方ないですけど・・・

 

IMG_4520IMG_1700

さて、今日は朝から芦屋Oさんと神戸HDCショールーム。ひらっちゃん連れて。池ちゃんとハマちゃんは事務所で図面に追われてます。なんとか設備周り決まりました。明日、事前解体で工務店さんと現場入り、週明けから解体工事着工です。

 

午後からはスタッフ全員で滋賀草津Nさんち行ってきました。今週から解体工事が着工しています。結構面白い内容になってます。そのうちパースでも内容ご紹介します~

 

IMG_1704IMG_4085IMG_1754

Nさんちは16階と今までで一番の高層階。西宮でやってるのに滋賀で初めて高層マンション触ることになるとは夢にも思いませんでした(笑)Nさんとはもうお付き合いは2年以上。見学会にも足繁く足を運んで頂いてます。

高層階のため、スプリンクラーがあること、内装制限が掛かることなど、初めてづくしで結構あたふたしています・・・

 

IMG_1715IMG_1717IMG_4526

床は遮音フローリングですが、下地はリビング部のみ1センチ厚前後の床暖房パネルが入っていることを確認。コンクリートスラブの高さに差がでますが、二重床にするので脚の長さ調整でいけそう。

 

IMG_4086IMG_4081

解体業者さん、皆さんヘルメット着用。なるべく音を立てないように丁寧に工事を進めてくれています。工事をお願いしている夏見工務店さんが用意してくれたヘルメットとマスクで私たちも重装備・・・怪しい集団です・・・(笑)

 

IMG_4087IMG_4118IMG_4101

解体工事で結構手間がかかるのが、既存の合板遮音フローリングの撤去です。上の板はすぐ取れるんですが、クッション部分はコンクリートにボンドで留められているため、残ります。これをガリガリ削るのが結構大変なのです。解体屋さん、お手数おかけしますがよろしくおねがいします。

 

IMG_1722IMG_1723

配管の梁貫通のスリーブが想定よりややこしい位置にある感じ。あとは水周りのスラブ下がりも思ったより大きく、床厚も竣工図より薄いので、細かい微調整が必要になりそう。このあたりは日曜日にNさんと再度現場確認してきます。

 

年内は芦屋Oさんちの着工含め2件の工事がはじまり、年末は西宮名塩Mさんちと横浜泉区Oさんちが見学会&お引渡し、年明けから明石Hさんちが着工予定。時期が重なってしまったのでかなりバタバタしてますが、なんとか乗り切りたいとおもいます!

1 2 »

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.