木のマンションリフォーム・リノベーション-マスタープラン一級建築士事務所(大阪/兵庫/西宮/神戸/芦屋/宝塚/東京/神奈川/埼玉)

小上がり畳スペースのある大空間リビングの家(伊丹)

伊丹Yさんちの送別会


先週末は伊丹Yさんちで送別会でした。海外転勤が急遽決まってしまったことで一番ショックを受けられていたご主人が最も楽しみにして頂いてたようで、終始笑いっぱなしで楽しい時間を過ごさせて頂きました・・・

完成見学会のときから、この畳スペースで飲みたいなぁ、と思ってたので夢が叶いました・・・ほんといつも思うけど木の家で飲むお酒はうまい。私は焼酎飲み過ぎて次の日の午前中ぼっ~としてました。大工のよっさんのオタクっぷりが暴走してかなり笑えました。奥さんのよっさんの印象が180度変わったかもしれません(笑)

Yさん、数年後には日本に帰ってこれる予定なので、今回賃貸として運用するのか、もしくは売却するのかまだ悩み中。売却したらもう一回リノベーションできるね、という奥さんの冗談が嬉しいような寂しいような・・・(笑)

どちらにしても距離ができてしまうので、私たちでできるかぎりサポートしたいと思っています。しばらくのお別れ、とても寂しいですが、何より無事に日本に帰ってきてもらえることをお祈りしています。

Yさん、お招きありがとうございました。体調にだけは気をつけて行ってきてくださいね、ほんとに。そして向こうでの様子、ぜひメールで教えて下さい。楽しみにしています!

警報機メンテと畳スペースその後(伊丹 リフォーム)


昨日は伊丹Y邸にメンテナンスその他もろもろでお伺いしてきました。低温型熱感知器の接続が悪かったようで、新しい部品を追加して対応してもらいました。マンション改装で問題になりがちなのがインターホンと火災警報器、オートロックとの連携で、物件ごとに全く違うし、水漏れ警報やガス漏れも1つの盤で制御されてたり、とにかく訳が分からないケースも多い。かなり古い物件だと音声のみで簡単なことが多いんだけど・・・とりあえずご迷惑お掛けしました。

 

畳スペースは何度お伺いしてもくつろげる・・・杉材も焼けていい感じになってきています。ちなみにYさん・・・海外転勤が急遽決まってしまい、奥さんとってもショックを受けておられました。いや、私もとっても寂しくて・・・(笑)時間を掛けて打ち合わせして、長期間の工事を経て、思い入れが強いだけにショックも大きいですよね・・・

ということで、賃貸住宅としての運用も考えているとのこと。私も微力ながら何かお手伝いできたらなぁ・・・と色々動いています。今月末にはYさんちで飲み会(送別会?)を開いて頂く事になりまして・・・なかなかお会い出来てないご主人が何より楽しみにして頂いているようで、一緒にお酒飲めるのが楽しみ・・・

何にしても、力になれそうなことは何でもフォローできればいいなぁ、と。詳細はまた後日ご報告しようと思います。

伊丹Yさん邸追加工事(伊丹 リノベーション)


今日は朝から、伊丹Yさん邸へ追加工事の様子を確認しに、お伺いしてきました。
追加工事の内容としては、インターフォンの取替や、建具の調整、キッチン収納へのバーの取付などなど。

DSC_1505 DSC_1503
ちなみに、今日は小谷が別件でいなかったので、電車移動。
Yさん邸マンションの竣工図を確認した時以来の阪急伊丹線です。伊丹線のゆったり感にはいつも癒されます(笑)

そして、Yさん邸に着き、インターフォンをプッシュ・・・。・・・。ん?反応なし。
もう一度、プッシュ・・・。・・・。・・・。んん?やっぱり反応なし。

一瞬、今日じゃなかったっけ?という事が頭をよぎったので、焦って現場監督に電話かけると、インターフォン取替えの為に、取り外している最中で室内では全く鳴ってなかったそうでした・・・。

さて、引っ越しされてから約一カ月ほどのYさん邸には、家具・家電や生活雑貨が入っていていました。
それでも、やっぱり広い。LDKはTちゃんのジャングルジムがあっても、広々していました。

DSC_1510 DSC_1507
追加工事のキッチン収納へのバー取付や建具調整はすぐ終了したのですが、少し手間取ったのがインターフォン。

マンションのインターフォン親機は大抵、オートロックの解錠ボタンや火災報知機と連動していたりで、なかなか個人では交換できないのが実情です。

ですが、Yさん邸マンションは各自での交換が認められている事が、完成見学会にお越しになった近隣の方のお話で知り、お引き渡し後になってしまいましたが、せっかくですので交換する事になりました。

DSC_1512 DSC_1515
電気屋さんと現場監督さんとで管理人室まで行き、インターフォンを取替えても火災報知機がしっかりと作動する事を確認して、電気屋さんに取替えしてもらい、無事にカメラ付きのインターフォンになりました。

ちなみに、↑の右側画像の緑色のが前のインターフォン親機。
ガス・火災・水漏れの報知機&非常ボタンが付いていて、20数年前ではかなり高性能なインターフォンだったと思うのですが、今の物と比べると本当にデカイ・・・(笑)

このさき20年ほどでインターフォンはどう進化するのでしょうかねぇ?
もしかしたら、インターフォン自体が無くなっていて、携帯やテレビのリモコンの機能の一部になっていたりして・・・。どうなるんでしょうかねぇ~

完成写真撮影(伊丹 マンションリノベーション)


伊丹Y邸の完成写真を撮ってきました。本当は引渡しの合間を縫って撮る予定でしたがワックス塗りやら残工事でなかなか片付かず・・・引越し日まで間があったので、無理を言って引渡し翌日、日曜の朝に撮らせて頂きました。通常は引渡し時に鍵をお返しするのがルールですので。

そういえば最近、完成写真をゆっくり撮れた記憶がない・・・

いつも引渡し前のゴチャゴチャした中で物を動かしつつ、人が写らない瞬間を狙って、と慌しかったので、完成した家と二人きり(?)、じっくり向き合いながら写真撮影できてとても嬉しい。午後から堺で取材だったので2時間ちょっとでしたが、充実した時間でした・・・ありがたいです。

写真は玄関。鏡の前に置いてあるのは大工のよっさん特製のベンチ。靴を履くときに重宝しそうですね。

 

Yさんご家族が頑張ってくれたおかげで家具、カウンターなどのワックス塗りが終わっていますので、床含め杉が全体的に濃い色合いになっています。当初は結構濃いですが、時間とともに落ち着いてきます。日焼けもしていきますしね。カーテンも入ったおかげで照度の調節ができてありがたい。

今回はじっくりカメラの設定も合わせられました・・・色合いの設定を変えたらマニュアル撮影の見栄えがぐっと変わりました。少し撮ってはiPadで画質確認もして。またひとつ成長できた(笑)

しかし・・・書斎の写真撮ってると、いいイスが欲しいなぁ・・・と物欲が出てきます。書斎に似合うやつ、吉村さんのたためる椅子とか・・・今はとても買えませんけど(笑)

 

リビングの畳ユニット。見学会でもみんな自然と腰掛けてられていましたが、イスの座面とほぼ同じ高さなので座りやすい、というか気づいたら座っちゃってる、というのが正直なところでしょう・・・

杉のちゃぶ台は人気高かったですが、ポールセンのトルボーと和式の座空間の相性のよさには驚きます。懐かしいけど、新しい感覚。個人的に好きな雰囲気にまとまりました。自然と写真撮影にも力が入ります。

その場では気づかなかったんですが、帰ってきて写真を見てみると全体的に暗く撮ろうとしているのが一目瞭然・・・主観が入りまくりですが、やはり暗めが個人的に落ち着きます。

 

1人でごそごそしていたら、Yさんの奥さんとTくんが様子を覗きにきてくれました。Tくん、見学会後に入った寝室の畳の上で前回りを披露してくれました。

Yさんとはすでに1年以上のお付き合い。思えばTくんも初めてあった頃から比べるとかなり大きくなりました。子供ってあっという間に大きくなります。それだけ自分も歳取ってるってことですよね・・・

引越し終わって落ち着いたころに、完成写真持ってお邪魔しようと思ってますので、Yさん、よろしくお願いします。

 

今回撮った写真は、吹田T邸含めて、HPにUPするため鋭意作業中・・・宝塚I邸と尼崎T邸が追い込みに入ってますのでいつになるか約束できませんが、もう少々お待ち下さい・・・

伊丹Yさん邸ミツロウ塗りとお引き渡し(リノベーション 伊丹)


DSC_0156 
久しぶりの快晴だった今日は、先週完成見学会を開催させて頂いた伊丹Yさん邸のミツロウワックス塗りとお引き渡しでした。

施主のYさんが現場にお越しになる前に、小谷と二人でYさん邸の象徴である”畳ユニット”に
ミツロウワックス塗りを施しました。

IMG_0726 IMG_0728
塗り始めるまでは、そんなに時間も掛らないだろと思っていたら、とんだ予想外れ。
箱物は面が多いので、手間が大きかった・・・。
ミツロウ塗りに慣れているはずの私と小谷でも、1時間半ほど費やしてしまいました(汗)

しかも、今日はめちゃ暑い・・・。汗が止まらずクーラーつけさせて頂きました・・・。

でも、時間は掛ってしまいましたが、やっぱり塗って良かった。
シナの白い色が、ミツロウで黄色がかりツヤも出てすごくきれいに仕上がりました。

その後、お昼を食べてからはYさんと一緒にミツロウワックス塗り。

DSC_0130 DSC_0125
Yさんには完成見学会でも好評だった、杉のちゃぶ台から塗ってもらいました。
これから、きっと何十年も使っていくだろうちゃぶ台の初めてのミツロウ塗り・・・そう思うと、なんだかすごい感動・・・。ぜひ、Y家の家宝にしてやってください!!

そして、ミツロウを塗ってくれる業者の方には、床と建具しかお願いしていないので、残りの家具・造作キッチンや棚などはいつも施主さんと私たちで完成見学会後に、一緒に塗ることになっています。

これはコスト調整とかではなく、やはり無垢の木材と一緒に生活していく上では、日頃のメンテナンスは大切。そのメンテナンスの一環として、ミツロウ塗りのコツをお教えしています。

お教えするというと少し大層ですね・・・。まぁ、ただミツロウを”塗る”だけなんですが、それだけでも、壁紙とカウンターとの取り合いの塗り方や紙やすりのかけ方など、いろいろなコツがありますので、そうした所をお伝えしています。

Yさんにはちゃぶ台の他に、書斎カウンターやキッチン収納などたくさん塗ってもらい、ミツロウ塗りのコツをいろいろとお伝えさせて頂きました。

DSC_0128
私もしっかりと、造作キッチンのシナ部分をステンレスのヘアーラインに惚れ惚れしながらも塗ってきましたよ!名塩のKさん邸と同じシナ共芯合板なので、小口にミツロウを塗りこむと濃淡がはっきりと出て、かっこよかったです。

また、お引き渡しはミツロウ塗りの合間に行わさせて頂き、無事に完了・・・したんですが・・・
明日ならばカーテンが入った写真完成写真を撮れるという事で、また明日もお邪魔させて頂くことになりました(笑)

それにしても、今日は本当によく塗ってよく磨いた・・・。
塗れば磨けば、どんどんきれいになるので、終着点が分からずにいつまでも続けてしまいました。
明日・・・右腕が痛くならない事を願います・・・(笑)

Yさんにもたくさん塗ってもらったので、同じように右腕が痛くならないか心配・・・。
塗ってる最中はおもしろいので、あんまり気づきませんが、結構な体力仕事ですので、
今日はお風呂で右腕をマッサージしてあげてくださいね!!

それでは、これからもどうぞよろしくお願い致します!今日は本当にお疲れさまでした~☆

伊丹Y邸完成見学会開催しました!(伊丹 リノベーション)


           DSC_9998
今日はお昼から、伊丹で「小上がり畳スペースのある大空間リビングの家」の完成見学会を開催させて頂きました!!

今回の完成見学会開催の為に、快く会場を貸してくださった施主のYさんには感謝感謝です。
ご協力、本当にありがとうございました!!

DSC_0006 DSC_9993
また、本日の完成見学会にお越しくださった15組31名の皆さま、大変暑い一日でしたが、
足をお運び頂き、ありがとうございました!!

そして、同じマンションの方々にも”木のリノベーション”というものに、ご興味を持って頂いていたようで、たくさんの方々がお見えくださいました。ありがとうございました!!

近隣の方と少しお話をしていると、どなたの住戸も部屋が細かく区切られていて、少し薄暗いそう・・・。なので、三部屋を一つの部屋にし、とても明るくなったYさん邸のLDKを見て、大変驚かれているのが印象的でした。

                           DSC_9999
                                             ↑の写真左側に写っているのが畳ユニット。
朝一で現場に搬入された、畳ユニットを完成見学会で初お披露目。
ユニットの中に収納スペースが確保されているので、LDKの収納場所が不足してお困り中の方に、すごく注目されていました。

それと、ユニットは畳を乗せて、42センチほどの高さ。高くもなく低くもない、ちょうどいい高さ。
それに、畳ユニットには腰かけても良いし、床に座って背もたれにしても良し!!若しくは、畳に座っても良いし、ゴロゴロと寝転んでも良し!!ぜひとも、いろいろな方に体験してほしい・・・(笑)

住みだしてからも、Yさん邸特有の使い方が発見出来そうですね~♪

また、来週のどこかで完成写真を撮らせて頂く予定ですので、そちらの更新もお楽しみに!!

それでは、Yさん!今日は本当にお疲れさまでした!!来週のワックス塗りもよろしくお願い致します。

明日はいよいよ・・・


DSC_9972
明日はいよいよ伊丹Yさん邸の完成見学会!
なので、夕方から現場に向かい最終確認をして、さきほど事務所に戻ってきました。

上の写真からも分かるかもしれませんが、完成見学会前になるとやっぱりドタバタ(笑)
大工のよっさんや現場監督さんが走り回っていました。。。

ちなみに、現場はしっかりと仕上がりましたので、明日の完成見学会にお越しになる方はご安心を!ごゆっくりご覧くださいませ!!

DSC_9975 DSC_9974
また、そのYさん邸のドタバタを更に更に激しくしたのが”杉の円座卓”。

私が図面を描かせてもらったんですが、円座卓の脚は折りたたんで、受桟の中に収納できるように考えていたので、今回のYさん邸円座卓では専用の折脚金具を採用してみました。

受注生産の金具だったようで、円座卓は完成見学会には間に合わないかも・・・っと、現場監督さんに聞いていたので、残念に思っていたのですが、さきほど現場に行くと、今日届いた様子。

それで、早速組み立ててもらう事にしたのです・・・・・が・・・・・それが大苦戦(笑)

折脚金具は施工書も何もなく送られてきたのは金具のみ。
と、とりあえず、自分で描いた図面を元に組み立てていったのですが・・・脚が上手く収まらない・・・
図面を描く時に脚の動きをCADで何度もシュミレーションしていたのに、上手く収まらない・・・
5mm長い・・・??なんで??

正直かなり焦りました・・・(汗)

でも、図面では収まったからそんなはずない・・・っと、落ち着いて考えると、金具の脚と天板を取り付ける面が逆・・・。そこんところ直したらしっかりと、5mm短くなり、図面通り収まりました!!

 DSC_9988
ほっと一安心した後は、畳ユニットに乗せる畳をフローリングの上に敷いてみて出来たてホヤホヤの杉円座卓を置いてみました。

畳と円座卓・・・どこか懐かしい雰囲気。円座卓の上で光るポールセンの照明ともいい感じ。
あっという間に、すごく落ち着ける空間になりました!!

また、前回のブログでお伝えした”畳ユニット”は本日雨のため、搬入出来なかったそう・・・。
明日の朝一で搬入してくれるそうなので、明日の完成見学会では、Yさん邸タイトル通りの
「小上がり畳スペースにある大空間リビングの家」をご覧頂けますので、お楽しみに~♪

それと、他にもやる事たくさんあったのに、円座卓のゴタゴタに付き合ってくれた大工のよっさんには感謝感謝です。
特に、天板は現場でカットしたとは思えないくらいのキレイな円。ありがとうございました!!

脚が図面通りに収まらない時は焦りましたが、めちゃおもしろい一日でした!!

伊丹Yさん邸の畳ユニット製作見学してきました


DSC_9871  DSC_9862
昨日は夕方から畳ユニットの製作をお願いしている家具屋さんの工場にお邪魔してきました。

工場に着くと、すでに畳ユニットの箱組までは出来ていましたので、私たちはシナ合板貼りの仕上げ作業からの見学となりました。

それにしても、畳ユニットは一つ80cm×80cm。それが9つも並んでいると、かなりの迫力でした!!

DSC_9883 DSC_9885 
この畳ユニットは集成材の表面に合板をプレスして、強度もあり、家具製作にはかかせない”ランバーコア”という材料を使用しています。
工場にあった作動中のプレス機の目盛りを見ると、なんと8トンまで!!人間なんかペチャンコになってしまいそうです・・・(汗)

これで、箱組を作ってもらったんですが、大変なのがこの先の作業・・・

DSC_9882 DSC_9906
箱組のままだと、ランバーコアの断面が見えてきてしまい、どうにもブサイク。
なので角をキレイに見せる為に、シナベニヤの端部を45°カットしてもらい、ランバーコアの断面が見えないように留め加工をしてもらいました。

ただ、畳ユニットの製作を担当してくれていた家具職人の徳丸(とくまる)さんの手間がすごく増えてしまいましたが・・・(汗)
しかもしかも、すぐ横にはなんでもかんでも質問してくる私たちおっさん二人・・・(笑)

そんな私たちの相手をしつつ、一つ一つ丁寧に仕上げていく所を間近で見学させて頂きました。

DSC_9877 DSC_9875
ヤスリで均した後に、留め加工の仕上がりを見てみると、さすが!!っと叫びたくなるほどの精度。3mmの合板がピタっと、角になっていました。ほんとすごい。

DSC_9922 DSC_9937
その後は、箱組からはみ出ているシナ合板をルーターでカットする作業。
カット中に少しルーターが曲がってしまうと、箱組まで削ってしまい、ここまでの作業が全てパー・・・。

見ている私たちも、息を飲む瞬間でした・・・(汗)
とはいっても、さすがプロ。何ら問題なく進んでいき、カットした箇所をまたまたヤスリで均します。

まだまだ見たかったんですが、作業のジャマになってもいけないので、ここでおいとましてきました。

残り作業は、見えがかり面のランバーコア木口に杉を貼って、上面に取り外し可能の杉板を置けば、終了なので、あともうひと踏ん張りというところですね!!

        リビング1
ちなみに、現場ではそのユニットの上に80㎝角の畳を乗せ、LDKに畳の小上がりスペースが出来上がります。

また、ユニットの中は空洞なので、畳みを外して上面の杉板を開ければ、いろんな物を収納可能。

将来的には抽斗を取り付ける事が可能な仕組みになっていますので、その時はまた徳丸さんが製作してくれるのではないかと思います(笑)

今週末の開催致します伊丹Yさん邸完成見学会では、この畳ユニットもゆっくりとご覧頂けますので、
お時間あれば、ぜひぜひお越しくださいませ!!

まだまだ、お申し込お待ちしていますよ~!!

畳ユニットと突板サンプル帳


今日は、起きたら雨・・・。
少しくらいの雨なら、いつもは自転車で事務所まで行くのですが、今日はなぜか止まなさそうな気がしたので、久しぶりに電車で行くことに。

そして、夙川駅到着。改札を出ると、雨・・・止んでました(笑)
ブログ書いてる今も(午後3時)降っておらず・・・。あーぁ、自転車でこればよかったなぁ・・・。

DSC_9857 DSC_9858
まぁ、そんな事はいいとして、昨日の事ですが、ブログでお伝えした灘区のマンション見学の帰りに、伊丹Yさん邸のリビングに設置する”小上がり畳”の打合せの為に、製作をお願いしている家具屋さんにオジャマしてきました。

打合せと言っても、畳ユニットの図面も出来上がっていましたので、細部の仕上げ材などについての打合せを少しして、すぐに終了し、作業場内をいろいろ見せて頂きました。

ちなみに、私は家具屋さんの作業場にお邪魔させてもらうのは今回が初めて。

作業場には、見た事ないような工具やホームセンターで見掛けるでっかいパネルソーがあったり、いろいろな樹種の木材などが置いてあり、そこに居るだけでワクワクしてしまいます。

DSC_9859 DSC_9860
打合せの横では、お兄さんが「プシュープシュー」っと、木材を組んだ物に何か吹き付け中。

気になってお兄さんに聞いてみると「ボンドを吹き付けてるとこ。手で塗ると時間かかるから。」
っと教えてくれました。

ボンドって吹き付けれるんだ~っと驚きましたが、よく考えると、自分も製本の際にはいつもスプレーのりを片手に「プシュープシュー」っと、奮闘しているなと思いだしました・・・(笑)

IMG_0679IMG_0681 話は畳ユニットから、突板の話にチェンジ。

突板というのは、ナラやタモなどの天然木を薄くスライスし、合板表面に貼り付けている板の事。

天然木の味わいのある木目を楽しめ、フラッシュ戸として建具や家具に使用する場合には無垢材に比べると軽く、反りが少ないといった利点があります。

IKEAなどの量販店でもナラやタモの突板を用いた製品はよく見掛けますが、他にはどんな樹種があるのか聞いてみると、突き板メーカーのサンプル帳にあるものならなんでも対応できるそう。

サンプル帳を見せてもらうと、定番のナラやタモはもちろん、ジャラやサペリなど聞いた事のないような物まであり、全部で47種類。これまた、ワクワクしてしまいました。

ちなみに・・・サンプル帳でずーっとテンション上がりっぱなしの私たちを見かねてか、「持って帰っていいですよ」っと、ありがたい一言を頂き、もらっちゃいました(笑)

事務所でサンプル帳を開いては、それぞれのリノベーション計画に合わせてポイント的に、おもしろそうな樹種の建具とか作れたらおもしろそうだなぁ・・・っと、一人で勝手に想像しています。

興味ある方は、ぜひ事務所まで!!一緒にサンプル帳見て、テンションあげましよう(笑)

それでは、また!!

Yさん邸もだんだんと雰囲気が出てきました!(伊丹 リノベーション)


昨日は一日中雨でしたね・・・。
せっかくのお休みだったのに、あの雨ではどこかに行こうと思えず、ずっと家で掃除していました。
でも、成長が著しいカエデくんとゴーヤくんの発芽したタネの植替えが出来てうれしいです。
それと植替えも慣れてきたせいか、根を傷めることなく、かなりのスピードで出来るようになりました。

DSC_8429

さて、今日は午前から伊丹のYさん邸現場に行ってきました。

施主のYさんにも”ナゾのスペース”をどうやって有効活用するか
打合せをするために現場までお越し頂きました。

で、”ナゾのスペース”というのは、採寸時では分からなかった
んですが、解体してちょっとした収納に出来そうなスペースがある事が判明。柱型からだいぶ余裕を持って、ふかしていたようです。

竣工図を見てみても、そんなに余裕があるように見えなかったんですが・・・。まぁ、竣工図通りになっている事の方が珍しいですからね(汗)

打合せの結果、今回は建具を取り付けて、長物などを入れる収納として使うことになりました。

リビングには壁一杯に壁面収納があり、キッチン上部にも収納があるので、かなりの収納力になっています。もちろん、ウォークインクローゼットもあるので、当分は物が溢れる事は・・・ないのではないでしょうか??(笑)

DSC_8437 DSC_8436   DSC_8457
現場では、いつもTちゃん楽しそう。
大工道具って危ないけど、なかなか目にする機会も手にする機会もないですからねぇ。

今日は差し金がずいぶんお気に入りだったようです。あまりに気に入りすぎて、返してくれないので、コーヒーのオマケの新幹線チョロQ(大工さん提供)あげたら返してくれました(笑)

Yさん邸工事は順調!ボードも張り終わっていましたし、もうすぐで大工工事は終わりそうでした。

“ナゾ”のスペース”打合せ後はどんな感じに仕上がってるかなと、ウロチョロしていたんですが、
ふとリビングを見ると、よっさんとカシワギさんと小谷が何やらワイワイ。。。

 DSC_8495 DSC_8499
あぁ・・・やっぱり。大人三人がipadに夢中になっていました。
それにしても、ipadにあそこまで喰いついたのは、よっさんが初めてな気がする・・・さすが(笑)

                 DSC_8510
その後は、杉の幅はぎ棚板をチェック。150ピッチで継いでいて厚さも18mmなので、反りを心配していたのですが、まぁ大丈夫でした。

フローリングは奈良吉野材で、棚板は九州材。同じ杉なんですが、香りがすこし違う気がしました。

ちなみに、この写真はよっさん撮影。小谷と私が写っているのって結構珍しいんですよね(笑)

ではでは、また進捗あればお伝えいたします!!

1 2 3 »

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.