先日の住木センターさんの発表会で名刺交換させて頂いた札幌の材木店さんからご丁寧なメールを頂きました。

札幌は寒いので結構マンションが多い、というのは以前問い合わせ頂いたお客さまから聞いたことがありましたが、私、北海道はまだ一度も足を踏み入れたこともない場所なので、よく分かってませんでした。

今回、札幌在住の方の貴重なご意見を頂きました。なるほど~という点がありましたのでご紹介したいと思います。

 

<札幌のKさんから頂いたメール>

(前略)さて、札幌の住宅事情ですが、かなりマンションは人気があります。
地方にいる人は札幌信仰があります。道内人口は減少傾向にありますが、札幌は横ばいで、今後も横ばいで推移すると予測されています。

地方から札幌に移住してきた人が家を探すとき、戸建てはかなり交通の不便な分譲地か、古い住宅街の売りに出たところを探すかと言う選択になります。
もう交通の便の良い一戸建てはありません。
古い住宅街の一戸建ては、そもそも探すのが大変な上、どんどんアパート・マンションに変わっていっています。

●なるほど、このあたりは阪神間と変わりませんよね・・・私、こんな仕事しながら言うのもなんですが、 市街地で土地を買う、というのは本当に大変で無理があることだと思っています。

戦後まで、市街地は借家がほとんどだったわけです。土地を自分たちで買う、なんて一部のお金持ちだけの贅沢だった。ニューヨークとかパリもそうですよね。住宅といえば賃貸とかアパルトマンです。日本だけですよ、一生掛かるローン組んで高い土地を買うのは・・・これは戦後の国の施策ミスだ・・・というのは宮脇檀先生の受け売りです(笑)

 

また、札幌に住んでいる人でも「年を取ったらマンション」と言う考えがあります。
雪対策です。除雪はかなり重労働ですが、マンションなら管理組合で一括して業者発注。雪が降っても、朝起きたら既に業者が雪かきを終えています。

●阪神間でも老後はマンションに、という動きが増えているそうですが、さすが札幌、雪かきは確かに大変そうですよね、やったことないけど・・・そういえば今年の冬は雪ってほとんど見てないなぁ。

 

住宅価格が落ちていることもマンションブームを支えています。
新築マンションであっても家賃よりもローンの方が安いという状況です。

●阪神間で新築となるとなかなか家賃より安いことはまれでしょうけど、駅から離れるとありますよね。ふむふむ。

 

ですが、マンションが良くてマンションを選んでいるわけではないような気がします。
消去法の結果、マンションが残る。

「こだわりの家」でマンションが出てくることはないですし、事業者でも「こだわり」が売りのところはマンションは全くやっていないような状況です。マンション・リノベーションは需要は大きいのにだれも手をつけていない市場です。

●なるほど・・・特に広い一戸建てで暮らしてきた方はマンションにアレルギー持ってる人多いですからね・・・せっかく木が豊富な北海道、道産の木でリノベーションとかいいでしょうね・・・

 

(中略)また、是非、北海道へもお越しください。2×4は北海道は先進地ですし、
高気密・高断熱も同様です。山も木も加工場たくさんあります。

LEDを試したくなるとか、はずした吊り棚を捨てられないとか、
“その気持ち、わかる”と思って読ませていただきました。
いろいろ共通点もありそうです。またお会いできればありがたいです。
よろしくお願いします。

●Kさん、そこ共感してくれるとは、嬉しいかぎり(笑)
ありがとうございます。
私、北海道行きたいです!でも季節は夏にしますね・・・

 

総務省のサイトで調べたところ、やはり北海道の共同住宅率は高いみたいですね。全国で10位で41.1%。京都や宮城よりも高い。それでも全国平均の41.7%よりは低いよう。ちなみに兵庫は46.5%で6位。沖縄が53.4%とかなり高い。

 

政令指定都市(東京23区含む)の上位10都市でもグラフ作ってみた。なんと札幌は神戸や横浜よりも集合住宅率が高い。23区よりも福岡のほうが高いのも興味深い・・・

Kさんと話したのですが、北海道の鉄筋コンクリート建物は内部結露が本当にひどいらしい。
そのあたりも何か新しいことできたらいいなぁ。またいろいろ教えて下さい。よろしくお願いします。

2010年3月18日