現在工事進行中の西宮名塩I邸『障子と珪藻土を使ったサンルームのあるメゾネットの家』、着々と工事は進行中。来月半ばには久しぶりの完成見学会を予定しています。思えばこのマンション、昨年のKさんに引き続き2件目、その他何組かご相談を頂いていて、縁の深い物件となってます。

とここまで工事進んでいながら、いまだどういったリノベーションなのかご紹介できてませんでしたので、ここで完成予定のパースを交えてご紹介。

 

この物件、メゾネットなんですが、玄関やLDK、水周りは2階部分にあって、1階に2室がある、という構成になっています。今回はコストを考えて2階部分の全面改修となります。壁式構造のため間取りの大幅変更は難しく、また配線がほとんど埋め込みという、非常に難易度の高い物件・・・

左は玄関周りのパース、床をいつもの吉野杉フローリング張りとして、玄関収納を増設しています。奥の扉奥がLDK、左手が水周り、右手が下階への階段となっています。階段の仕上げは既存のカーペット張りをそのまま活かし、壁のみ珪藻土塗りに変更する予定です。

 

で、この階段は2階部分が全面ガラス張りでルーフバルコニーに繋がっています。初めてこの物件を見させてもらった際、ここが一番気持ちのいい場所だなぁと感じました(夏や冬の暑さ寒さは別として・・・)。と同時に、すごくもったいないなぁ、とも思ってしまいました。

というのもリビングと階段の間には腰窓のみで、この明るさや開放感はリビングに取り込めていなかったんですよね。また高さ的にも窓拭きなども大変だろうし・・・それと奥さんが観葉植物好き、というのもポイントとしてありましたので、この階段上に床(サンルーム)を作ったら気持ちいい空間ができないだろうか、と考えたところからプランニングが始まっています。

 

リビング側から階段側をみたところ。左が工事前、せっかく明るくて開放的な空間なのに、窓が小さいから暗い・・・壁式構造なので抜ける壁は限られてますが、窓が付いている部分は床まで木下地だったため、窓と壁を思い切って撤去し、階段スペースとリビングを一体の空間として扱います。この壁を抜いてから現場はかなり明るくなりました。

 

 

こちらが完成イメージ。階段とリビングの間を抜いてしまうことで、気持ちよさと同時に暑さや寒さもリビングに来てしまうわけです。そこで障子を設けて、通常は光だけは通しながら空間を分けられるように考えました。この障子、両袖の杉羽目板の戸袋に引き込まれるようにしてあります。この戸袋はスイッチやコンセントの配線スペースでもあります。リビング入り口とも鴨居を通してあるので水平方向にすっと視線が繋がりすっきりした空間になっています。

 

で、この障子を開けた先にサンルームを設置しています。といっても、階段の上り下りに支障のないよう、左側の障子の奥だけに床を作ってあります。右側の障子の奥はそのまま階段なので、子供が落ちないよう、高い位置で施錠できるように考えています。

階段室の窓の下側にサンルームの床を合わせることでできた段差をそのままリビングまで持ち込み、ベンチのような収納兼、TV台としています。障子はアクリル板に和紙を張ったワーロンプレートを落とし込んであるので、断熱性、耐久性とも優れています。

 

< p>サンルームはこんな感じ。階段側にはポリカーボネートをはめ込んだ転落防止用の手すり。上部には物干し竿を掛けられるフックを設けてあるので、洗濯もの干し場としても機能します。植物を育てる場として、さらに窓拭きも問題なし。

サンルーム床はフローリングより厚めの35ミリの杉板を使います。当初はスノコ床にしようかとも思ったんですが、ホコリなどが落ちるだろうということで板材で作ることになりました。

 

リビングを見たところ。もともとは隣り合わせで和室が一室、その北側がキッチン、という構成。その和室を撤去して、ダイニング兼フリースペースとして再構築させています。壁は全て珪藻土塗り。断熱性向上と結露防止のため内窓をペアガラスで設けています。

 

工事前のキッチン。このキッチンと和室の構成はK邸とほぼ同じ。和室に南側を占領され、勝手口はあるものの細長い形状のために昼間でも照明つけないとやはり暗い。キッチンを明るくしたい、という奥さんの要望でしたが、調べたところ壁を全て撤去できたK邸とは違い、和室とキッチンの取り合いに半分ほど抜けないコンクリート壁があることが判明。これは相当悩みました・・・

 

ということでウンウン悩んだ末考えたのがこちら・・・もともとリビングからキッチンへの入り口だった部分をまたぐようにL字にキッチンを配置して、リビング側には収納棚を設け、小窓のカウンターキッチンのようにしてみました。これなら南側の窓からの光が届きつつ、リビングとも繋がるためコミュニケーションも取りやすくなるのでは、というアイデアです。

もともとキッチンと勝手口があった場所は仕切ってウォークインクローゼットとしています。暗いところは収納、明るいところは居室、という当たり前の配置に戻した状態ともいえます。キッチン背面には食器収納を作りつけています。もちろんキッチンもいつものシナ共芯合板の大工さん手作りキッチンです。

 

ダイニングキッチン周りはこんな感じ・・・もともと和室だった部分を縦に割って、手前をダイニング、奥をフリースペースとしています。フリースペースは引き戸で区切れるようになっていて、当面は収納や趣味の空間、将来的には子供室としても使えるように。

・・・ということで、図面なしで伝えるのがやっぱり難しい・・・現場も施工図も大変だったようですし、やはりややこしい物件には違いないようですが、来月の久しぶりの見学会が楽しみです。その前にIさんと珪藻土塗りもやろうと思っています。お楽しみに。

2011年6月20日