木のマンションリフォーム・リノベーション-マスタープラン一級建築士事務所(大阪/兵庫/西宮/神戸/芦屋/宝塚/東京/神奈川/埼玉)

masterplan

住宅医2018東京スクール講演終了


住宅医2018東京スクール講演終了。聴講頂いた皆さん、ありがとうございました。

工務店や設計事務所などの建築実務者が一年を通して木造住宅の正しい改修ノウハウを学び、住宅医という資格取得を目指す、というのがこの会の趣旨なんですが、主催者の建築家、三澤文子さんから「今後はマンション改修も正しい知識が必要になる」とお声掛け頂いて、かれこれ7年ほど担当させてもらっています。

一コマ90分の中で、マンションリノベーション業界の話から、遮音や断熱、設計の注意点などお話しするのはなかなか大変なんですが、毎回熱い方たちが熱心に耳を傾けてくれるのでこちらも手を抜けません(汗)

今回も終了後にたくさんのありがたい声を頂いて、いつも力をもらっています。

ということで、これで年内に頼まれてた講演は全部終わった・・・何とか責任を果たせました。

終了後に分倍河原駅にて、建築家の大御所、秋山東一先生と、京都の老舗工務店、ツキデ工務店の築出くんと建築談義。分倍河原、コアで楽しい場所でした。

京都鴨川建築塾にて講演してきました


今日は京都。工務店さんや設計事務所さんの勉学の場として歴史のある、京都鴨川建築塾さんにてマンションリノベーションの講演をさせて頂きました。

5年ほど前に一度、受講生として参加させて頂いたことがあって、そのときは建築家の伊礼さんと横内さんが講師、お二人とともに横内さんの設計実例を解説付きで見せて頂くという貴重な機会を頂きました。それ以来、講師させて、と事務局の毛利さんに頼んでいたんですが、ようやく夢が叶いました。

今回はいつも大阪周辺での施工を担当してくれている藏家の居藏社長とのコンビでの講演。私が講演した後、工務店としてマンションリノベーションでの施工の苦労話や注意点などを話してもらいました。

居藏社長はアガリ症、最初は緊張でガチガチでしたが、掛け合いしているうちにかなり馴染んできてなかなかウケた気がします。施工者としての目線での内容は私も勉強になり新鮮でした。

今回の講演のもうひとつのテーマは設計事務所と工務店の共存、というところで、ここって実は結構深い問題。やはり普通にやっているとモメて仲が悪くなる場合が多いんです。

設計と施工って水と油みたいなもんで、デザインやコストを優先させたい設計者と、耐久性や納まりを重視する施工者の間にはジレンマがあるんですよね。

ただ、私は工務店出身の設計者ということもあって、割と全国の工務店さんと仲良くしている(つもり)。
ではそのあたりの秘訣は、みたいなことになって、私はやはり、設計者も施工者もお互い敬意を持って仕事する、ってことに尽きますという教科書的な話をしてきました(笑)

でもね、設計なんて結局、絵書いてるだけなんです。工務店さんや大工さんがいないと何一つ形にならないんですよね。

その後は会場近くのお店で懇親会。セミナー内容とても良かったと言って頂いてとても嬉しかったです。プロジェクターがあるお店だったのでお借りして写真写しつつ、納まりやディティールの話で盛り上がりました(笑)

事務局の毛利さん、貴重な機会を頂きありがとうございました!また呼んでください!

北欧旅行報告会in大阪vol.2開催しました


 

前回大阪で開催した北欧旅行報告会、再度開催しました。今回は大阪の設計事務所、スウィングさん主催で、本町の丼池(どぶいけ)繊維会館のペントハウスをお借りして開催。

まずは参加者みんなでアトリエフルカワの古川さん指導のもと、カレー作りからスタート。古川にいさんの料理教室みたいで不思議な光景・・・

会場の丼池繊維会館、古いビルをリノベーションした素敵な空間でした。特に会場のペントハウスは大きなルーフバルコニーに面していて、しかも大都会のスキマという感じで周りが公園だったりして視線が抜けてるんですよね。

ちょっと寒かったですがルーフバルコニーにテーブル並べてオープンカフェ状態に。若い頃、松田優作の探偵物語に憧れてこういう場所に住みたいと夢見たもんでした・・・懐かしい。

今回のイベントに先立ちまして、例のロンケロの用意しておいてもらいました。

フィンランドの話をするのにこれ以上適したドリンクがありましょうか。まずは参加者全員、ロンケロで乾杯。

我々建築屋にとりまして、特に木の家をやってて吉村順三が好きな人間たちにとって、北欧は特別な場所で、皆が一度は行きたいところ。なので、こんな報告会に皆で楽しんできてくれるのです。

私と古川さんで交互に写真を見ながらコメントしていくんですが、古川さんは歴史や構造、工法や材料への目線から、私はひたすらディティールと仕上げ素材への目線、時々お笑い写真、という見事な棲み分けで進行していきます(笑)

一旦休憩して皆でカレータイム。前回のチキンバターカレーも美味かったですが、今回のカレーも本当においしい・・・もちろんおかわり・・・

その後は第二部と続きまして、なんとか前回より短い時間で終了できました。楽しんでいただけたみたいで何よりでした。古川さん、アテンドしてくれたスウィングの小泉さんと金山さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました!

ジャパンホームショー、建築知識セミナー無事終了



東京ビッグサイトで開催していたジャパンホームショーという建築関連のイベント。その中で専門誌の建築知識さんが企画していた実務セミナーの講師を努めさせていただきました。久しぶりのデカイ箱での講演、緊張しちゃって全然余裕がなく、笑いも取れませんでしたが何とか時間内に無事終了。終了後にたくさんの方にお声がけ頂いて、ためになったとご感想いただきほっと一息。

ちなみに今回のセミナーは三部構成。最初が私、次がアトリエフルカワの古川さん、トリがリオタデザインの関本さんと、先日の北欧の旅でご一緒した先輩建築家のみなさんとの共演でした。

先日オープンハウス見せて頂いたインハウスの中西さんも交えて集合写真。知り合いとこんな大きな場で共演ってなかなかない機会なのでとても楽しく過ごさせて頂きました。貴重な機会を頂いた建築知識編集部の皆さま、ありがとうございました。

お台場の御本尊お参り(ユニコーンガンダム)


東京ビッグサイトでのジャパンホームショーに参加。その合間にお台場の御本尊にお参り。ユニコーンガンダムになってからは初めての訪問。ようやく来れました。

いやぁ、デストロイモード、サイコフレーム光ってますねぇ・・・

なんというか、初代のときの兵器感がなくなったというか、やはりユニコーンはちょっと現実味のない機体ですね。これがこのサイズで動く気がしないもん。やはり初代のいかにも兵器的なインパクトには負けるなぁ・・・

これはこれでまぁいいんですけどね・・・でも量産型ザクとか実物大で見てみたいよね・・・

弘明寺の家、大工工事終了


弘明寺の家、大工工事が終わり家具と仕上工事に掛かるところ。エアコンもうまく納まりました。オープンハウスをクリスマスあたりにできそうです。またご案内します!

牛窓の家オープンハウス見学


今日は岡山の牛窓まで。天気も良くて瀬戸内海の風景が素晴らしいです。日本のエーゲ海と呼ばれているらしい(道中の看板に書いてた)

で、目的はいつもお世話になってる若原アトリエの若原さんとバウムスタイル藤原さんコラボのオープンハウス見学。シンプルな切妻に焼杉の外観。

いつもながら大胆なプランと繊細なボリュームコントロール。若原にいさんの設計はいくつか拝見してますが、白を基調とした静謐な空間に絞られた開口部が高い天井と相まって教会にいる気分。身が引き締まる感じがします。

私はもっぱら作り込んで住宅を考える作風なんだと思うんですが、ベースにはアルヴァ・アアルトや吉村順三が好き、というのがあるわけですが、若原さんの作風はコルビュジェがあるなと。いや、見たことはないんですけど・・・

で、若原さんの設計の考え方とか空間を感じたりしていると、脳ミソのいつも使ってない部分をフル稼動したような心地よい疲労感があるんですよね・・・ほんといつも刺激頂いてます。勉強させて頂きました!

帰りに、姫路市書写の里・美術工芸館/宮脇檀(1994)を見学。

実は昨年、東京で宮脇さんのドローイング展でこの建物のスケッチ見て以来行きたかった場所でした。

むくりのある大屋根は敷地の高低差に沿って上昇していく内部と呼応していて、上部のトップライトによって空間の奥行きが生まれていました。

ちょうど宮脇さんのご両親、宮脇晴の絵画と宮脇綾子のアプリケの展覧会開催中。

洋画家のお父さんの絵は見たことあったんですが、アプリケ作家のお母さんの作品は初見で興味深く拝見。めちゃかわいくて売店で絵葉書を買ってしまった次第・・・

しかし、こんな芸術家夫婦の間に生まれた宮脇さん、サラブレッドですよね。サラリーマン家庭の私にはうらやましい限りです(笑)

というわけで建築巡りの1日となりました〜

中西ヒロツグさんのオープンハウス


インハウス中西ヒロツグさん、通称ヒロ兄の阿倍野のオープンハウスに参加してきました。中西さんは大阪出身ということもあって仲良くさせて頂いてます。

自ら開発も手掛けたというラップサイディング。いわゆるコロニアルなので屋根材なんですが、セメント素地の感じとか印影がとてもいいです。一度使ってみたい。

先ほどの外壁材、中庭から室内まで窓を介して繋がっていく感じとか、全体の色合いとかまとめ方とかさすがです。

うまくメーカー品を組み合わせてあって、木の家見慣れすぎの私は刺激をたくさん受けてきました。

すぐ近くで開催の今井健雄さんの自邸オープンハウスもハシゴでお邪魔。木造三階建、スキップフロアのおしゃれ偏差値高めのお住まい、素敵でした。

その後は近くの長屋を改修したはこべらさんにて一杯。ヒロ兄、ありがとうございました!

来週のビッグサイトのジャパンホームショーでお会いしましょう!

熊野の野地木材さんと共同開発したヒノキ小幅板風羽目板


今年6月に熊野でみえ木の家ネットワークさんの依頼でセミナーさせて頂いたんですが、そのときに野地木材さんから依頼された熊野ヒノキを使った新商品開発プロジェクト。第一弾として共同開発したヒノキの小幅板風羽目板のサンプルが届きました。厚み12ミリ、働きは100ミリです。

普通、日本の林産地といえば、杉が8割、ヒノキが2割、というところが多いんですが、熊野は杉とヒノキの数が半々くらいらしく、ヒノキのいい材料がふんだんに山にあるんですね。ただ設計者側からすると、ヒノキ羽目板ってちょっと綺麗すぎる、そしてフラットすぎて使いにくい、というのが本音。杉より高いしね・・・

で、新商品開発、ということで、表面に溝を切ることで小幅の板が並んでいるように見せることにしました。これで表情に奥行きを持たせることができます。
さらに同じ働き巾の中で溝の本数を変えることで、2、3、4、5枚の小幅板に見えるように考えてみました。つまり4種類から選べます。ランダムに混ぜても面白いかも。

溝の巾や面取りは自分でカンナ掛けつつ、薄い板のスペーサー挟んだりして結構悩んで決定、その上で刃物を特注してもらってます。

鋸目だけで面取りなし、だと木目が繋がって小幅感が出ないし、逆に大きすぎるとダサい。その中間をなんとか目指しました・・・

また溝入れることで普通の板よりヒノキの香りが強い気がします。これは嬉しい誤算。現在進行中の現場で数件採用予定です。

小幅板の元ネタはもちろん、皆さんご存知北欧のあの巨匠、アルヴァ・アアルトがマイレア邸やカレ邸で天井に使ってるあの小幅板のイメージです。

で、こないだそのマイレア邸に実際に行ってきたわけですが、内部では写真撮影不可・・・しかも天井高くて届かずに、板巾測れなかったんすけど、実物の目測ではたぶん、今回のヒノキ3枚か4枚バージョンあたりが近いかなぁ、という感じです。

天井はもちろん壁材としても、また5枚板バージョンなんかはヨシベニアの代わりに和室の天井なんかにどうでしょうか。水回りの天井にもいいかも。

価格等詳しくは野地木材工業さんまで。小谷がFBに載せてたヒノキのアレ、で通じると思います!たぶん!
http://www.nozimoku.co.jp/

浦和の家、一ヶ月ぶりに訪問 & 温湿度測定機設置


今朝はタニタさんで例の新商品開発打ち合わせの後、先月お引渡しの浦和の家にお伺いしてきました。

すっかり片付いていてさすがの暮らしぶり。テーブルはまだ届いてないみたいでちょっと不便そうでしたけど・・・

で、今日の訪問の主目的ですが、はじめての全館空調物件ということで、年間通しての温湿度データを取るべく、クラウド温湿度計を設置させてもらおうと・・・

温湿度データを取る、というと、一昔前はおんどとりというデータロガー(一個三万くらいする・・・)を設置、一個一点しか温湿度取れない上に、定期的に訪問してUSB繋いでデータをパソコンに吸い上げる、というのが一般的でした・・・これがお金も手間も掛かるし、データ吸い上げてまとめないとグラフも見れない、というものだったんですが、最近はどんどん便利になってきました。

写真の装置はNETATMO(ネタトモ)といいまして、これ一個で温度、湿度、CO2濃度に騒音に大気圧などデータ測定可能。セットで外部用センサーが付いていて、そちらで外部気温や湿度なども測定。そして、それらデータをWifi経由でリアルタイムにクラウドにアップしてくれるので、いつでもどこでもデータやグラフの確認やダウンロードが可能なのです。

我が家でも去年から設置してますがとても便利。いやぁ、データ吸い上げてたころから比べたら隔世の感があるよね・・・

とりあえずリビングと北側のお子さんの部屋の窓際、外部の三ヶ所に設置してデータ測定開始させてもらいました。

で、ネタトモとは別に、こちらはデータ取りとかではなく、毎日の生活の上での視認用としての温度計も設置。この温度計もワイヤレスの子機で外の温度と湿度を測定、表示できます。特に断熱性を高めた住宅の場合、家の中が快適なので、そと出てから暑っ!、とか寒っ!となりがちなので、外の気温が目で見てわかるのは結構重要。

まだお引渡しして一ヶ月弱なんすけど・・・もうウォークインとかきれーいにびしーっと片付いてました・・・
なんと言ってもクライアントの奥さんはインテリアコーディネーターで整理収納アドバイザーも持ってるプロですので・・・
しかし最近、ほんとに建築関係のプロからのリノベーション依頼比率がすごいです・・・

今回、大人4人がそれぞれくつろぐ場所、ということで、大きなLDKを床の高さで用途別に分け、仕切りとしてのテレビボードで視線もゆるくずらすという仕掛けをしています。カーペット敷の小下がりリビングは作り付けのソファも相まって適度なこもり感がとても心地よいです。今日はその快適性を工務店さんとともに体で表してみました(撮影は奥さん・・・変なことさせてすみません・・・笑)

工事中の思い出話しやらなんやらとまったりお話してたらすっかり長居してしまいました・・・奥さん、お邪魔いたしました。また冬にエアコンの動作状況の体感確認にお邪魔します!

1 2 3 37 »

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.