この事務所に越してきて早2年半。先日、間接照明の蛍光灯3本のうち1本が切れました。40型蛍光灯の定格寿命が12000時間とのこと。ほぼ一日付けっぱなしなので、朝9時から夜9時ぐらい、最低12時間は付けてるかな。

週休1日、その他休みを15日くらいで日数計算してみると、実働297日。い、一年の6分の5は仕事してるのか・・・ショック。

いやいや、そこでショック受けてる場合じゃなくて、計算してみると、

12時間×(297日×2.5年)=8910時間

あら、どうもこの子、少し早めに切れたようです。どうりで他の2本はピンピンしてるわけだ。

 

↑大阪堺Y邸。ホビースペースから廊下をみる(設計実例ただ今編集中)

プラン提案時にベース照明として間接照明を入れることが多いです。光源が直接目に入らない(グレア防止)し、天井で一旦反射させてから落ちてくる明かりはぼわっとしててあったかい。本当は白熱電球の方がいい色出るんだけど、コストや発熱量、寿命など考えるとやはり蛍光灯をお勧めしてしまう。

なので毎回、事務所のと同じ型番の安い蛍光灯に、電球色の蛍光灯を取り替えたものを使っていて、これがスタンダードになっている。

一般家庭なら、一日8時間付けたとしても、1500日は持つ計算。うまく行けば4年くらいは持つわけだ。白熱電球だとほぼ毎年替えないといけないはずなので、手間は少ない。

施主の皆さん、そういうわけなので4年後は交換宜しくお願いします。
(蛍光灯はON・OFFの回数が多いと寿命が短くなります。あしからず。)

 

ホームセンターに寄ったついでに蛍光灯購入。一本980円也。一昔前だと直管40型の、しかも電球色ってなかなか売ってなかったけど、最近は家電量販店やホームセンターどこでも売ってます。便利になりましたね。

 

 

↑交換前。一本切れてるだけでだいぶ暗い。夜遅くはペンダント消して間接照明だけにしてることが多いので特に暗く感じる。

 

↑交換後。あ、あかるい・・・生き返った感じがするよ・・・

蛍光灯って新しいのと切れかけの古いのでは明るさが違うもんですが、旧2本と比べても明るさの違いは感じない。旧2本のほうが若干端が黒いような気はする。やはり寿命より早く切れてしまったようです。

 

※エコリカHPより写真引用 http://www.ecorica.jp/led/product/spec/def_ecl-l40wh.html

ちなみに最近、LED照明が話題になってますね。液晶テレビもバックライトにLED使ったものが出回り始めたり。実はこの機会にLED照明にしてみようか、なんて少し考えていたの・・・

ちなみに40型だと消費電力は20Wくらいと半分弱に。寿命は50000時間とのことで4倍強になる。半分の4倍ってことは8倍以上オトク?と心が動くも、イニシャルコストは1万円前後。蛍光灯の10倍近くする・・・エコリカにいたっては3万円くらい・・・

いろんなメーカーがあってどれがいいのか良く分からないし、電球色のラインナップも少ないようだ。調べてみるとまだまだメリットは少ないようなのでやめた・・・

大体、器具が2000円ぐらいなのに電灯が10000円以上というのがどうも気に入らない。

・・・きっとこの蛍光灯が切れるころには大手メーカーから安いの出てるだろう・・・(笑)

 

※シャープHPより画像引用 http://www.sharp.co.jp/led_lighting/consumer/select/lineup/standard/index.html

ちなみに事務所内は全て蛍光灯に替えてますが、トイレ照明のみ白熱ダウンライトを使ってます。LED照明も電球形タイプは色々出回ってるので、トイレだけLEDにしてみようかな、と思ってます。

そもそもLED照明はその性質上、ダウンライトとかの方が向いてます。こちらは60型で消費電力7.5W、寿命40000時間、発熱量も圧倒的に少ない。価格も3000円ちょっと。白熱電球と替えるならこれは買いですね。

価格.com – シャープ/SHARP LED電球 DL-L601L (電球・蛍光灯) 通販価格

 

しかし形状的にペンダントライトなどに使うのはまだまだ難しそう・・・
でもこれなんか面白そうです↓

三菱電機 電球形LED電球 パラトン PARATHOM・CLASSIC

価格も2000円前後だし、全体的に光りそうだし、ええやんこれ、と思ったものの、明るさが10W電球クラス・・・く、暗すぎる・・・どっちにしてもLED照明、まだまだ時間が必要な分野ですね・・・

2009年12月9日