ツイッターでは実況中継しましたが(笑)、先週末、財団法人 日本住宅・木材技術センターさんのマンション内装材開発提案の成果発表会に行ってきました。場所は江東区門前仲町。

久しぶりに人前で話しましたので緊張しました・・・あくまで開発成果発表ですので、やったこと説明すればいいだけなんですが、他の方の説明があまり面白くなかったので(失礼)、私は皮肉も含めて少しセミナー風にしてみました。

現状の考察と問題点のあぶりだし、その解決方法という流れで・・・時間オーバーだったことは言うまでもありませんけど・・・最低1時間は欲しい(笑)写真は住木センターの品川さんに頂きました。スーツがいつまで経っても似合いません・・・

発表後、いろんな方と名刺交換させて頂き、新しい出会いも頂けて、とてもよい経験になりました。いつも取り上げてくれる住宅新報のKちゃんもいたりして(笑)

住木センターさん、いろいろありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。

 

↑木材会館といえば、日建設計さんが手掛け去年竣工した新木場の建物が有名。できればそちらに伺いたかったんですが・・・旧館のほうでした・・・残念・・・(ヒノキ角材をファサードに使ったビル。国産材を1000立米使ってるそう。詳しくはこちら

 

今回、マンション内装材に国産材を取り入れるための開発提案を支援する、というのが住木センターさんの狙い。その開発に補助金を出してくれる、という話を聞いて、バタバタと資料を作って提案書を送ったのがつい先日のような気がします・・・

それから半年、短い期間に相当詰め込んだ形になりましたけど、とても有意義な研究開発となりました。いや、まだ終わってはないんですけども。ほぼ固まってますが、製品化するまでもう少し時間が掛かりそうです。丸岡材木さんと共同で販売もしていく予定ですので、もう少々お待ち下さい。

2010年3月15日