DSC_8048 DSC_8051

小谷です。今日は『杉床とコルクタイルを使った団地断熱リノベーション』神戸市垂水区NさんちにOBインタビューにお伺いしてきました。築38年の団地をスケルトン状態から、断熱や遮音性能も確保した意欲的なリノベーション。その後の団地リノベーションの考え方の礎ともなった物件。

打ち合わせ当時のお話から現在の住み心地まで色々お伺いしてきました。壁一面に設けたワークカウンターと壁面収納はこれでもか、と隅々まで使い尽くされていました。

 

DSC_8099 DSC_8069

最近、団地に関するコンテンツをまとめましたが、お問い合わせは相変わらずちょこちょこいただく団地リノベーション。団地に育てられた生粋の団地っ子の私としては非常にうれしい。

コストのお手頃感やストックの多さを考えても、もっと活用されてしかるべきという思いはありますが、壁式構造や配管問題をはじめハードルが多く存在することもまた事実。やはり、普通のマンションよりリノベーションしにくいことだけははっきり断言できます。

Nさんはじめ私たちにリノベーションをご相談いただく方は、わざわざ団地を選ぶのではなく、もともと近くにお住まいで、その団地のことを環境や雰囲気はじめよく理解されていて、校区やコスト面から選択される、というケースが多いですね。

Nさんちのケースでは、床下の空間があったことや耐力壁が少なめだったことが幸いして、なかなか自由度は高く設計できたほうだと考えていますが、要は同じ団地、といっても、物件によってかなりの差があり、それがリノベーション内容にダイレクトに影響してくる、ということだけははっきりしてますね。

 

DSC_8081 DSC_8071

壁にも断熱材、窓もペアガラスの内窓設置を行った効果はかなりでているそうで、冬はかなり暖かく、夏はエアコンの効きがすごく、消してもかなり長時間冷気を持続しているようです。団地でもしっかり断熱改修することで温熱環境はかなり改善することが実感できました。また今くらいの気持ち良い時期の風通しはかなりいいとのこと。

また二重窓の効果で外の音が入ってこないため、室内が非常に静かで救急車が近くにきても気づかないくらいとのことで、これは内窓あるあるですね。ちなみに救急車を頻繁に見かけるのは団地あるあるともいえますが・・・(汗)

目下の問題は、内窓を付けにくい小窓と、鉄の玄関ドアの冷え込みや結露をどう止めるか、ですね。これに解決策が見つかれば熱的環境は更に改善すると思います。

 

DSC_8076 DSC_8095

Nさん、お休みのところ色々貴重なお話を聞かせて頂いてありがとうございました!Kちゃん、変なおじさんの相手してくれてありがとうね(笑)

インタビューのようすはまたホームページにてご紹介していきたいと思います。おたのしみに。

さて、次はどのOBさんちに行きましょうか・・・

2014年4月19日