木のマンションリフォーム・リノベーション-マスタープラン一級建築士事務所(大阪/兵庫/西宮/神戸/芦屋/宝塚)

木の家OBさんちにお邪魔しました!

奈良大和高田Nさんちメンテ訪問


IMG_1849昨年末にお引き渡しをした奈良 大和高田Nさんのお宅に工務店さんとメンテナンスで訪問してきました。2月くらいにもお邪魔しているんですが、整理収納アドバイザーでもあるNさん、さすがのしつらえなのです。ブログでも色々情報発信されていまして、私もいつも勉強させて頂いてます。

IMG_1850今回のメンテ、カウンターの穴あけやら壁の補修やらありましたが、実はダイニングの定番ペンダント照明(ルイスポールセンのトルボー)の交換という大役が私には課せられておりました。

交換といっても故障とかそういうことではなく、Nさんに自分で購入していただいた際、コードを短く発注してしまい、長さが足りないので妙に高い位置についてしまってまして・・・もう買ってしまったもの、交換というわけにも行かずお困りだったんですが、うちの自宅のトルボーのコードが長すぎて困ってたことを思い出し、ちょっと古くなるけどうちのと交換でどう?という物々交換が無事成立しまして、自宅から持ち込んで交換した次第。

で無事、いい高さに取り付きました。ダイニングのペンダントはなるべく低い位置、私の推奨は床から1300~1350ミリくらいの高さにつけるのがおすすめ。こうすると明かりの重心がぐっと下がるので、空間全体に落ち着きが出て、天井も高く感じるようになります。

IMG_1852IMG_1855IMG_1856工務店さんにはタモのキッチンカウンターに配線用の穴あけをお願いしました。これでモデムとかルーターとかネット関係の機材が収納内部に納まるようになりました。スケールは忘れてもノミは忘れない男、伏見さん。さすがです。めでたしめでたし。

IMG_1857

んで、前にお伺いした際にあまりの住まいっぷりに感動した私。また写真撮らせてもらう約束していたのですが、ようやく実行できました。Nさん、無理言ってすいませんでした・・・

DSC_2214ということで撮影した一枚。たまたま撮影中に学校から帰ってきたNちゃんと奥さんが入っているカットを。なんか楽しそうでいい一枚が撮れました。Nさん、おじゃまいたしました。また色々収納ノウハウ教えてください。ていうかセミナー、マジで企画しますので・・・(笑)

芦屋N邸メンテナンス(マンションリノベーション 芦屋)


小谷です。昨日はお休み頂いて、子供の工作作成・・・疲れた。かなり・・・詳しくはまた次回、ブログでご紹介します。

で、今日は先日お引き渡しさせて頂いた芦屋Nさん邸にメンテナンスにお伺いしてきました。

NTTさんに電話工事を頼んだところ、既存配線の外部集中の取り込み口に部屋番号がなくて、どの家の配線かわからない、とのことで・・・(汗)

こちらとしては、宅内引き込み口から室内の電話ジャックまで空配管していたんですが、床下の宅内接続口を点検する必要が出てきたため、点検口を設けて対応する、という話になりました。

古い物件の場合、電話線に関してこういう問題がでてくることがあります。取り込み位置も、天井だったり床だったり、物件ごとに違う。その度ごとに色々な対応をする必要が出てきますが、今回のようなケースは初めて・・・50件以上リノベーションしてきましたが、まだまだ勉強することは多いです(汗)

IMG_7273 IMG_7271 IMG_7272

点検口は目立たない位置で、ということでキッチンのパントリー収納の下部に。ここなら物を置いてしまうと隠れますしね。大工さんにかなり苦戦して穴を開けてもらい、出てきた配管と新規の空配管の接続を確認。何とか手を突っ込んでこの配管の接続を外し、既存の配線を確認。これでNTTさんは工事できるはず。ふぅ・・・

 

IMG_7274 IMG_7276

Nさんち、引渡しからまだ3週間ほど。ですがほとんど片付いちゃってました・・・素晴らしい。いい感じに家具が納まっていました。新しい照明もお目見え。FLOSのグローボールってやつですかね。調光できるし、シンプルでなかなかいいなぁ。写真撮影用に一つ買おうかなぁ・・・と思ってネットでみたら、トルボー並みの価格。買えません・・・(笑)

 

IMG_7277

点検口設置のあと、ダイニングのトルボーの高さ調整に、大工さんと工務店さん、私の3人で四苦八苦。中村好文さんのバランサーを付けたいんですが、これがなかなか設置と調整が難しい・・・トルボーの配線がかなり長いようでしたので、再度電気屋さんに来てもらって長さ調整してもらうことになりました。

Nさん、お手数おかけします!また日程調整してお伺いいたします。あと、カーテン届いたらもう一回写真撮らせてください!(笑)

三田市Fさん邸OB訪問&プラン打合せ(三田市 リノベーション)


こんにちは。スタッフ濱田です。

すっかり梅雨入りですね~降ったり止んだり。と、思いきや、

今日は梅雨のドヨンとした気持ちを一掃するかのような快晴でしたね(*^_^*)

 

今日は朝から三田市でリノベーションを計画中のSさんと

三田市Fさん邸にOB訪問に行ってまいりました~!!

IMG_2683

 

Fさん邸でのOB訪問は初めて。

Sさんのお住まいがとても近い、ということもあり、

今回お邪魔させていただきました。

 

実は、Sさん、Fさんの完成見学会にお越しいただいていたそうで。

あれから、約2年半。杉床の経年変化や生活している姿を見せていただきました。

 

IMG_2688IMG_2680IMG_2692

 

Fさん邸は今年2月にOBインタビューでお伺いして、私自身2度目の訪問。

小上がりの寝室と、小下がりの畳スペース、

座卓があって、食卓もあって、大人数用の大きなテーブルもあって。

空間にメリハリがあって、心地よい居場所がたくさんある、なんとも贅沢なおうち。

 

洗面、トイレ、お風呂、に小窓がついていて、玄関へと繋がっていて、

風の通り道になって、大変重宝していらっしゃるそう。

それにしても、トイレ広いなぁ。長居しちゃいますね(笑)

 

↓Fさんの木のいえインタビューの様子はこちら↓

『みんな一部屋にいるからいつも顔が見えて話せるんですよ』兵庫県三田市Fさんの声

 

IMG_2677IMG_2693

完成見学会当時も奥さま同士、お話が弾んだそうですが、

今日も奥さまならではの着眼点で、いろいろご質問されていらっしゃいました(*^_^*)

小上がりの床下スペースは長~いものも、箱物もたっぷり入る大容量。

ひとつのスペースで二役をこなす優れもの!

 

キッチンもとっても綺麗。スッキリ。

杉床が気持ちいいので、キッチンマットは敷かない、とのこと。

先日ご主人が、スチームモップでお掃除したあと、蜜ろうワックスを塗られたそうで、

本当に丁寧に住まわれていますね。見習わないといけないです!

 

IMG_2686

インタビューでもご紹介させていただきましたが、

冬はご主人お手製のポリカ断熱窓が大活躍でした。

発想と、即実行!という感じが素敵です。

お掃除道具も見せて頂いて、非常に勉強になりました。

マキタの掃除機、やっぱりほしいなぁ。

 

IMG_2694

ひと通り見せて頂いた後は、Sさんの平面プラン打合せ。

Fさんにも参加していただきました!

なんだかほっこり。嬉しいですね。

 

おいしいコーヒーを頂きながら

工事にあたっての質問なども交わされ、いろいろお話できました。

OBさんが同じ地域に住んでいると、とても心強いですね(*^_^*)

 

Fさん、お休みのところ、お邪魔しました!

ご協力いただき有難うございます!

リノベーションのアドバイスを頂き、ありがとうございました。

 

IMG_2698  

 

次はパース打合せです。

よりイメージがわかりやすく伝わると思います!

楽しみです♪

 

では、また。

団地リノベーションのその後(神戸垂水Nさんインタビュー)


DSC_8048 DSC_8051

小谷です。今日は『杉床とコルクタイルを使った団地断熱リノベーション』神戸市垂水区NさんちにOBインタビューにお伺いしてきました。築38年の団地をスケルトン状態から、断熱や遮音性能も確保した意欲的なリノベーション。その後の団地リノベーションの考え方の礎ともなった物件。

打ち合わせ当時のお話から現在の住み心地まで色々お伺いしてきました。壁一面に設けたワークカウンターと壁面収納はこれでもか、と隅々まで使い尽くされていました。

 

DSC_8099 DSC_8069

最近、団地に関するコンテンツをまとめましたが、お問い合わせは相変わらずちょこちょこいただく団地リノベーション。団地に育てられた生粋の団地っ子の私としては非常にうれしい。

コストのお手頃感やストックの多さを考えても、もっと活用されてしかるべきという思いはありますが、壁式構造や配管問題をはじめハードルが多く存在することもまた事実。やはり、普通のマンションよりリノベーションしにくいことだけははっきり断言できます。

Nさんはじめ私たちにリノベーションをご相談いただく方は、わざわざ団地を選ぶのではなく、もともと近くにお住まいで、その団地のことを環境や雰囲気はじめよく理解されていて、校区やコスト面から選択される、というケースが多いですね。

Nさんちのケースでは、床下の空間があったことや耐力壁が少なめだったことが幸いして、なかなか自由度は高く設計できたほうだと考えていますが、要は同じ団地、といっても、物件によってかなりの差があり、それがリノベーション内容にダイレクトに影響してくる、ということだけははっきりしてますね。

 

DSC_8081 DSC_8071

壁にも断熱材、窓もペアガラスの内窓設置を行った効果はかなりでているそうで、冬はかなり暖かく、夏はエアコンの効きがすごく、消してもかなり長時間冷気を持続しているようです。団地でもしっかり断熱改修することで温熱環境はかなり改善することが実感できました。また今くらいの気持ち良い時期の風通しはかなりいいとのこと。

また二重窓の効果で外の音が入ってこないため、室内が非常に静かで救急車が近くにきても気づかないくらいとのことで、これは内窓あるあるですね。ちなみに救急車を頻繁に見かけるのは団地あるあるともいえますが・・・(汗)

目下の問題は、内窓を付けにくい小窓と、鉄の玄関ドアの冷え込みや結露をどう止めるか、ですね。これに解決策が見つかれば熱的環境は更に改善すると思います。

 

DSC_8076 DSC_8095

Nさん、お休みのところ色々貴重なお話を聞かせて頂いてありがとうございました!Kちゃん、変なおじさんの相手してくれてありがとうね(笑)

インタビューのようすはまたホームページにてご紹介していきたいと思います。おたのしみに。

さて、次はどのOBさんちに行きましょうか・・・

大阪茨木Iさん邸 木のマンションリノベーションOBインタビュー


DSC_6555

小谷です。今日は3年前にマンションリノベーションのお引渡しをした大阪茨木IさんちにOBインタビューにお伺いしました。昨年の夏に大阪都島Oさんちに行って以来、半年ほど止まってるOBインタビューでしたが、今年から満を持して復活です。

定期的にOB訪問に伺わせて頂いているので暮らしぶりはよく存じ上げているつもりですが、いつみてもすっきり。うまくレイアウトされた小物の配置やセレクト、暮らしぶりはOBさんの中でもファンが多いんですよね。

ちゃんと選んでモノを買う、余計なものは持たない、という住まい方にはいつも勉強させて頂いてます。

建築屋は設計や工事のプロであっても、イコール住み方のプロではないんですよね。Iさんだけでなく、尼崎Tさんや西宮名塩Kさん、神戸灘区のHさんとかにも言えるけれど、住み方の上手さは住まいを丁寧に楽しもう、という強い気持ちが根底になければダメで、そもそも心の貧しい、仕事ばっかしてる私には時間とお金だけでなく、何より気持ちが足りないんだなぁ・・・ということを痛感して、いつも反省するのです・・・

紺屋の白袴は一向に染まる気配なし。まぁ、それが宿命なんかと諦めてるとこもあるんすけど・・・テーブルの艶ぐらいっすかね、我が家で自慢できるのは・・・(笑)

 

DSC_6557 DSC_6566

今回は新人(といってももう少しで5ヶ月経ちます)ハマちゃんに聞き手にまわってもらい、私たちが茶々入れる感じで進めさせて頂きましたが、Iさんは気さくに何でも話してくれるのですごく楽しかったです。昔ばなしに花を咲かせました。物件探しからお手伝いした3年前、つい最近のようです。

Iさんは、もともと木や自然素材に興味があったこと、ホームページで私たちを見つけてくれて、資料で届いた杉床に感動されたことから、最初の電話の対応がよかったこと(たぶん私が出たんですが、実はほぼ覚えてない・・・汗)、私たちのあまりに垢抜けない、営業臭さを微塵も感じない姿勢に、あぁ、この人達はほんとに木が好きでやってるんだ(笑)、と感じられたとのこと。

よく言われるんですよね・・・ブログでみたそのまんまですね、とか・・・ほんとにいつもTシャツなんですねとか・・・(笑)そろそろ40になるし、この営業姿勢、変えたほうがいいかと本人は悩んでたりするんですけど・・・(汗)

でも、これからの私たちに期待することに『ずっとそのままでいてください』と言って頂いたので、死ぬまでこれで行こうかと思います(笑)

インタビューの詳しい様子はまたOBインタビューのページにて近々に公開しますので、お楽しみに!特に女性のシングルライフにとってのマンションリノベーションと、木の床の心地よさや断熱改修の効果の話などはすごく参考になると思います!

さぁ、来月はどのOBさんちに突撃しようかなぁ・・・

木製内窓メンテ&木の家OB訪問(マンションリノベーション 芦屋)


小谷です。今日は朝から、今年春にお引渡しした芦屋Oさんちにメンテナンス。

IMG_4551IMG_4553IMG_4555

南側バルコニーに面する大型掃出し窓。真ん中が斜めになっていることもあり、既成品の内窓が使えなかったため、木製建具で作った内窓。見た目はすごくいいんですが、性能を持たせるのが非常に難しい。結露するとのことなので、もう少し気密を上げようと工務店さんとお伺いしてきました。

スキマにコーキングしたり、気密材追加したり、と色々試行錯誤・・・住戸内の相対湿度も少し高めだったので、換気もお願いしてきました。このあたり、住宅ごとにライフスタイルも違うので一般解というのはなく、判断はほんとに難しい・・・まぁ、内窓つけたら結露が100%なくなる、というわけではなく、やはり、ご家族ごとに個別に最適解を考えていくしかないんですよね。

もちろん断熱性は体感されているようで、朝起きた時のリビングの室温は20度切らないらしいです。これは断熱改修された色んなOBさんからお聞きしますが、やはりマンションは窓が大事、ってことがよく分かりますね。うらやましい・・・Oさん、長時間お邪魔しました!

 

IMG_4576IMG_4556IMG_8897

で、午後からは事務所にて芦屋Oさんと工務店さん交え契約。その後、Oさんと共に今年7月にお引渡しした芦屋IさんちにOB訪問。

引っ越してまだ5ヶ月ですが、すっかりインテリアが落ち着いて来てました。奥さん同士、いろいろ話が盛り上がったみたい。木のマンションリノベーションを知ってもらうには、やはりOBさんの家をみてもらうのが一番ですね・・・見てもらう側のOBさんも、たまに来てもらうと片付けの気合いが入る、とよく言って頂けます(笑)

 

IMG_4572IMG_4574IMG_4575

すっきり片付いてええかんじです~春音さんで購入したジャボチカバ、すくすく育っておりました。実も何個かできたみたいで、奥さん食べられたそうですが、ライチみたいな味だったとのこと。ぜひ試してみたい。しかし、木の家にデカイ植物はやっぱ映えますね。ほんとお勧めです。

 

IMG_4562IMG_4563

Iさんところは宮崎椅子さんのダイニングチェアを色々お勧めして、当初二脚購入されてました。が、後にまた二脚追加した、という情報だけ家具屋さんのfacebookでは知ってましたが・・・ようやく実物確認でございます。村澤一晃さんのpepeチェア、アームのほうですね。座面の色はおねえちゃんが自分で選んだそう。ブラックチェリーにもよく合ってます。小1なのにセンスあるなぁ・・・

 

IMG_4566IMG_4567

IMG_4564IMG_4565

カイ・クリスチャンセンのNo42、私の一番のお勧め。お値段ちょっと高めですが、座り心地はダントツだと思います。当初は奥さんの分一脚だけだったんですが、やはりご主人も欲しいということになり(笑)、もう一脚追加されたようです。生地のセンスいいなぁ。

こうやって名作に囲まれた木の家の生活、違いの分かる大人の家、ってかんじです。うらやましいねぇ・・・

 

IMG_4559IMG_4560

スッキリ整理された本棚には・・・もちろん、the ORIGINが整列。いやぁ、違いの分かる大人の本棚だねぇ・・・

 

IMG_4578IMG_8910

こうちゃん、お誕生日おめでとう。おじさん、OB訪問で誕生日祝ったのは初めてよ(笑)

お邪魔した私たちにプレゼントまで用意して頂いて恐縮です・・・Iさん、本当にありがとうございました!ケーキもご馳走さまでした。いやいや次は飲みたいですなぁ・・・

MさんNさんと尼崎Tさん邸ご訪問!


初めまして!こんにちは。

9月よりマスタープランで働かせていただいております、濱田です!

初ブログ投稿です!これからどうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、先日台風が近づく雨のなか、西宮名塩で間もなく着工予定のMさんと滋賀でリフォーム計画中のNさんと一緒に尼崎Tさん邸におじゃましてきました。カリスマ施主さんと噂には聞いていましたが、とってもいい感じに暮らしていらっしゃる!照明や小物がいちいちおしゃれです。

写真 5

実は完成後の物件にお伺いするのは初めてで、Mさん、Nさんと一緒に「ほ~なるほど~」と楽しく見学させていただきました。実際に住まわれているおうちの中を見せていただけるのは本当にありがたいですね。杉床や珪藻土壁など、自然素材を体感できるのはもちろん、生活動線や収納の容量など、暮らしのアイデアがたっぷり詰まっていて、より具体的にリフォーム後の生活を想像しやすくなります。

 

この日は風が強めだったこともあり、玄関を開けていると風通しがめちゃくちゃ良い。リビングまですーっと通っていて驚きました!気の流れは大切ですね。ちなみに匂いも感じませんでした。人の家って独特の匂いがあるものだけど、、、生活臭を感じさせないおうちなら何度でも遊びに行きたくなりますね!珪藻土のチカラ、スゴイ。

写真 6 写真 7

 

写真右は廊下にある作り付けの棚、、、もちろんこれも収納力たっぷりで素敵ですが、家族写真に思わず目がいってしまう、、、Tさん家族の仲の良さが伝わってきました。Mさんも「うちもこれしよう~」と、興味津々でした。

さぁ、一行はぞろぞろと進みます。キッチンは特に注目ですね。奥様たちの目が光っていました!みなさんTさんに質問攻め。笑

ここにもセンスの良さがあちらこちらににじみ出ていました!差し色のオレンジがかわいかったなぁ~♪ 引き出しの中まで見せていただいて、、、とにかく綺麗。細かいところまで整理整頓が行き届いている!!Tさんのワザ、参考にしたいです。

施主支給品に関しても、施主さん同士だからこそ聞きやすいこともあったようで、リフォームの先輩、Tさんにいろいろ教えていただきました。こうしたこともこのイベントの良さですね。

 

   写真 8 IMG_3851 

 

ひと通りゆーっくり見学させていただいたあと、おいしいコーヒーとお菓子たちをごちそうになりながら、みなさんでリフォーム談義。みなさんリフォームを考えるきっかけや年代はさまざま。不安に思っていることや気になること、たくさんお話されていました!

大きなお買い物なので、わからないことは全部消化してください!マスタープランのお兄さんふたりや、優しいOBさんたちがしっかりと答えてくれます。私も早く何でもお答えできるように頑張らなくちゃ。

 

IMG_2402 

写真 4 写真 2

MさんNさんのお嬢様たちもすっかりくつろいでいました、、♪

ふたりともちょこんと座ってかわいいなぁ。しみじみ。

 

初めてのOB見学会、こんなところまで見ていいの?!と驚きもありましたが、いい勉強&刺激になりました。Tさま本当に有難うございました!今後とも宜しくお願い致します。

 

 

 

最後に、、、池田さんのBIG SMILE頂きました!有難うございます。笑

写真 3

 

ではまた!

大阪府茨木市Mさん邸、木の家OBインタビュー


DSC_4304ibaraki-mm017

小谷です。先日、茨木Mさん邸にOBインタビューにお伺いしてきました。

完成写真はこちら><工事中のようすはこちら

お引き渡しから早1年と3ヶ月・・・右の写真は完成時のもの。杉床は紫外線で焼けて、赤身と白太の違いがほとんど分からないくらい飴色に変わってきています。もちろん傷や汚れはあるけれど、個人的には1年くらい過ぎてからのこの色が好きです。桧で作った棚やカウンターもいい感じに焼けてきて、生活感が良い感じに出てきて、Mさんが家を大切に愛でてくれているのが伝わって来ました。

インタビューでは、マンションリノベーションを考えたいきさつから、私たちを見つけてくれた経緯、工事中や住んでからのことなど、面白い話を色々お聞きできました。

奥さんはずっと新築志向で、ご主人がリノベーション志向だったこと、Yくんの小学校入学というタイムリミットを前に、大手メーカーのリフォーム事例を見ても全然いいと思えず、延々と悩まれていたご主人・・・うちのサイトを見つけたときに『これや!』と思ったこと、奥さんに『ようやく見つけた!』と連絡した(笑)ことなど、終始笑いの絶えないインタビューでした。

うちの次女と同い年、今は2年生のYくん、よく見学会で会ってるのであれですが、背も高くなって男前になってきました。プールが楽しみらしく、すでにふくらませてあった浮き輪・・・に乗ってご満悦。無口だけど愛想はいいので、きっとモテます(笑)Mさん、お休みのところ突然の訪問、お邪魔いたしました~

先日は明石Kさん、再来週には都島区のOさんちにインタビュー予定。現在インタビューページを作成中です。3件まとめてお客さまインタビューコーナーとしてUPしたいと考えています。おたのしみに~

明石市Kさん邸、インタビュー訪問


6月ですね。2013年ももう半分が過ぎようとしているのと思うと、早い早い(汗)
気づけば、あっという間に夏も過ぎていそうです。

IMG_9995

さて、本日は昨年の五月にお引き渡しをさせて頂いた明石市Kさん邸のお住まいへ。
お引き渡しから一年、無垢材は時間の経過と共に色も落ち着き、すっかりと馴染んでいます。 

その逆で、無機質の珪藻土壁はお引き渡しの時から変わる事なく、穏やかな白色。
ところどころでヒビ割れ(PBボードの継ぎ目だと思います。)はあるものの、経年劣化を感じさせず 
お引き渡し時のままといった様子です。

DSC_3980IMG_9999

お引き渡しから一年が経過した杉フローリング。(画像・左)

全体的に焼けてきて、赤みと白太の部分の差が小さくなりました。画像の箇所は寝室として使われている事もあり、キズや凹みは比較的少ないかなぁ、っという印象です。

また、フローリングの目地は隙間もなく(湿度の高くなる六月ですしね)、お引渡し時から伸縮していない様子。 丸岡材木さんの乾燥技術には、ほんとうに感謝です。

玄関土間はモルタル均し仕上げ。 (画像・右)
収縮でヒビは入っていますが、モルタルという無機質な素材だと、それもまた良い雰囲気に感じます。

モルタル表面はご家族の靴裏で磨かれて、少しずつてかりが出てきた様子。

IMG_9997

さてさて、今回はメンテナンスやリフォーム検討中の方の見学ツアーではなく、木の家OBさんの声を聞かせて頂く、「木の家OBさまインタビュー」でのご訪問です。

インタビュアーは、現在インターン制度でお手伝いしてくれている、大学院生の平田さん。

私たちがインタビュアーになるとお話しにくい事もあるでしょうし、何よりも私たちが照れる(笑)
以前からこうした取り組みを行いたいと思っていましたので、ちょうど良い機会になりました。

インタビュー中、小谷と私は立ち会わず、室内をウロチョロウロチョロ・・・。
とはいえ、お話の内容が気になる気になる(笑)詳しくは、平田さんから聞いてみる事にしようっと。

インタビューの内容は、近々ホームページに掲載していく予定。
中古マンション&自然素材のリフォームを選ばれた理由やお打合せ・工事中の経験談をお伝えできるかと思います。

現在、マンションリフォームをご検討中の方とって、とても参考にして頂けるものになるかと思いますので、ぜひお楽しみになさってくださいませ。

Kさん、本日はお休みのところお時間頂きまして、ありがとうございました!!
今後ともどうぞ、よろしくお願いいたします。

ではでは、またー!!

尼崎市Tさま邸訪問ツアー開催しました


こんばんは、西山です。

今日は先日、名栗加工で有名な大阪の橘商店さんで仕入れた材木で

事務所を改装しました!

IMG_4629[4] IMG_4628[15]

今まで私の作業場が外から丸見えだったので、

お打ち合わせスペースと作業場の間に引き戸を取り付けました。

これで外の人と目があうことはなくなるのは嬉しいですが、ちょっとさみしい..笑

仕切りができたので、お客様がお見えになった際、

視線も気にならずゆっくりお打ち合わせができるようになったと思います。

IMG_4603[4] IMG_4601[4]

さてさて、昨日は事務所の近所にあるお菓子屋さんでおみやを購入し、

リノベーション検討中の生駒市からお越しのTさんご夫婦と一緒に

カリスマ施主、尼崎市Tさま邸にご訪問しました。

IMGP4533[10] IMGP4543[9]

ここは雑貨屋さん?カフェ?

と思うほど綺麗に生活されていて、小物も可愛いものばかり…

惚れ惚れしました。

IMGP4536[17] IMG_4605[5] IMG_2449[5]

見学会のコースは…

玄関のベンチやシューズクロークを堪能→廊下から子供室をWCLを通り抜け

→廊下の可愛い木のクジラやアザラシのオブジェが置いてある本棚を眺め

→寝室で奥さんの書斎をみて→大人用WCLを通り抜け、

パントリーなど見つつ→奥様に人気のモザイクタイルキッチンを眺め

→洗面のカウンターや木製網戸見つつ窓のある明るい浴室見学→リビング!

という感じでいつも見学させていただいています。

IMGP4541[25] IMGP4530[17]

一通り見学した後、Tさんに淹れていただいたおいしいコーヒーと

おみやのケーキをいただきました~!

出てくる食器もおしゃれで、カフェ気分満喫しました笑

IMG_2447[4] IMG_9595[4]

家具もまだない、できたてホヤホヤの完成見学会もいいですが、

実際に生活されている空間に見学させていただくことによって、

収納量、暮らしやすさ、無垢フローリングの傷はどうか? など

イメージが湧きやすくなると思います。

また、OB施主さんから直接お話をお伺いすることができます!

OB施主さんにはお休みの日にご迷惑をおかけすることになりますが..

いつも快くお迎え頂き、ありがとうございます。

カリスマ施主Tさん、お休みの日にご協力くださり

ありがとうございました!

たくさん勉強になりました。また、お邪魔させて下さい。

それでは~!

1 2 3 5 »

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.