IMG_4092IMG_4100IMG_4095

小谷です。今日は先日見学会をさせて頂いた芦屋N邸のお引き渡しでした。まずは引渡し前恒例の蜜蝋ワックス塗りです。施主のNさんと工務店さんにも参加頂いて、カウンターや格子、造作家具などにワックス塗っていきます。もちろん私も手伝ってます。汗だくでタオルは欠かせない・・・

最近定番になってきたブラックチェリーのカウンター。蜜蝋ワックスを塗りこみ、細かめの紙やすりで磨くと渋い色合いとツヤが出てきます。これでようやく家が仕上がっていく感じですね。

 

IMG_4101IMG_4112

その後、器具の保証書や木材エコポイントの書類、お引き渡し関連の書類をお渡ししました。窓を開けると風が通り抜けて、洗面や廊下も風が抜けていることが確認できました。いつもお引き渡し前は色々実験するんですが、マンションは間取りで風通しを変えられる、というのは肌感覚として身についてきました。

では、見学会の合間に撮った完成写真で設計内容を少しご紹介。

 

DSC_4974

after

DSC_6655

before

もともとは細切れに部屋を区切った物件でした。狭いLDKの横に和室、という間取り。ここを完全にスケルトンにして、壁は全て断熱改修、木毛セメント版の乾式二重床に杉フローリングの大きなワンルームのような空間にしています。格子の奥が寝室。その奥は収納、これからカーテンを付けられる予定です。視線が端から端まで抜ける伸びやかな空間となっています。左手通路が廊下、玄関に繋がります。

 

DSC_4983

after

DSC_6697

before

寝室は天井も杉羽目板としています。壁付けの照明はご主人こだわりのルイスポールセンのPH hat。初めて使いましたが光源が見えず壁の反射光だけで照らす柔らかな光が非常に面白いです。高いですが・・・

 

DSC_4997

after

DSC_6644

before

キッチン方向。もともと壁付けだったキッチンを対面式に、壁側は食器棚として再構築。右手の通路はトイレと洗面に繋がります。

 

DSC_5024

天井高を梁に合わせてぐっと下げた水回りへの動線。ここは天井も珪藻土にしているので洞窟のような感じで面白い。右手がトイレ、突き当たり右が洗面の入り口、突き当たり左に洗濯機置場、その横はキッチンへの動線です。行き止まりを作らず、なるべく廻れるようにするのがマンションで広さを感じさせるプランのポイントです。今回、この廊下が高級旅館っぽくて個人的に気に入っています。

 

DSC_5038

after

DSC_6709DSC_6710

before

廊下は幅をかなり大きく取って、絵を飾れるギャラリー
スペースとしても機能させています。天井はここも杉羽目板。天井中央付近にレールが見えますが、ここに引込戸を仕込んでいるので玄関を極小空間として閉じられるようにして寒さ対策をしています。いつも廊下は小さく狭くすることが多いので、なんか新鮮な感じです。

DSC_5042DSC_5046

玄関横はこちらも引込戸の靴収納。奥行きがあるのでアウトドアグッズもしまえます。逆側はご主人の趣味スペース。自転車が置けるように土間空間に。テラコッタタイルを敷き詰めています。奥の窓際はパソコンカウンター。

 

DSC_5067DSC_5080

パソコンカウンター前の窓はペアガラスの内窓+ハニカム断熱ブラインドの定番の組み合わせ。北側の窓はなるべく断熱補強することで寒さを抑えることができます。奥は洗面への動線。こちらも土間を介してぐるっと廻れるようになっています。洗面台はブラックチェリーの天板に置き式の洗面台、という定番スタイル。収納もサイドに設けています。奥に洗濯機スペースが見えています。

 

DSC_4991

今回、壁の珪藻土の質感と色を変えてみました。天井の白との差が分かるでしょうか。ちょっと冒険ではあったんですが、見学会でも非常に好評でした。なんか少し大人な感じといいますか・・・もちろん、白に比べると室内がちょっと暗くはなるので、ご主人と照明の明るさや陰影についての考え方が似ていたといいますか、共感できる部分が多かったおかげで達成できたことと言ってもいいかもしれません。これからなるべく提案していこう・・・(笑)

 

DSC_9468

ということで設計内容の紹介終わり。最後に集合写真をパシャリ。Nさん、長い間お付き合いありがとうございました。そして完成おめでとうございます。

暑い時期の引っ越しで大変とは思いますが頑張ってください。また何かありましたらご連絡頂ければ対応させて頂きます!(ご主人、体調大丈夫でしょうか・・・お大事に)

2014年8月6日