木のマンションリフォーム・リノベーション-マスタープラン一級建築士事務所(大阪/兵庫/西宮/神戸/芦屋/宝塚)

『楓のテーブルと塗り壁のある杉の家』京都府京都市西京区


京都K邸マンションリノベーション

竣工: 2009/10

設計監理: 小谷和也 池田郁夫

写真撮影: 小谷和也

RCラーメン構造

1996年築

65.35㎡

<この物件の工事中のようすはこちらから>

<この物件のfacebook写真アルバムはこちら>

「中古マンションを購入してリノベーションを考えています」とKさんからメールを頂いたのが2009年の6月、月末には事務所に来て頂いて打ち合わせ、その後すぐに物件調査に入らせて頂きました。

物件は築13年、65平米7階建ての最上階、間取りは良くある3LDK。近隣の方に見学会でお会いしましたが、使い勝手がよくないとすこぶる評判が悪かったようです。そこで、お仕着せの3LDKを単純に分解して、欲しい機能と広さを整理して配置しなおしてみました。

収納量を確保するためのウォークインクローゼットの増設、リビングの一角にご夫婦のための書斎スペースや本棚を設置、床材には丸岡材木さんと開発した無垢杉幅広フローリング、リビングの壁には漆喰セルフ塗り仕上げ。

打ち合わせ当初から、奥さんの実家に置いてあった楓の板をテーブルにしたいというご希望を頂いて、板を送って頂き、大工さんや現場監督さんと相談して加工したり、リビングにご家族と漆喰を塗ったり、引渡しの日に2歳になったKちゃんは池ちゃんがお気に入りだったり、ほんとに楽しい仕事をさせて頂きました。

京都の土地勘もなく、めちゃ遠いのではないかと不安になるも、行ってみると結構近く(笑)京都にもリノベーション会社は多々ある中で、Kさんには私たちの考えに共感して頂いて、リノベーションの依頼をして頂いたことはとても嬉しいことで感謝の気持ちでいっぱいです。

<after>洗面の床やトイレの天井まで杉を使った楓テーブルのある木の住まい

<before>65平米、リビング隣に和室のある3LDK、築13年のマンション。


PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.