今日はお昼から、先日からお伝えしておりました三田市Fさん邸マンションリフォームの完成見学会でした。

その前に私は、一昨年にマンションリフォームをさせて頂いた東灘区のMさん邸へ。

DSC_5909

リフォーム工事をしてくれた工務店さんと一緒にメンテナンスにお伺いして来ました。

水周りの配管、建具の上吊レールやハンドルなどの確認をし、不具合のある箇所は調整をさせて頂きました。

また、お引渡しから2年半ほど経ち、既存使用していたユニットバス水栓が故障がちだそうで、
取替えのご相談も頂きました。

その他、杉床や建具の汚れ・キズなども確認しましたが、やはり大人だけのお住まいだけあってとてもきれいでした。

DSC_5904

お引渡しから約2年半が経った杉床は、すっかりと飴色に変化。
杉床の表面も、Mさんの足裏で磨かれてツヤツヤとし出している状態です。

本日、対応出来なかったメンテナンス内容は年明けに、仕切り直しさせて頂く事になりました。
Mさん、ユニットバス水栓の品番等調べますので、少々お待ちくださいませ。

DSC_5951 DSC_5945 DSC_5940 DSC_5935

さて、お昼からは三田市に移動して、Fさん邸マンションリフォーム見学会。

まず、完成見学会開催にご協力下さったFさん、本当にありがとうございました。

そして、寒い中お越しになられた皆さま、杉や桧など日本の木や素材をふんだんに使用したマンションリフォームはいかがでしたでしょうか?

杉材の香りや柔らかな手触りなど、実際に体感してみないと分からない事がたくさんありますので、自然素材を使ったリフォームを検討されている方にとっては、参考になったのではないかと思います。ご参加頂き、本当にありがとうございました。

DSC_5956 DSC_5944

三田市Fさん邸マンションリフォームで一番の人気スポットだったのが、やはり小下がりタタミスペースと小上がり寝室。

もちろん、小窓や杉ガラス格子など細かな大工造作がある箇所も、ご覧になられている方がたくさんいらっしゃいましたが、大体最後はタタミスペース・寝室でのんびりされていましたね。

しかも、タタミは座り心地が良く、寝室は腰かけやすいので、皆さん本当にゆっくりと過ごされていたように思います。

                  DSC_5958

上の写真は、現在マンションリフォームお打合せ中のMさんご家族と、先日ご自宅にお伺いしたNさんご家族。そして、小谷。

タタミスペースと寝室との繋がり方が、すごく良く分かります。
壁の中に引き込まれた障子を閉めると寝室は独立した空間になりますが、こうして障子を開け放っているとLDKの一部に。

こう考えるとFさん邸もほぼ1LDKの間取。Fさんご夫婦の為の素敵な木のお住まいに仕上がった様に思います。

お引渡しは来週となっていますので、それまでに本日確認して頂いた箇所の手直しや杉床・建具のミツロウワックス塗りを行ってもらいます。

木の住まいを更におめかしさせて、Fさんにお渡ししたいと思います。

                   DSC_5974

完成見学会が終わってから、Fさんに温かいコーヒーを入れて頂き、一段落。

私もここでゆっくりと寛がせて頂きましたが、天井高や照明の照度も調度良く、この空間の居心地の良さを実感する事が出来ました。小下がりタタミスペース・・・癖になりそうです(笑)

その後、図面や杉テーブルなどを車に積み込み、現場撤収。
お休みのところ、長時間お付き合い下さったFさんご夫婦には本当に感謝致します。

お引渡しまでもう数日お付き合いくださいませ!

2011年12月10日