木のマンションリフォーム・リノベーション-マスタープラン一級建築士事務所(大阪/兵庫/西宮/神戸/芦屋/宝塚)

最新イベント情報

『小下がり畳リビングと造作アイランドキッチンのある家』完成見学会のお知らせ


 

東京都三鷹市で工事中のIさん邸におきまして完成見学会を開催します!JR中央本線 三鷹駅 徒歩6分。物件そばにコインパーキングもあります!

『小下がり畳リビングと造作アイランドキッチンのある家 完成見学会』

11月3日(祝)・4日(日)13:00~17:00
※時間内でしたら何時に来て頂いても構いません。

JR中央本線『三鷹』駅 徒歩6分

完全予約制(お申し込み頂いた方に地図をお送りいたします)

 02 

築13年、70平米のマンションをスケルトン状態まで解体。ペアガラス内窓を設置し、断熱ブラインドも設けて断熱改修。間伐材のヒノキを使った木毛セメント版の乾式二重床に杉30ミリ厚の幅広フローリング、壁は全て珪藻土塗り壁、大工さん造作のキッチンや作り付け家具などを設けた全面リノベーションを行った物件です。

ぜひ足をお運び頂いて杉床の質感や香りただよう木のリノベーションを体感くださいませ。

この物件の工事途中のようすはこちらから

<今までの見学会のようすはイベントレポートのページでご覧いただけます>

 

今回のリノベーション見学会のみどころ

 03

●三鷹市で初めての木のマンションリノベーションです。

●玄関には壁面全体を利用したシューズクロークを設置しました。

06 17a14a 19a

●浴室と洗面を大胆に窓際に移動。水周りの導線を直線に配置することで風も人も通るプランニングとなっています。

21 22 25a 24a

●シンクとコンロが分離したアイランドキッチンや壁面収納、ダイニングテーブルも全てこの家のためだけに製作した手作りの造作家具となっています。

 

28 33 32 30

●床高を10センチほど下げた畳敷きのリビングには壁面にテレビボードを設けました。窓面には室内干しもできるサンルーム。

 

見学会は完全予約制です。事前にご予約頂いた方に詳しい住所と地図の載った案内状をお送りします。参加ご希望の方は下記フォームよりお申し込み下さい。

※近隣にパーキング有り。会場へは最寄駅より徒歩でお越しになれますので、お申込み時にどちらでお越しになるかお聞かせください。お越しになる交通手段に合わせた案内をお送りいたします。
※事前にご予約頂いた方のみご参加頂けます。当日の飛び込み参加はお断りさせて頂きます。
※会場では手袋着用の上ご見学頂きます。現場保護のため、小さなお子様にはご配慮をお願い致します。

このイベントは終了しました。ご参加頂いた皆さまありがとうございました。

『ウッドデッキの中庭と黒い板壁の書斎スペースのある家』完成見学会のお知らせ


大阪市都島区で工事中のOさん邸におきまして完成見学会を開催します!JR環状線 桜ノ宮駅 徒歩5分。物件そばにコインパーキングもあります!
また今回は?の家具?房さんの家具展?、?物の販売もあわせて?います!

『ウッドデッキの中庭と黒い板壁の書斎スペースのある家 完成見学会』

9月22日(土)・23日(日)13:00~17:00
※時間内でしたら何時に来て頂いても構いません。

JR環状線『桜ノ宮』駅 徒歩5分

完全予約制(お申し込み頂いた方に地図をお送りいたします)

完成見学会のお知らせ 完成見学会のお知らせ 完成見学会のお知らせ

築22年、123平?のマンションをスケルトン状態まで解体。壁断熱付加、ペアガラス内窓を全窓設
置し、断熱ブラインドも設けて断熱改修。間伐材のヒノキを使った??セメント版の乾式?重床に杉
30ミリ厚の幅広フローリング、壁は全て珪藻?塗り壁、??さん造作のキッチンや作り付け家具など
を設けた全?リノベーションを?った物件です。

ぜひ?をお運び頂いて杉床の質感や?りただよう?のリノベーションを体感くださいませ。

この物件の?事途中のようすはこちらから

<今までの?学会のようすはイベントレポートのページでご覧いただけます>

今回のリノベーション見学会のみどころ

完成見学会のお知らせ 完成見学会のお知らせ 完成見学会のお知らせ

●?層階での初めての?のリノベーション、?阪城が?えるバルコニーにはウッドデッキ施?。
●中庭のようなインナーバルコニーにもウッドデッキを設けて室内の?部として取り込みました。
●?空間リビングの??には?く塗装した杉の押し縁張りの板壁空間の書斎スペース。

完成見学会のお知らせ 完成見学会のお知らせ 完成見学会のお知らせ

●モザイクタイル張りのカウンターキッチンと?器棚、洗?収納など??さん作り付けの家具が??押
し。
●?関から続くシューズクロークやキッチン横のパントリー兼奥さんの書斎スペースなど?活動線に配
慮したプランニング。
●?胆に窓際に移動した浴室にはヒバの引き?を設けて?通しを確保しつつ?の雰囲気漂う浴室に。

完成見学会のお知らせ 完成見学会のお知らせ 完成見学会のお知らせ

●今回は家具?房さんの協?を頂き、家具展?を?います。イスやテーブル、ソファのほか、?物の展
?や販売も?います!

見学会は完全予約制です。事前にご予約頂いた方に詳しい住所と地図の載った案内状をお送りします。参加ご希望の方は下記フォームよりお申し込み下さい。

< blockquote>

※最寄駅周辺にパーキング有り。会場へは最寄駅より徒歩でお越しになれますので、お申込み時にどちらでお越しになるかお聞かせください。お越しになる交通手段に合わせた案内をお送りいたします。
※事前にご予約頂いた方のみご参加頂けます。当日の飛び込み参加はお断りさせて頂きます。
※会場では手袋着用の上ご見学頂きます。現場保護のため、小さなお子様にはご配慮をお願い致します。

このイベントは終了しました。ご参加頂いた皆さまありがとうございました。

『杉床とコルクタイルを使った団地断熱リノベーション』完成見学会のお知らせ


<今までの見学会のようす>

『タモ材のパン作りカウンターとシューズクロークのある家リノベーション』完成見学会レポート
『勾配天井とロフトのある最上階住戸 リノベーション』完成見学会レポート
『小さなロフトと引き込み障子の小上がり和室のある家』完成見学会レポート
『小上がり寝室と小下がり和室のある 木のリノベーション』完成見学会レポート
『眺望のあるカウンターキッチンと珪藻土塗り壁の家』完成見学会レポート
『ガレージスペースとホームシアターのある無垢床の家』完成見学会レポート
『障子と珪藻土を使ったサンルームのあるメゾネットの家』完成見学会レポート
『畳スペースと杉ベンチの2つの床のある珪藻土の家』完成見学会レポート
『本棚ベッドのあるワンルーム空間の塗り壁の住まいのリノベーション』完成見学会レポート 1日目
『本棚ベッドのあるワンルーム空間の塗り壁の住まいのリノベーション』完成見学会レポート 2日目
『斜め壁の浴室ボックスのある珪藻土壁のリノベーション』完成見学会レポート 1日目
『斜め壁の浴室ボックスのある珪藻土壁のリノベーション』完成見学会レポート 2日目
『木の収納ボックスのあるモザイクタイルと山桜の家』完成見学会レポート
『小上がり畳スペースのある大空間リビングの家』完成見学会レポート



今回は、神戸市垂水区の山手にある団地のリノベーション完成見学会のお知らせです。

施主のNさんが購入された団地は、昭和50年代に日本住宅公団(現UR都市機構)を中心に大規模な開発が進められた建物の一つ。団地内は緑が非常に多く、周辺には学校・公園・ショッピングセンターなどが設けられており、生活するにはとても便利な環境と言えます。

現場住戸は南北共に開口部が多く、風通し良し。団地という事もあり隣棟間隔がしっかりと確保されているので、日当たりも良好です。
ただ、窓が多い分ガラス面での熱損失が大きく生活スタイルによっては、冬場にかなりの結露が発生する事が想定され、カビなどに悩まされる事が想定されました。

その改善策として開口部には内窓を新設、外壁面には断熱材を施工し、室内温熱環境の改善を図りました。新たなお住まいは大きなLDKを中心とした間取りとなりますので、夏の冷房、冬の暖房効率も大きく向上する事が出来ています。

また、リフォーム前の住戸内隅角部に、カビが発生しているのを確認していましたので、断熱改修とともに、強アルカリの性質を持つ”エコクイーン”という珪藻土で壁面を仕上げる事で、カビの発生・繁殖を抑制しています。




さて、そのNさん邸は鉄筋コンクリート造で専有面積は80㎡弱ほど。
今回のリフォームプランでは、既存の設備や内装仕上げなどを撤去し、コンクリートの躯体が見えるスケルトンの状態にまで戻し、杉床や珪藻土壁など自然素材で包まれた生活空間を再構築しました。

間取りとしては、大きなLDK+和室(寝室)の生活の中心となる空間の他、ウォークインクローゼットと子ども部屋、洗面・トイレなどの水回りを設けました。先月に開催した芦屋市のTさん邸と同じく、Nさん邸でもコンパクトな暮らしを目指すお住まいに仕上がっています。

リフォーム前は非常に窮屈だった水回りも、スケルトン解体時に既設の給排水配管を可能な範囲で繋ぎかえる事で、各設備機器を理想的な位置に配置する事が出来、機能的な空間にする事が出来ました。

また、室内の素材についてですが、コンクリート床と天井高さ確保の問題があり、床は杉床とコルクタイルで仕上げられています。天井高がもともと低く設定されている団地では、こういった仕様も定番になってくるのではないかと思います。


造作工事では、近頃定番になった大工さんによる造作キッチンも入っています。ガスコンロや水栓は奥さんがお気に入りのデザインの製品を見つけて購入された物を取り付けています。シンク下の収納スペースには引違い戸を設けたり、ポリカ扉の吊収納を設けたり、Nさん邸ならではの造作キッチンに仕上がっています。

今回の団地リフォームでは、暑さや寒さの温熱環境だけではなく、間取りなどを生活動線などを改善すると共に、団地では改善しにくい設備機器の性能向上も行えた事は、数多くある団地住戸ストックのリフォームの試金石になったのではないかと思います。

自然素材や温熱環境など、言葉ではなかなかお伝えしにくい所は実際に完成見学会にお越しになり、香り・手触り・足触りなど人間の感覚をフルに活用して、その良さを感じてみて頂ければと思います。

それでは、この機会にぜひご参加くださいませ。お話出来る事を楽しみにお待ちしております!

今回のリノベーション見学会のみどころ

見学会は完全予約制です。事前にご予約頂いた方に詳しい住所と地図の載った案内状をお送りします。電話・FAX・メール・HPからお申し込み下さい。


※近隣にパーキング有り。会場へは最寄バス停から徒歩でお越しになれますので、お申込み時にどちらでお越しになるかお聞かせください。お越しになる交通手段に合わせた案内図をお送りいたします。
※事前にご予約頂いた方のみご参加頂けます。当日の飛び込み参加はお断りさせて頂きます。
※会場では手袋着用の上ご見学頂きます。現場保護のため、小さなお子様にはご配慮をお願い致します。

このイベントは終了しました。ご参加頂いた皆さまありがとうございました。

『タモ材のパン作りカウンターとシューズクロークのある家 リノベーション』完成見学会のお知らせ


<今までの見学会のようす>

『勾配天井とロフトのある最上階住戸 リノベーション』完成見学会レポート
『小さなロフトと引き込み障子の小上がり和室のある家』完成見学会レポート
『小上がり寝室と小下がり和室のある 木のリノベーション』完成見学会レポート
『眺望のあるカウンターキッチンと珪藻土塗り壁の家』完成見学会レポート
『ガレージスペースとホームシアターのある無垢床の家』完成見学会レポート
『障子と珪藻土を使ったサンルームのあるメゾネットの家』完成見学会レポート
『畳スペースと杉ベンチの2つの床のある珪藻土の家』完成見学会レポート
『本棚ベッドのあるワンルーム空間の塗り壁の住まいのリノベーション』完成見学会レポート 1日目
『本棚ベッドのあるワンルーム空間の塗り壁の住まいのリノベーション』完成見学会レポート 2日目
『斜め壁の浴室ボックスのある珪藻土壁のリノベーション』完成見学会レポート 1日目
『斜め壁の浴室ボックスのある珪藻土壁のリノベーション』完成見学会レポート 2日目
『木の収納ボックスのあるモザイクタイルと山桜の家』完成見学会レポート
『小上がり畳スペースのある大空間リビングの家』完成見学会レポート



今回は、マスタープランがある西宮市のお隣、芦屋市での完成見学会開催のお知らせです。

現場会場は、築35年ほどの今も人気があるビンテージマンション。最近の新築マンションでは考えられないほど余裕を持った共有スペースが設けてあり、仕上げもレンガ調のとても落ち着いた雰囲気の建物です。管理も行き届いており、住居者の方にすごく大事にされているのが伝わってきます。

今回のリフォームでは専有面積60㎡ほどの室内を細かく区切っていた壁や老朽化した設備をすべて取り払い、コンクリートの躯体が見えるスケルトンの状態にしてから、自然素材で包まれた新たな生活空間を再構築しました。

スケルトン解体後には、Tさんご夫婦に天井DIYペンキ塗りを行っていただきました。事前に汚れる事はお伝えしていましたが、私たちが想像していた以上の汚れっぷりにTさんの家造りに掛ける熱い思いを感じました(笑)

私たちがご提案したプランは大きなLDKを中心とするほぼワンルームの間取り。建具を開け閉めする事で必要とする時にだけLDKの一部を寝室空間として仕切る、とてもコンパクトな暮らし方です。

収納はウォークインクローゼットとシューズクロークを設け、その他にも所々に収納棚を確保しているので、大きな収納家具は不要。視覚的にも非常にすっきりとしたお住まいに仕上がっています。




通風や冷暖房等の温熱環境の事を含め、限られた条件・専有面積で快適に暮らそうと思うと、ワンルームに近い形が理想的だと思う事が増えました。

もちろん、家族構成が変わる事で、独立した部屋が必要になってくる事もあるかと思います。Tさん邸でも小さなお子さんがいるので、将来的には寝室の一角を家具などで仕切る事を検討されています。

間仕切りを壁で囲まれた部屋と比べると簡素で独立性は低くなりますが、その部分で間取りに対して柔軟な考え方が出来れば、過ごす時間が多いリビングダイニングに余裕を持たせる事が可能になってきます。

仕上げ素材の違いはもちろんですが、”この空間に余裕があるか”っという所がマンションにおいては非常に大事なポイントのように思います。


今も昔も、マンションというと部屋数の確保だけに囚われて、通風や動線など実生活での快適性は後回し。リビングダイニングに至っては部屋数に押されて、テーブル・ソファと置いたらもうギュウギュウ・・・っというお宅を数多く見てきました。

どちらでの生活が気持ちの良い、快適な暮らし方をする事が出来るか。今回のTさん邸完成見学会ではそのヒントを掴んで頂けると思います。

また、外壁面には断熱材を入れ、開口部には内窓を新設する事で冷暖房時の熱損失を防ぐ断熱改修も行っています。エネルギーの供給不安が叫ばれている中、生活スタイルを変える事で家庭内のエネルギー消費もコンパクトにする作業は、必然になっているように感じます。

この機会にぜひ一度、ご参加くださいませ。お会い出来る事を楽しみにしております!

今回のリノベーション見学会のみどころ

●お気に入りの設備機器を組み込んだ造作キッチン

水栓や浄水器、ガスオーブン、食洗機などはネット通販などを利用し、施主支給とする事で低価格で導入。

●玄関横にはモルタル土間続きのシューズクローク

幅のある可動棚を設置し収納力を確保。引き戸でLDKにも繋がっており、2WAY動線を実現。

●タモ材を利用したパン作り作業カウンター

奥さんの趣味であるパン作りが存分に行える広々サイズのカウンター。ソフトクロース引出しも設置。

見学会は完全予約制です。事前にご予約頂いた方に詳しい住所と地図の載った案内状をお送りします。電話・FAX・メール・HPからお申し込み下さい。


※参加ご希望の方は下記フォームからお申し込みください。案内状をお送り致します。
※近隣に有料コインパーキング有り。会場へは最寄駅からバスでお越しになれますので、お申込み時にどちらでお越しになるかお聞かせください。お越しになる交通手段に合わせた案内図をお送りいたします。
※事前にご予約頂いた方のみご参加頂けます。当日の飛び込み参加はお断りさせて頂きます。
※会場では手袋着用の上ご見学頂きます。現場保護のため、小さなお子様にはご配慮をお願い致します。

このイベントは終了しました。ご参加頂いた皆さまありがとうございました。

『勾配天井とロフトのある最上階住戸 リノベーション』完成見学会のお知らせ


<今までの見学会のようす>

『小さなロフトと引き込み障子の小上がり和室のある家』完成見学会レポート
『小上がり寝室と小下がり和室のある 木のリノベーション』完成見学会レポート
『眺望のあるカウンターキッチンと珪藻土塗り壁の家』完成見学会レポート
『ガレージスペースとホームシアターのある無垢床の家』完成見学会レポート
『障子と珪藻土を使ったサンルームのあるメゾネットの家』完成見学会レポート
『畳スペースと杉ベンチの2つの床のある珪藻土の家』完成見学会レポート
『本棚ベッドのあるワンルーム空間の塗り壁の住まいのリノベーション』完成見学会レポート 1日目
『本棚ベッドのあるワンルーム空間の塗り壁の住まいのリノベーション』完成見学会レポート 2日目
『斜め壁の浴室ボックスのある珪藻土壁のリノベーション』完成見学会レポート 1日目
『斜め壁の浴室ボックスのある珪藻土壁のリノベーション』完成見学会レポート 2日目
『木の収納ボックスのあるモザイクタイルと山桜の家』完成見学会レポート
『小上がり畳スペースのある大空間リビングの家』完成見学会レポート



今回は、今年二回目となる木のマンションリフォーム完成見学会(兵庫県明石市)開催のお知らせです。

現場会場は、JR朝霧駅から徒歩8分ほど、築26年の小規模なマンションの角部屋・最上階。静かな住宅地にありながらも海が近く、夏場は海水浴なども手軽に楽しめる魅力的な立地です。

施主のKさんはホームページから資料請求を頂き、去年の9月に開催した長田区Nさん邸完成見学会に参加された際に、木のマンションリフォームのお住まいをご覧頂きました。その後、Kさんの希望エリアを中心にいくつかの物件をリストアップし、物件探しからお手伝いさせて頂く中で、今回の勾配天井がある最上階住戸に出会いました。

出会い・・・っと言っても、勾配屋根になっていると分かったのは、住戸に入ってから。不動産屋さんから渡されていた情報には、そういった事は全く書かれておらず”ごく普通の角部屋”という意識で見学に向かったので、勾配天井、しかも最大高さが約3.3mも有ると分かった時には、まさに棚からぼたもちという心境でした。

天井高が高いだけではなく、開口部も多く設けられていましたので室内は非常に明るく、プランニング時にしっかりと通風経路を意識していれば、どこに居ても風通しの良い快適な住まいを造る事が可能。




ただ、角部屋で最上階、南・東・北・天井の4面が外気にさらされた住戸。
上下左右を囲まれた住戸と比較すると、熱損失が非常に大きいのがこの物件の問題でしたので、最上階ならではの勾配屋根を使った大胆かつ、快適な生活が出来るリフォームのご提案を行うには断熱工事は必須でした。

今回のKさん邸では外壁面には木下地を組み、乾式の断熱ボードを重ね貼り。勾配天井面には現場発泡の吹付け断熱材を施工。また、開口部6箇所全てに内窓を設置し、温熱環境の改善を入念に行いました。

それと、部分解体の際に分かった事ですが、これまでは南・東外壁面に厚さ1センチほどの薄い断熱材しか入っておらず、北側はなぜか無断熱・・・。カビは発生していませんでしたが、冬場は開口部だけではなく外壁面でも結露が発生していたのではないか、と思わざるを得ない状態でした。


また、間取りは南東側に大きなLDKを配置し、小上がりになった寝室へは大きな引戸を壁に引込む事で、LDKとも一体に利用する事が出来、南北の通風経路も確保。
その他、布団置き棚を新設したウォークインクローゼットや趣味・家事・勉強などご家族が揃って利用する事が出来る幅3mほどのヒノキカウンターがあるワークスペースは、全て引き戸で仕切られており、通風経路と同様に行き止まりが無く、人も動きやすい動線を確保する事が出来ています。

完成見学会では言葉や文字でお伝えするのが難い所を、香り・手触り・足触りなど人間の感覚を頼りにして、新築マンションや一般的なリフォームとの違いを存分に感じて頂けると思います。

この機会にぜひご参加くださいませ。お会い出来る事を楽しみにしております!

今回のリノベーション見学会のみどころ

●勾配天井がある大きなLDKに設けた杉柱・梁の木造ロフト

最大高さ約3.3mの天井高さを生かす為、コンクリート空間の中に木造のロフトを新設。

●引き戸・引き込み戸を駆使し、生活環境の向上を目指したプラン

マンションだからこそ、建具を上手に使い分ける事で、温熱環境・通風・動線に配慮した間取りを実現。

●LDKと繋がる緩やか勾配天井の小上がり寝室

寝室とLDKとは大きな引き込み戸で仕切られており、閉めれば寝室。開ければLDKの一角に。

見学会は完全予約制です。事前にご予約頂いた方に詳しい住所と地図の載った案内状をお送りします。電話・FAX・メール・HPからお申し込み下さい。

このイベントは終了しました。ご参加頂いた皆さまありがとうございました。

『小さなロフトと引き込み障子の小上がり和室のある家』完成見学会のお知らせ


<今までの見学会のようす>

『小上がり寝室と小下がり和室のある  木のリノベーション』完成見学会レポート
『眺望のあるカウンターキッチンと珪藻土塗り壁の家』完成見学会レポート
『ガレージスペースとホームシアターのある無垢床の家』完成見学会レポート
『障子と珪藻土を使ったサンルームのあるメゾネットの家』完成見学会レポート
『畳スペースと杉ベンチの2つの床のある珪藻土の家』完成見学会レポート
『本棚ベッドのあるワンルーム空間の塗り壁の住まいのリノベーション』完成見学会レポート 1日目
『本棚ベッドのあるワンルーム空間の塗り壁の住まいのリノベーション』完成見学会レポート 2日目
『斜め壁の浴室ボックスのある珪藻土壁のリノベーション』完成見学会レポート 1日目
『斜め壁の浴室ボックスのある珪藻土壁のリノベーション』完成見学会レポート 2日目
『木の収納ボックスのあるモザイクタイルと山桜の家』完成見学会レポート
『小上がり畳スペースのある大空間リビングの家』完成見学会レポート



皆さんこんにちは、小谷です。今回は今年初開催、大阪府茨木市での木のマンションリノベーション完成見学会のお知らせです。施主のMさんはホームページからお問い合わせを頂き、物件選択の際からお手伝いしました。
築1984年築の大規模マンション、ちょうど昨年お手伝いした茨木のIさんと同じデベロッパーさんの物件、造りもそっくりでしたのでIさんにお願いしてお住まいを見せて頂き、具体的なイメージを掴んで頂くことができたのは非常に幸運なことでした。

先日物件探し中のある方に『4人家族で必要な面積はどのくらい?』というご質問を頂きました。これは答えがなかなか難しい。住む方のライフスタイルで大きく変わるからですが、物件購入時って、環境、駅や勤め先、学校から近いといったことの方が面積よりも優先されるのではないかと。逆に言うと、気に入った物件の限られた面積の中で、家族構成に合わせてどんなことができるのか、その可能性をご提案するのが私たちの存在意義のように思います。
Mさんはご家族3人。当初は面積の違ういくつかの物件で悩やまれ、最終的には通勤や通学の便利さや環境で70平米の小さめの方を選ばれました。その中で夜勤のあるご主人の睡眠を邪魔せず生活をできるスペース、子供部屋や家族の寝室、収納スペースの確保をどうするか。その一つのアイデアとして、少し高めの天井高を生かし、様々な高さの床が複雑に取り合う立体構造のプランをご提案しました。




南側に大きく取ったLDK、その一角に小上がりに設けた和室は、壁に引き込まれる障子によって区切られ、昼はリビングの延長、腰掛ける場所として、夜は寝室に。ご主人の寝室と子供室を兼ねたスペースは、ウォークインクローゼットの床を下げ、天井を家族の身長に合わせた高さギリギリに設定、その上部をロフトとして活かし、限られた面積を有効に生かすことを考えました。
その他、タモ材を使った円卓やテレビ台も造作家具として設計、定番の大工さん造作キッチン、今回初使用の能登ヒバの羽目板、秋田杉の天井板を壁材として利用したり、漆和紙や施主塗装の引戸など、色々な素材や仕上げにも挑戦した意欲的な物件となっています。もちろん壁にはいつもの珪藻土塗り、風通しのための玄関木製網戸や住戸南北を繋ぐ動線処理、外壁の断熱改修、内窓の設置も行い温熱環境対策もばっちり。


私たちの木のリノベーションの素材や設計思想を100%体感していただける盛りだくさんの家となっています。この機会にぜひご参加下さい。お会いできるのを楽しみにしております!

今回のリノベーション見学会のみどころ

●寝室、客間、畳コーナーといくつもの顔を持つ小上がり和室

LDKの一角に設けた小上がり和室は引き込み障子で開けたり閉めたり、多目的に使えるスペース。

●限られた面積を最大利用。南北の風通し、採光を考え抜いた立体的なプラン

面積の有効利用としてWCL上を子供室に繋がるロフトに。廻れる動線や風通しも考えたプランです。

●無垢杉床と珪藻土壁、様々な樹種と造作家具のある木のリノベーション

定番の杉やヒノキだけでなく、タモ、山桜、ヒバ、秋田杉に漆和紙、施主塗装の建具など盛りだくさん。

見学会は完全予約制です。事前にご予約頂いた方に詳しい住所と地図の載った案内状をお送りします。電話・FAX・メール・HPからお申し込み下さい。


※参加ご希望の方は下記項目にご記入の上、FAXでお送り下さい。案内状をお送り致します。
※近隣に有料コインパーキング有り。会場へは最寄駅からバスでお越しになれますので、お申込み時にどちらでお越しになるかお聞かせください。お越しになる交通手段に合わせた案内図をお送りいたします。
※事前にご予約頂いた方のみご参加頂けます。当日の飛び込み参加はお断りさせて頂きます。
※会場では手袋着用の上ご見学頂きます。現場保護のため、小さなお子様にはご配慮をお願い致します。

このイベントは終了しました。ご参加頂いた皆さまありがとうございました。

『斜め壁の浴室ボックスのある珪藻土壁の家』ご自宅訪問ツアーのお知らせ


<前回のOB訪問のようす>

『畳スペースと杉ベンチの2つの床のある珪藻土の家』ご自宅訪問ツアーレポート



皆さんこんにちは。小谷です。先月に引き続き今回も、実際に生活されているOBさんのご自宅にお邪魔してしまおう!という訪問ツアー開催のお知らせです。今回は最近動画デビューもされた(笑)尼崎市のTさん宅にお伺いします。

私たちの木のマンションリノベーションは国産杉の床材を使います。国産の木を使うことが環境問題や?業への貢献の側面があるのはもちろん、杉の持つ断熱性による冬の暖かさ、夏や梅雨時期のサラサラした足ざわり、優しい木の香りが気密性の高いマンションの床材に適していると考えているからです。

ただ、その分杉は柔らかいため傷が付きやすいのも事実で、実際に暮らしていくうちにどうなるんだろう?掃除やメンテナンスはどうすればいいのか?という不安の声をよくお聞きします。

また珪藻土塗りも湿度を調節したり臭いを分解する機能を重視して使用しています。でも実際に効果がどのように出ているのか?は言葉では説明が難しいところです。

杉床がどんな風に変わっていくのか、珪藻土塗りの効果は?これは私たちの言葉で説明するより、実物を見て、体感して頂くのが一番。そこで、リフォームをご依頼頂く方には事前にOBさんのご自宅をご案内する、ということを個別に行ってまいりました。実際に生活されている空間を訪れて頂くことで、上記の不安や疑問はほぼ解決されてしまうからです。

もちろん、見学会に来て頂くのも重要なポイントなのですが、頻繁に開催できないために『見たいときに見れない』というのがネック。またOBさん宅の訪問についても、ご依頼の数が増えてきますと施主さんに掛かる負担が大きくなること、また以来される方もかしこまってなかなか声を掛けにくい、という現状がありました。

今回のイベントは上限3組までの方と一緒にOBさんのご自宅にお邪魔する形として、少人数の見学会のような形式でOBさんのご自宅を訪問させて頂きます。はじめに物件の設計のポイントや工夫した点、苦労した点などを私からご説明させて頂きますし、OBさんにも随時ご質問をして生の声を聞いて頂ければと思っています。

造作キッチンの使いこなしや飾り棚のディスプレイ、家具のチョイスなどといったところでも、Tさん邸はこれからマンションリフォームをお考えの方、悩まれている方にはかなり参考にして頂けると思います。この機会をぜひご活用下さい。よろしくお願いします!

ご自宅訪問ツアーで得られる知識とメリット

●杉床の経?変化、傷の付き具合や汚れなどを実際に目で?て触って確認できる

住んでからの杉床はどうなるのかといった?安や疑問は全て解決します。?学会では?ることのできない、日に焼けてあめ色になった杉床材を確認できます。また掃除はどんな風にしているのか、という点についてもOBさんにじっくり聞いてみましょう。

●杉材や珪藻土の消臭効果、調湿効果を体感できます

新築マンションでも数ヶ月すれば生活臭がし始めます。珪藻土塗りの木の家はどうでしょうか?また調湿効果は住まい手さんはどう体感されているのでしょうか?暑さや寒さ、エアコンの利きや光熱費は?何でも聞いてみましょう。

●引戸や廻れる動線、収納や造作キッチン、家具の使い勝手の本音は?木の家の住みこなしのポイントは?

私たちのお勧めする引戸、また小さい空間こそ廻れる動線を確保したりといったプランニングは実際生活してみてどう感じておられるでしょうか?収納量はどう?また造作キッチンの使い勝手はどうでしょうか?またシンプルな空間をうまく住みこなすコツなど、OBさんに色々質問して実際の声を聞いてみましょう。

OB訪問ツアーは完全予約制、限定3組さま。事前にご予約頂いた方だけに案内状をお送りします。電話・FAX・メール・HPからお申し込み下さい。


※参加ご希望の方は下記項目にご記入の上、FAXでお送り下さい。案内状をお送り致します。
※近隣にショッピングセンターP有り。最寄駅からバスでもお越しになれますので、お申込み時にどちらでお越しになるかお聞かせください。お越しになる交通手段に合わせた案内図をお送りいたします。
※事前にご予約頂いた方のみご参加頂けます。当日の飛び込み参加はお断りさせて頂きます。
※ご参加上限は3組さまになります。すぐに定員になることが予想されますのでお早めにお申し込み下さい。

このイベントは終了しました。ご参加頂いた皆さまありがとうございました。

『畳スペースと杉ベンチの2つの床のある珪藻土の家』ご自宅訪問ツアーのお知らせ


<今までの見学会のようす>

『小上り寝室と小下がり和室のある木のリノベーション』完成見学会レポート
『眺望のあるカウンターキッチンと珪藻土塗り壁の家』完成見学会レポート
『ガレージスペースとホームシアターのある無垢床の家』完成見学会レポート
『障子と珪藻土を使ったサンルームのあるメゾネットの家』完成見学会レポート
『畳スペースと杉ベンチの2つの床のある珪藻土の家』完成見学会レポート
『本棚ベッドのあるワンルーム空間の塗り壁の住まいのリノベーション』完成見学会レポート 1日目
『本棚ベッドのあるワンルーム空間の塗り壁の住まいのリノベーション』完成見学会レポート 2日目
『斜め壁の浴室ボックスのある珪藻土壁のリノベーション』完成見学会レポート 1日目
『斜め壁の浴室ボックスのある珪藻土壁のリノベーション』完成見学会レポート 2日目
『木の収納ボックスのあるモザイクタイルと山桜の家』完成見学会レポート
『小上がり畳スペースのある大空間リビングの家』完成見学会レポート



皆さんこんにちは。小谷です。2012年初のイベントはいつもの完成見学会ではなく、すでにお引渡しさせて頂き、実際に生活されているOBさんのご自宅にお邪魔してしまおう!という訪問ツアーです。

私たちの木のマンションリノベーションは国産杉の床材を使います。国産の木を使うことが環境問題や林業への貢献の側面があるのはもちろん、杉の持つ断熱性による冬の暖かさ、夏や梅雨時期のサラサラした足ざわり、優しい木の香りが気密性の高いマンションの床材に適していると考えているからです。

ただ、その分杉は柔らかいため傷が付きやすいのも事実で、実際に暮らしていくうちにどうなるんだろう?掃除やメンテナンスはどうすればいいのか?という不安の声をよくお聞きします。

また壁の珪藻土塗りも湿度を調節したり臭いを分解する機能を重視して使用しています。でも実際に効果がどのように出ているのか?は言葉では説明が難しいところです。
そしてもうひとつ、私たちはよく行っている断熱材や内窓を付ける断熱改修について、果たしてどこまで効果があるのか?正直疑問は多いと思います。

杉床がどんな風に変わっていくのか、珪藻土塗り、断熱改修の効果はいかに。これは私たちが言葉で説明するより、実物を見て、体感して頂くのが一番。そこで、リフォームをご依頼頂く方には事前にOBさんのご自宅をご案内する、ということを個別に行ってまいりました。実際に生活されている空間を訪れて頂くことで、上記の不安や疑問はほぼ解決されてしまうからです。

もちろん、見学会に来て頂くのも重要なポイントなのですが、頻繁に開催できないために『見たいときに見れない』というのがネック。またOBさん宅の訪問についても、ご依頼の数が増えてきますと施主さんに掛かる負担が大きくなること、また依頼される方もかしこまってなかなか声を掛けにくい、という現状がありました。

今回のイベントは上限3組までの方と一緒にOBさんのご自宅にお邪魔する形として、少人数の見学会のような形式でOBさんのご自宅を訪問させて頂きます。はじめに物件の設計のポイントや工夫した点、苦労した点などを私からご説明させて頂きますし、OBさんにも随時ご質問をして生の声を聞いて頂ければと思っています。

これからマンションリフォームをお考えの方、悩まれている方にはかなり参考にして頂けるイベントになると思います。この機会をぜひご活用下さい。よろしくお願いします!

ご自宅訪問ツアーで得られる知識とメリット

●杉床の経年変化、傷の付き具合や汚れなどを実際に目で見て触って確認できる

住んでからの杉床はどうなるのかといった不安や疑問は全て解決します。見学会では見ることのできない、日に焼けてあめ色になった杉床材を確認できます。また掃除はどんな風にしているのか、という点についてもOBさんにじっくり聞いてみましょう。

●珪藻土の消臭効果、調湿効果の確認、断熱改修の効果を体感できます

新築マンションでも数ヶ月すれば生活臭がし始めます。珪藻土塗りの木の家はどうでしょうか?また調湿効果は住まい手さんはどう体感されているのでしょうか?断熱改修の効果は?暑さや寒さ、エアコンの利きや光熱費は?放射温度計を使って実際に壁や床の温度を測ってみましょう。


●引戸や廻れる動線、収納や造作キッチン、家具の使い勝手の本音は?

私たちのお勧めする引戸、また小さい空間こそ廻れる動線を確保したりといったプランニングは実際生活してみてどう感じておられるでしょうか?収納量はどう?また造作キッチンの使い勝手はどうでしょうか?色々質問して実際の声を聞いてみましょう。

OB訪問ツアーは完全予約制、限定3組さま。事前にご予約頂いた方だけに案内状をお送りします。電話・FAX・メール・HPからお申し込み下さい。


※参加ご希望の方は下記項目にご記入の上、FAXでお送り下さい。案内状をお送り致します。
※近隣にP有り。最寄駅から徒歩でもお越しになれますので、お申込み時にどちらでお越しになるかお聞かせください。お越しになる交通手段に合わせた案内図をお送りいたします。
※事前にご予約頂いた方のみご参加頂けます。当日の飛び込み参加はお断りさせて頂きます。
※ご参加上限は3組さまになります。すぐに定員になることが予想されますのでお早めにお申し込み下さい。

たくさんのお申込みありがとうございました

『小上がり寝室と小下がり和室のある  木のリノベーション』完成見学会のお知らせ


<今までの見学会のようす>

『眺望のあるカウンターキッチンと珪藻土塗り壁の家』完成見学会レポート
『ガレージスペースとホームシアターのある無垢床の家』完成見学会レポート
『障子と珪藻土を使ったサンルームのあるメゾネットの家』完成見学会レポート
『畳スペースと杉ベンチの2つの床のある珪藻土の家』完成見学会レポート
『本棚ベッドのあるワンルーム空間の塗り壁の住まいのリノベーション』完成見学会レポート 1日目
『本棚ベッドのあるワンルーム空間の塗り壁の住まいのリノベーション』完成見学会レポート 2日目
『斜め壁の浴室ボックスのある珪藻土壁のリノベーション』完成見学会レポート 1日目
『斜め壁の浴室ボックスのある珪藻土壁のリノベーション』完成見学会レポート 2日目
『木の収納ボックスのあるモザイクタイルと山桜の家』完成見学会レポート
『小上がり畳スペースのある大空間リビングの家』完成見学会レポート



皆さんこんにちは、小谷です。今回は今?最後の木のマンションリノベーション完成?学会、私たちも初めてとなる三田市での開催のお知らせです。
 
Fさんとは2009年の宝塚Kさん邸の完成見学会にお越し頂いたのがきっかけ。その後も足繁く?学会にご参加いただいており長いお付き合いです。現在お住まいのマンションを改修したいとのことでのご相談を頂いたのが今?の夏、私たちのスタイルをよく知って頂いているので打ち合わ
せもとてもスムーズに進めさせていただくことができました。
築21年の90平米ちょっとある広いマンション。現状は細かく仕切られた部屋が並び、床材の合板フローリングは一部塗膜が剥がれ、下地のベニアが出てしまっていたり、?側の部屋の壁は断熱?足のためカビが発生していました。


 またお子さんの大学進学や独?など、ライフスタイルが変わってきたこの機会に、今後大きなリフォームをしないでいいように徹底的にリノベーションしてしまおう、ということでのご相談でした。ご主人お手製の図面でリフォームのイメージを色々お持ちでしたので、そのご要望も汲み取りながらのご提案をさせて頂きました。
まず玄関周りは収納量確保のため、大きな収納を2列配置。また風通しの確保のための木製網戸引戸を配置したかったのですが壁際に引き込みスペースがなかったため、少し奥まった位置で引き込む変則的な玄関としました。小さな空間ですが杉柱の格子壁とすることで視線を通し、圧迫感をなくしています。

 また玄関収納の上部には浴室の窓を設け、風通しを確保できるようにして、トイレ、洗面にも採風と採光のための小窓を設けて風の小道を作ってみました。トイレの開放感を要望されていた奥さんのためのアイデアでもあります。
寝室の床は30センチほどの小上りとして、布団で寝たいというご要望にお答えしつつ、下部を収納として使えるようにしています。その寝室はそのままLDKの和室に引き込み障子を介して繋がり、使わない時間はリビングに取り込めるように考えてみました。

 お子さんが帰?される際に使われる和室はあえて建具を付けず、床から少し下げて掘り込み、腰高の造作ローボードでゆるく区?ることで個室として設えてみました。床高の変化が楽しい、風通しの?い面白い家となっています。この機会にぜひご参加ください。お会いできるのを楽しみにしております!

今回のリノベーション見学会のみどころ

●風通しや採光、収納を細かく考えた大胆なプラン

玄関の引き込み網戸、トイレや洗面の小窓、寝室の床下収納など細かい工夫をぎゅっとつめこんでます。

●床や天井には杉とヒノキ無垢材、無垢杉の柱や家具など木がふんだんに

床や天井は国産杉材、水周りはヒノキを使用。大工さんの造作家具、化粧柱なども杉材を使用。

●寝室は小上がり、畳スペースは小下がり、床高に変化のある楽しい空間

下部が収納になった小上がり寝室と床から少し下げた和室、空間の有効利用&楽しさのある空間に。

見学会は完全予約制です。事前にご予約頂いた方に詳しい住所と地図の載った案内状をお送りします。電話・FAX・メール・HPからお申し込み下さい。


※参加ご希望の方は下記項目にご記入の上、FAXでお送り下さい。案内状をお送り致します。
※近隣に駐車場有り(有料パーキング)。会場へは最寄駅から徒歩でお越しになれますので、お申込み時にどちらでお越しになるかお聞かせください。お越しになる交通手段に合わせた案内図をお送りいたします。
※事前にご予約頂いた方のみご参加頂けます。当日の飛び込み参加はお断りさせて頂きます。
※会場では手袋着用の上ご見学頂きます。現場保護のため、小さなお子様にはご配慮をお願い致します。

このイベントは終了しました。ご参加頂いた皆さまありがとうございました。

『眺望のあるカウンターキッチンと珪藻土塗り壁の家』完成見学会のお知らせ


<今までの見学会のようす>

『ガレージスペースとホームシアターのある無垢床の家』完成見学会レポート
『障子と珪藻土を使ったサンルームのあるメゾネットの家』完成見学会レポート
『本棚ベッドのあるワンルーム空間の塗り壁の住まいのリノベーション』完成見学会レポート 1日目
『本棚ベッドのあるワンルーム空間の塗り壁の住まいのリノベーション』完成見学会レポート 2日目
『杉床と無垢の家具のあるリノベーション』完成見学会レポート 1日目
『杉床と無垢の家具のあるリノベーション』完成見学会レポート 2日目
『永く使えるものと長く暮らす無垢の家リノベーション』完成見学会レポート 1日目
『永く使えるものと長く暮らす無垢の家リノベーション』完成見学会レポート 2日目
『楓のテーブルと塗り壁のある杉の家』完成見学会レポート
『スギと漆喰・勾配天井の音楽室のある家』完成見学会レポート
『 ルーフバルコニーとウッドデッキ・障子の映える和の家』完成見学会レポート 1日目
『 ルーフバルコニーとウッドデッキ・障子の映える和の家』完成見学会レポート 2日目
『山桜板と本棚のある珪藻土塗りの断熱改修リノベーション』完成見学会レポート
『小上がり畳スペースのある大空間リビングの家』完成見学会レポート
『木の収納ボックスのあるモザイクタイルと山桜の家』完成見学会レポート
『斜め壁の浴室ボックスのある珪藻土壁のリノベーション』完成見学会レポート 1日目
『斜め壁の浴室ボックスのある珪藻土壁のリノベーション』完成見学会レポート 2日目



皆さんこんにちは、小谷です。今回は西宮名塩での木のマンションリノベーション完成見学会のお知らせです。このマンションでは去年初めと今年7月に2件のリノベーションをお手伝いさせて頂きました。今回は3回目の完成見学会となります。
 実はNさんの家は、7月に完成したIさんの真上の住戸です。前の2件はいずれも『新しく物件を購入してのリノベーション』だったのですが、今回は新築時からお住まいの住戸を全面リフォームさせて頂きました。同じマンションで3回もリノベーションさせて頂くなんて経験はもうないでしょう・・・
さて、Nさんの家はリフォーム前、住戸全体が『十』のような形状で各部屋が配置されていて、各部屋の独立性は高いのですが、細切れのためどうしても狭く感じる間取りになっていました。またキッチンが非常に変わった配置となっていました。



 私たちがご提案したのは、抜ける壁は全て取り払うこととして、キッチンの位置を移動。山の眺望が見える方向にカウンターキッチンとして配置するプランでした。家の中心にある水周りは位置はほとんど変えず、新たに動線を設けることで家全体の回遊性を確保、風通しや生活動線の改善を考えました。
3件目ということでこのマンションの構造や配管はある程度頭に入っているつもり・・・それでも住戸の形状は複雑で、壁式構造のため抜けない壁も多く、プランニングは非常に困難を極めました。特にキッチンの配置は実際に現場を解体してみないと正確な位置や配管が確定できないほど・・・
 しかし着工後の現場での職人さんたちの機転の良さで無事進行、完成を迎えることができそうです。そして施主のNさんのご好意で今回も完成見学会を開催させて頂くことができることになりました。
国産スギの30ミリ厚幅広フローリングの足ざわりや香り、珪藻土塗り壁の優しい風合いなどは、実際に見て頂かないとなかなか実感することはできません。キッチンは大工さん手作りのざっくり感と、ドイツ製の高性能スライドレールというハイテクを組み合わせた見た目と使い勝手を兼ね備えた造作キッチン。食器収納も造作で作ってあります。
 制限の多い壁式構造の住戸のリノベーションとしてはなかなか面白い事例になっています。この機会にぜひご参加下さい。お会いできるのを楽しみにしております!

今回のリノベーション見学会のみどころ

●壁式構造の住戸の抜ける壁をほとんど撤去した大胆な間取り変更

閉鎖的な空間を廻れる動線も確保、キッチン、ダイニング、収納を含めた開放的な空間に変更しました。

●床は杉とヒノキ、壁は全面珪藻土(エコクイーン)塗り壁の内装仕上げ

床は国産杉材、水周りはヒノキを使用。壁は調湿性と防カビ性を備えた珪藻土コテ塗り仕上げ。

●キッチン、食器収納はシナ材を使った大工造作の手作り家具

キッチン、食器収納などは全て大工造作家具。建具も全て引戸に変更し、使い勝手を向上させています。

見学会は完全予約制です。事前にご予約頂いた方に詳しい住所と地図の載った案内状をお送りします。電話・FAX・メール・HPからお申し込み下さい。


※参加ご希望の方は下記項目にご記入の上、FAXでお送り下さい。案内状をお送り致します。
※近隣に駐車場有り(有料パーキング)。会場へは最寄駅から徒歩でお越しになれますので、お申込み時にどちらでお越しになるかお聞かせください。お越しになる交通手段に合わせた案内図をお送りいたします。
※事前にご予約頂いた方のみご参加頂けます。当日の飛び込み参加はお断りさせて頂きます。
※会場では手袋着用の上ご見学頂きます。現場保護のため、小さなお子様にはご配慮をお願い致します。

このイベントは終了しました。ご参加頂いた皆さまありがとうございました。

« 1 2 3 4 6 »

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.