八ヶ岳の家/丸山弾(2022)

先日のyoutubeライブのゲストだった建築家の丸山弾さん。その実作が八ヶ岳で完成したとのことで、東京2泊3日出張と無理やり組み合わせてお伺いしてきました。

初日が田端で解体現場打ち合わせと浦和で採寸、そして翌日、雨の中朝からレンタカー借りて3時間、八ヶ岳に到着。標高1600m、六甲山よりだいぶ高い高地、まず気温が全然違う。下界は30度越えで暑かったのに15度くらいで寒いくらい。さすが避暑地だなぁ。

カラマツ貼りのシンプルな家形。開口も絞ってあり、基礎と壁の取り合いも非常にすっきり。こういうシンプルな形状でしっかり見せるには設計者の技量が相当必要。やっぱただもんじゃないな、とここで分かります。

室内はあんまり載せないで、とのことだったので少しだけ。室内はとにかく無駄なものをどんどんそぎ落としていくことで、意識は全て開口と外の景色に向かいます。建築ってどんなに頑張っても自然の眺望には勝てない、というのは伊礼さんの箱根山のマンション見させてもらった際も感じましたが、マンションリノベをやってる私としても考えさせられるところ。何しろ、眺めがいいことってそんなにないので・・・

同行した仲間たちも興味津々で質問攻めです。

youtubeライブでも話題になった、手作りダウンライト。この納まりはえぐいです。私は気が小さいのでこんなの大工さんに頼めません・・・笑

とってもシンプルなのに質感の高さを感じるのは、細部のディティールがしっかりしているからなんだな、というのが分かる、変態的な納まりの数々。ずっと見てられるやつ・・・

ちょっとよく分からない窓辺のおじさんの写真をいくつか・・・学年でいうと私の一つ下の丸山さん、同学年には、温熱の権威にyoutuberに某建築雑誌編集長と濃いメンバーがずらり。

M世代(と勝手に呼んでいる)のギラギラした面々の中で、弾ちゃん(と勝手に呼んでいる)は異質というか、ほんとにストイックで、張りつめているけれど柔らかいというか、そんな引き算の設計ができる人だなと思います。私はもう足し算だらけですので、大いに勉強させていただきました。弾ちゃん、ありがとうございました!

八ヶ岳からの帰り道の風景。先導してくれた弾ちゃん、何度も止まっては景色を撮影、に付き合う一行。

めちゃ遠かったですが、行ってよかったですほんとに・・・快適すぎてもう帰りたくないと思わせる魅力のある場所でした。また行きたい。