DSC_5781

10月にお引渡しした横浜M邸。築43年、66㎡ほどのご夫婦お二人のお住まいです。

 

22MP松下邸befoer (22)9MP松下邸befoer (9)16MP松下邸befoer (16)7MP松下邸befoer (7)

<before>

この年数によくある、和室2室を持つ田の字に小割りされたプラン。部屋数は稼げるけれど、狭く感じるうえに、暗い。寒さや使い勝手でもお悩みでした。

シングルやディンクスのお住まいでは、水周りや玄関をまとめ、残りをほぼワンルームにするプランが比較的多いです。今回も大きくはその方向性で進めましたが、浴室が在来工法のため移動が難しいこと、排水配管が下階天井裏配管であることなど、水周りの移動はほぼ不可能だったため、水周り位置は動かさずにプランを計画する必要がありました。

なるべく大きなLDKを整形で取りたいところですが、全体のボリュームが大きくないため、ウォークインクローゼットや収納、たくさんお持ちの書籍をしまう本棚はどうしてもLDKに出っ張ってこないと納まらない。

 

DSC_5817DSC_5882

そこで、正方形に近いLDK空間に、本棚に包まれたウォークインクローゼットを天井を繋げつつ入れ子構造ではめ込みました。こうすることでLDKの開放感を損なわずに収納スペースを確保しています。また全面を本棚とすることで、部屋ではなく家具のように見せることができ、圧迫感を抑えられます。

 

_97w0132_97w0129

このワンルームはリビング、ダイニング、キッチンのほか、小上がりの畳スペースをベッドとして設けることで寝室も兼ねています。これもよくやる手法ですが、布団の収納をどこにするか、は考えておく必要があります。

また、大きな空間で快適に眠るためには暑さ寒さの対策は必須。寒いと寝れません・・・なので断熱改修はセットで考える必要があります。今回も壁には45ミリのフェノールフォームを施工、開口部にはペアガラスをはめ込んだ内窓と、断熱ハニカムブラインドを合わせて使うことで断熱性を確保しています。

まだ住まれて数ヶ月ですが、リビングはリフォーム前の状態とくらべかなり暖かいとのこと。暖房なしでも室温は20度程度はあるようで、『冬のあいだずっと素足でいけるかも』と言って頂いています。

こういう喜びの声を頂けると、うれしいですなぁ・・・

2013年12月17日