木のマンションリフォーム・リノベーション-マスタープラン一級建築士事務所(大阪/兵庫/西宮/神戸/芦屋/宝塚)

木のマンションリノベーション 主な工事の流れ


ここでは、私たちの木のリノベーション工事の主な工程についてご説明します。近隣の方への工事説明などの参考にもお使い頂けるよう、近隣への影響(騒音やニオイ)のほか、参考として簡単な工事期間も書かせて頂いています。

 


1 養生工事

250758_195432073922572_2001176353_n297712_195433923922387_1100009537_n

<工事内容>

全ての工事を行う前に、住戸へと続く共用廊下、搬出入に使用する階段、エレベーターの内部など、傷が付かないように保護シートなどで養生いたします。養生方法や養生場所などは、マンションの管理組合、管理人さんに規約や独自のルール等を確認して行います。

通行量の多い廊下などはシートが劣化したりすることもありますので、定期的に交換します。風などを受けて巻き上がったりすることのないように定期的に確認します。

<近隣への影響>

騒音やニオイなどの発生はありません。

<工期>

半日~1日

 


2 解体工事

d0171141_20385056d0171141_21201615IMGP1697IMGP1720

<工事内容>

住戸内部の石膏ボードと木材でできた壁や天井、床のフローリングのほか、キッチンや洗面台、ユニットバスなどの設備を解体、撤去します。コンクリート躯体は触りませんので、建物の強度や耐久性といった構造に影響することはありません。配管なども撤去し、新しいものに交換します。

<近隣への影響>

撤去の際にボードを叩く音や、剥がす音、電動ノコギリなどを使う音や振動が発生します。特に玄関土間やキッチン壁タイルなどの撤去の際にはかなり大きな音と振動がありますが、数時間で終わります。石膏ボードを粉砕した際の粉などが発生しますが、ニオイ等の発生はありません。

なるべく音が響かないよう、廃材や工具をスラブに落とさない、窓は閉めて工事を行うといった配慮をしています。また廃材の搬出に関しては、小分けにしたうえ、台車に載せて出すことで共用部分などを傷つけることがないよう配慮しています。

<工期>

約一週間程度

 


3 給排水配管工事

IMG_7040IMG_7042IMG_7053

<工事内容>

キッチン・洗面台・洗濯パン・トイレ・ユニットバスのほか、給湯器への給水、給湯、排水配管の敷設と接続を行います。既存の配管はなるべく新しいものに取り替えます。給水、給湯配管については漏水の可能性が少なく、耐久性も高い樹脂ヘッダ管を使用します。

<近隣への影響>

配管を固定する金物の留め付けの際、インパクトドライバーを使う音が発生します。配管の接続の際に接着剤を使用しますが、微量なのでニオイはほとんどありません。

<工期>

1~3日程度

 


4 乾式二重床工事

522079_396527327068430_2088097071_n196528_199655116833601_368973653_n

nijyuyuka01d0171141_0143122d0171141_1458335

<工事内容>

無垢の杉床材をマンションで使う際に、LLー45(⊿LL ー4)以上の軽量衝撃音低減性能を持たせるために、乾式二重床(かんしきにじゅうゆか)という床下地を施工します。レベル調整のできる脚で床を支えることにより水平な床面を構成します。

一般的なパーティクルボードを使った商品ではなく、国産ヒノキの繊維とセメントを固めた『木毛セメント板』という素材を使った『ジャストフロア(竹村工業)』という商品を採用しています。比重が高いため遮音性能が高いこと、水に対して強いこと、吸放湿性能を持つこと、セメントのアルカリ性によりカビが生えにくいことなどが特徴です。重量があるため、小分けにしながらエレベーター等で搬入します。

<近隣への影響>

木毛セメント版を切断する際の電動ノコギリの音、ビス止めする際のインパクトドライバーの音などが発生します。木毛セメント版に含まれるヒノキの匂いが発生します。

乾式二重床の施工後は床の遮音性能が高まるため、階下への騒音や振動が大きく低減します。

<工期>

約3~5日程度

 


5 杉床張り工事

sugiyuka01sugiyuka02

IMGP2495IMGP2492DSC_6570

<工事内容>

乾式二重床の上から杉床を施工していきます。幅21.5センチ、厚みは3センチです。4辺全てに実(さね)と呼ばれる凹凸がついており、相互に噛み合わせながら敷いていきます。実の部分でビスを使い下地に固定しています。節の少ない綺麗な材はリビングなど目につきやすいところへ、節の多いものは収納やクローゼットなど目立たないところへ、という木配りを行っています。

一般的な杉床材は4mと長いものが多く、搬入の際に階段を使う必要があり危険なため、長さは1.8mとしてエレベーターで安全に搬入できるようにしています。また実の形状を丸くして施工しやすさを向上させたり、幅を大きくして施工枚数を減らすことで、はめ込む際の叩きこみの回数を少なくし、騒音が減るような工夫を行っています。

杉フローリングについて詳しくはこちら

<近隣への影響>

杉フローリングを切断する際の電動ノコギリの音、下地にビス固定する際のインパクトドライバーの音、はめ込む際に金づちで叩く音などが発生します。杉材のニオイが発生します。

<工期>

約4~6日程度

 


6 大工工事

IMG_7751IMG_5115IMG_5289

CA3C0021IMGP0525DSC_0228

<工事内容>

壁や天井などの木下地組み、石膏ボード張りのほか、鴨居や窓枠といった枠材の施工、カウンターや造作家具などの施工を行います。工事の中で最も時間の掛かる部分です。

<近隣への影響>

部材を切断する際の電動ノコギリの音、ビス固定する際のインパクトドライバーの音のほか、空気圧で動く工具の動力としてのコンプレッサーの音が発生します。ノミなどを使う際などの金づちの音も出ます。

<工期>

約7~8週間程度

 


7 左官工事

DSC_8279IMGP0620IMG_0644

<工事内容>

壁に珪藻土と呼ばれる材料をコテで塗っていく作業です。使用する珪藻土は日本ケイソウドのエコクイーンという商品になります。枠周りや床、家具などの養生作業から始まり、下塗り、上塗りの順で工事が進みます。

塗り壁材について詳しくはこちら

<近隣への影響>

騒音はほとんど発生しません。接着剤として海藻糊が使われているため、作業中は浜辺のような磯臭いニオイがします。

<工期>

1週間程度


PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.