木のマンションリフォーム・リノベーション-マスタープラン一級建築士事務所(大阪/兵庫/西宮/神戸/芦屋/宝塚)

『小さなロフトと引き込み障子の小上がり和室のある家』大阪府茨木市


茨木M邸マンションリノベーション

竣工: 2012/03

設計監理: 小谷和也 池田郁夫

写真撮影: 小谷和也

RCラーメン構造

1984年築

71.41㎡

<この家の詳しい設計コンセプトはこちら>

<この物件の工事中のようすはこちらから>

<この物件のfacebook写真アルバムはこちら>

<住み心地インタビューはこちらから>

お子さんの小学校入学を控え、校区内で物件を決めて探されていたMさん。ようやく物件が出てきた、ということで契約前の物件見学からお付き合いしました。面積的にはコンパクトな中でどんなことを考えられるか、がプランニングのキモになりました。

リビングに面する小上がりの和室は昼間はリビングの延長として、夜は寝室として使える兼用の空間とするため、引戸は壁の中にしまえるようにしています。また引戸を開けたり閉めたりすることで季節ごとの調整ができるよう考えました。もちろん床下には収納を設けています。

なるべく風通しと採光を確保することを考え、住戸の南北の窓が繋がるよう、寝室とウォークイン、子供室は一直線に並べています。また玄関にも造作の木製網戸を設けることでさらなる通風確保を図っています。

子供室にはウォークインクローゼットの天井裏を使った小さなロフトを設けました。その他、柿渋和紙や秋田杉の天井板など、色々な材料を使いながらもすっきりとした木の家として設計しています。

<after>壁の中にしまえる障子を持つ小上がり和室やロフトをもつ奥行きと開放感のある木のリノベーション

<before>和室二室が連なり壁付けのL字キッチンがあるいかにもな中古マンション


PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.