木のマンションリフォーム・リノベーション-マスタープラン一級建築士事務所(大阪/兵庫/西宮/神戸/芦屋/東京/横浜/埼玉)

blog

もったいないので再利用してみた


先日お引渡しの終わった東京Y邸。もともと新築だったため、新品なのに外して捨てないといけないものが結構ありました。洗面台は無事にYさんの知人宅にお嫁に行ったのですが、外す予定の吊戸が2箇所。左が洗面の洗濯機上の棚、右はトイレの収納。

『もったいないよねぇ~』とYさんと話してたのですが、使い道も思い浮かばず、とりあえず工事中工務店さんが保管してくれてました。で、先日着払いでとりあえず送ってもらいました。預けっぱなしも申し訳ないし、まぁ何か使い道はあるかと・・・

 

今打ち合わせ中の方に話してみようか、それとも情報誌で引き取り手探してみようか、なんて言ってたのですが、やはり取り外しの際に付いた傷やビスの穴が開いてたりして、しかもサイズが結構微妙でどうしたもんか・・・

と、そういえば事務所の小物収納が圧倒的に不足している現状を思い出し、スキマの寸法測りつつ、何か使える方法はないかと思案。そしてちょうどよいデッドスペース発見。ゴソゴソ・・・おっ、本棚の横のスペースにぴったり♪

 

というわけでトイレの棚はサンプル収納兼飾り棚に・・・天板には鳥取で買った智頭杉のランチョンマットがこれまたぴったり。取っ手がないと開けにくかったので、これまた買いだめしていたIKEAの引き手を付けてみました。本棚と素材が似てるので全く違和感がない・・・ビスの穴もちょうど隠れますし・・・

スタンド照明とシェフレラ、お客さんに頂いた時計とミニカーがよい感じです。Yさんに頂いた吊戸でYさんに頂いたミニカー飾れるスペース作れました・・・タイルやら断熱材やらアクリル板やら、細かいサンプルがすっきり納まりました。ありがとうございます。

 

続きまして、洗面の棚ですが・・・こちらは結構大きくてなかなか良い場所がない。悩むうち、そういえばマイデスクの横にサイドデスクが欲しいなぁ、なんて考えてたことを思い出しまして、出来上がったのがこちら・・・

天板はスギの集成材の端材で。こちらも引き手が無くて不便だったのでこれまたIKEAで安さのあまり衝動買いしていた引き手を。小口につけるタイプ。なかなかすっきり。

無印のアロマディフューザーライト置いて、雑然としていたデスク周りも片付いて、なかなかよい感じになりました。Yさん、有効に活用させてもらいました。感謝。

やっぱり新しいもの捨てるのってもったいないですもんね・・・こうやって一手間加えて再利用するのは昔から好きでした。古着とかも。

やはりリノベーション向きなのかも知れません、私・・・たぶん関係ないですね・・・

おひきわたし(ポールセンと九品仏と卵の黄身)


昨日はケイオプティコムのONUの電源が入らなくなってしまい、朝からネットが不通。光電話のため電話も繋がらない。工事が混みあっていて結局復旧は夜になってしまいました。昨日お電話頂いた皆さまご迷惑をお掛けしました。

 

先日、東京世田谷Y邸のお引渡し&写真撮影を行ってきました。ワックスが塗られて艶っぽくなった愛しのスギ床ちゃんと、この道20年の左官屋さんが仕上げた絶品の珪藻土壁。見事な仕上がりでしばし感動・・・施主のYさんにも喜んで頂けて感激ひとしおでした。

 

ダイニングのペンダントライト。私が写真撮影したいとYさんに無理を言って早めに持ってきて頂きました。ルイスポールセンのトルボー220です。三層吹きガラスでできた美しいフォルム・・・建築家にもファンの多い名品。素敵です。

このランプ、密かによく提案しているんですけど、コスト面で泣く泣く却下になることが多くて・・・今回はYさんと趣味がぴったり合い、良かったです(笑)

 

照明が一つ入るだけで空間がビシッと引き締まる気がします。とりあえず写真撮影用に一つ買おうか・・・と悩んでるところ。撮影以外は事務所で使えばいいし・・・と言い訳考えないとなかなか買えませんが・・・

 

その後、Yさんの案内で街をぶらぶらと歩きつつ東急九品仏駅まで向かいました。東京に行く機会は多いですが駅から目的地までの往復になるケースが多くて、こういうぶらり旅はとっても嬉しいです。

『九品佛』と書いて『くほんぶつ』とよみます。街全体がしっとりして奥ゆかしくて素敵。人気があるのが分かります。交番まで洒落てます。『なんで交番撮ってるの』とYさんに突っ込まれました・・・おのぼりさんだからです・・・

 

九品仏駅前のCAFE ツチオーネさんに入りました。大地を守る会というオーガニック食材を扱う会の直営店だそうで、フードマイレージを表示する全国初のお店なんだって。床は無垢材(仕上げなしのパインかな・・・と思ってたら、道産カラマツだそうです)、テーブル(こちらは国産ナラ)やソファもゆったりしてて畳スペースもありとてもくつろげました。好みのお店です。

 

ちょっと早いけどご飯食べちゃおう、みたいなノリになりまして(私がそんな顔してたんだと思います)、カフェタイムメニュー頂きました。

左は監督の小西さんが頼んだ本日の干物ご飯。右は私が頼んだ平飼卵のたまごかけごはん。Yさんご夫婦は十種類の野菜のベジナムル丼。なぜたまごかけご飯?という疑問はおいときましょう。メニューの中でひときわ光って見えたのです・・・

 

『新鮮で平飼い・・・きっと黄身はさぞかし赤いんだろうなぁ・・・』という予想は見事外れ。白に近いような黄色で驚き。店員さんに聞くと、最近流行りの赤い黄身はパプリカとか色のあるものを食べさせて色を付けてるんだそうです・・・

知らなかった。今まで黄身が赤いってだけで喜んでましたよ・・・ショックです・・・

食べてみると、味がとっても濃厚でおいしい。殻もめちゃ厚い。えさも国産のものだけ与えているそうで、健康な鶏の卵という感じがしました。いい勉強になりました。たまごかけ頼んで正解でした。

店内の内装もなるべく国産の物で作ってあるそうで、国産材でマンションリノベーションしてる私たちと志は同じ。ご迷惑でしょうが勝手に仲間意識を持たせて頂きました。はい。

 

Yさんにプレゼントまで頂いてしまって・・・卓上エスプレッソメーカー(イタリア製)とおまけに付いていたというFIATのミニカー。無骨でかっこいい。イタリア人はこれがないとオフィスで仕事できないそうです。憧れます、伊達男。シエスタは賛成です。それはスペインか。

ミニカーはルパンが乗ってる車と聞きましたが、車名は忘れちゃった・・・Yさん、また教えて下さいね。

いろいろありましたが(笑)、無事お引渡しできてよかったです。エスプレッソ好きなので早速作ってみましたが・・・やはり専用の豆じゃないとうまく行かないですね・・・先に豆探すことにします。ではYさん、また3月にお会いしましょう・・・

海清寺の大クス


あけましておめでとうございます。今日から仕事始めです。メールの返信やらなんやらで一日終わってしまいそう・・・スタッフ池ちゃんは年明けからインフルでダウンとのことで休みです・・・

うちの子供たちもお腹の風邪なのか、順番に調子悪くなり、夜中に吐かれまして、三女には吐きかけられる始末・・・夜中に1時間掛けて風呂で毛布洗ったりと大変な年末年始でした(泣)

ただ今回は大掃除は徹底的にできました。数年気になってたところもまとめてきれいにできましたのでこれはよし。しかしバタバタして年賀状は超遅くなりましたけど・・・

 

初詣は西宮神社に。写真は西宮市役所の東にある大楠。樹齢なんと600年。 クスノキは虫がつきにくく一般に寿命が長い。なのでご神木などで植えられることも多い。このあたりでは一番古い木でしょうね・・・

600年前といえば室町時代。この木は600年間ずっと、西宮の町の移り変わりを見守ってきたんですね・・・そう考えると人の一生なんて儚いもんです。小さなことでくよくよちまちましてちゃいけませんね。やりたいことを思う存分やろうと思います。

 

クスノキの枝ぶりが好きです。稲妻のようにビビビッと力強く、でも繊細な葉をいっぱい蓄えている感じが。

私も今年一年、力強く、かつ繊細な仕事をしたいと思います。
今年もよろしくお願い致します。

PS

情報誌でお知らせしていました積み木プレゼント、すでに何組かの方からお申し込み頂きました。ありがとうございます!今週いっぱいで締め切りです。ご希望の方はお急ぎ下さい!

今年最後の図面製本


 

CA3C0281 CA3C0280

今日で仕事納め。2009年最後の仕事は西宮名塩K邸の図面作成。本当は先週土曜に大掃除を済ませていたので日曜から休む予定でしたが、図面間に合わず、池ちゃんと二人、朝から図面作成仕上げ。暗くなってようやく製本作業までこぎつけました・・・

今回は引き込み戸などのややこしい納まりが多かったのに加え、現場の解体確認でかなり直前まで変更が入ったため、図面作成に時間が掛かってしまいました。Kさん、図面遅くなってすいませんでした・・・

まぁ、図面に手間が掛かるということは、それだけ手間の掛かったいいものができるということです・・・違うか(笑)

なぜか手元にスタンドライトを置いて製本する池ちゃん。最近、めちゃくちゃ製本がうまくなっています。もう私なんか足元にも及びません、はい。

 

さて、今年もおかげさまでたくさんの皆さんの木のマンションリノベーションのお手伝いをさせて頂きました。スタッフ一同、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

来年も1月、2月と見学会が続き、春にはまた中古物件ツアーをやりたいなぁ、と思います。またOBさんのお宅に訪問するツアーもやりたいなぁ、と画策しています。ぜひぜひご参加下さいませ。

年明けは1月6日(水)より通常業務となります。ホームページからのお問い合わせには休み明けからの対応となります。ご了承下さいませ。

 

それでは皆さま、よいお年を。

御柳梅(ぎょりゅうばい)


 

先日吉野に行った際に買ってきた植物、名前や種類が分からなくて困ってました。
「○○梅」って書いてあった記憶があったので梅だと思ってたんですが、どうも違うよう。

 

なんの手がかりもない状態で植物を調べるのも難しく・・・ただ、生産者さんの名前らしき「永田逸人」という文字は載っておりました。とりあえずダメもとで道の駅に、上の写真を添付してメールを送ってみました。

 

・・・まぁ返事はないだろうと思ってたんですが・・・数日後に道の駅からFAXが。

生産者の永田さんに道の駅の職員さんがわざわざ問い合わせてくれたようで、永田さんからの返信メールが送られてきました。メール内容を印刷してFAXしてくれた職員さん、ありがとうございます!

以下、永田さんから頂いた内容。

・・・お問い合わせ頂きました植物の名前は「御柳梅(ぎょりゅうばい)」といいます。「梅」とは書いても「梅」の仲間ではなく、「ふともも科」に属しております。

やっぱり梅ではなかった・・・原産地はニュージーランドだそうで、育て方まで事細かに記されていました。ありがたいです・・・

 

さらに、

・・・添付いただきました写真を見ると水が不足していますので、そのままバケツなどに水をはって30分くらい沈めておいて下さい。その後早めに植え替えてたっぷり水をあげます。

・・・写真でそこまで分かるんですね・・・すいません、そのとおりさせて頂きます。
水もたっぷりあげるようにしますね。

 

しかし、苗木を買っただけの私にここまでアドバイス頂けて、恐縮してしまいました。水切れが一番の敵とのことで、気をつけて可愛がっていきますね。永田さん、ありがとうございます。

生産者の見えるものっていいなぁ、としみじみ思いました・・・家づくりもこうありたいですね・・・

明日は吹田で遮音試験です・・・半屋外で一日居ないといけないので、体調がちょっと心配です・・・頑張ってきます。

吉野みやげ


先日の吉野遠征でまたまた道の駅 『吉野路大淀 i センター』に寄りました。ここ・・・好きです・・・

奈良といえばスギ・ヒノキとそう、せんとくんです。
着ぐるみは気持ち悪いけどイラストはかわいいと思う。見慣れてきた感じか・・・

 

そして例のごとく、道の駅で買ったもの&丸岡さんとこでもらったもの。

 

吉野ヒノキのチップ(左)とおがくず(右)が入った袋。各100円

これは前回も買いましたね・・・今回は池ちゃんが自分で買ってました。枕にでも入れるのでしょうか・・・入れてもクセ毛が直毛になったり、足が長くなったりはしないと思います。

 

吉野杉と吉野ヒノキの端材からできた積み木 各1000円

これも前回買いましたが・・・今回も買ってしまいました。こちら、次の情報誌でお年玉プレゼントにしようかと思っています。ちなみに袋の色が違うので男の子用と女の子用かと思いきや、中身は一緒です。袋の色が違うだけのようです。思わせぶりです。

 

クスノキのおがくず 一袋100円×2

また買ってしまいました・・・しかも2個。帰りの車の中はもうクスノキのにおいでいっぱい。事務所の中もクスノキのにおいでいっぱい。クセになってしまっています。体に染み付いていたらしく、帰ったら奥さんに「なにっ、このニオイっ!」といわれました。

 

たぶん梅の木の苗 600円

・・・衝動買いです。しかも・・・種類が分かりません。なんとか梅って書いてたので梅だと思ってたんですが・・・形が梅っぽくないよねという話に。分かる方教えて下さい。とりあえず道の駅に聞いてみようと思います。花もかわいいし、葉っぱも小さくて可憐な感じです。

 

埋め木用の杉枝輪切り・・・

私、実物初めて見ました・・・いや、正確に言うとかなり頻繁に毎日見てますが・・・これ、スギの枝を輪切りにしたものです。こんな風に使います↓事務所の床のアップです。

 

そう、フローリングの死節を埋めるためのもの。なんかオセロとかできそうです。これだけを作っている会社があるんだ、ということに驚きました。ニッチビジネスですね。

 

ヒノキのカンナくず・・・

池ちゃんがもらってきてました。うす~い&なが~い。そしていい匂い。

 

木のスプーン 価格忘れました・・・ひとつ300円前後だった気が・・・

うちの家族用に。さくらの木だそうです。3姉妹用は小さ目のやつで。大人用のは道の駅のお店のおじちゃんお勧め。曲がってるのでカレーが食べやすいよ、という売り文句だけで買いました。カレー大好きです。

 

DSC_1415

3姉妹用はそれぞれ花びらのマークが入っててかわいいです。

誰のか分かるように花びらは金・銀・ピンクの色違いにしたんですが、金と銀の違いが非常に分かりにくい・・・

それにみんなピンクが好きなので取り合いになるかも、全部ピンクにしとけばよかったか?と思いましたが・・・次の日見たら仲良く3人とも木のスプーンでヨーグルト食べてました。良かったです、ケンカにならなくて。

埋め込み配管(リノベーション 伊丹)


先日ホームページから問い合わせ頂いた伊丹のNさんの家を見に行ってきました。物件は築20年のマンション。何でも上階から水漏れがあったということで、Nさんちも以前に水漏れしたことがあるらしい。

なぜそんなに頻繁に水漏れが起こるのかの原因と、今のマンションをリノベーションしたほうがいいか、どこか買い換えたほうがいいか?リノベーションするならどんなことがどれくらいできるのか、というご相談。水漏れは給湯の銅管腐食が原因だったようです。

部屋を見せてもらいながら給水と給湯配管を確認。あれ?給湯器と水周りの間の配管スペースがない・・・普通は床下を通っていることが多いので廊下などの床が上がってるもんですが、ここは直張りフラット。なぜ???

そこでユニットバス天井裏を確認。なるほど、スラブが部分的に落としてあります。上階がこうなってるということは、この階の下もこうなってるはず。ここに埋め込んであるわけか・・・しかし埋め込み配管とは・・・やりかえができんじゃないか・・・

 

Nさんが水漏れした際の補修工事業者さんが撮った写真を見せてくれましたが、ほんとに埋め込み・・・洗面などで一部埋め込みは何度か見ましたが(それでもモルタルでしたが)、ここまで本格的な埋め込みは初めてみました。

水漏れはこの埋め込み部で多発しているらしく、やはりあんまり良い方法とは言えません。

リノベーションするなら埋め込み部は床上でやり替えるべきとアドバイス。床は上がってしまいますけど、長く住むならここは押さえるべきです。

 

バルコニーが3つもある物件、夜景も見えるし夏は花火も見えるそう。Nさんはルーフバルコニー好き、しかも中古マンション好きに植物好きということで、私と意見が一致しました・・・自ずと話も盛り上がります。楽しい時間を過ごさせて頂きました(笑)

Nさん、話してた関西一古い分譲マンションはこれですよ。ぜひご覧あれ・・・

関西で一番初めに建った民間分譲マンション

しいたけもリノベーションも国産材で・・・


いまや定番となった幅21.5センチのマスタープラン特注杉フローリング、その他天井に張るスギ羽目板や幅はぎ集成材、既に6つほどお嫁に行った(そしてまだ2つほど予約のある)杉特殊加工床板テーブルから杉ウッドデッキ、さらに杉遮音材の開発・・・

と何から何までいつもお世話になってる丸岡材木店さんからお歳暮を頂きました。原木しいたけ詰め合わせです。社長のご兄弟が育てられてるそうです。ありがとうございます!

 

   

以前、吉野まで行かせて頂いた際に、しいたけの栽培のようすを見させてもらう機会がありまして、まさに育っているその場で生で頂いたんですが、『俺、しいたけの味、知らなかったんだ・・・』とショックを受けました。めちゃくちゃ味が濃くて、香りが強くてうまいんです。

野菜も果物も、昔に比べると甘みはより甘く、苦さとかより薄く、喜ばれる部分を伸ばして、嫌がられる部分は消していきながら品種改良されてきたと聞きます。昔の野菜はもっと味が濃かったと。

たぶん、いつも食べてるしいたけって味が薄いんでしょうね。それを痛感したのでした。まぁ、生でしいたけ食べたの初めてだったんですけど・・・(笑)

しかし、住宅業界も品種改良に次ぐ改良で、より掃除しやすく、よりきれいに見えるようにとなってきたわけで、新築といえば塩ビ張り物の新建材しか知らないで育ってきた人だって増えてるでしょうから、住宅も同じですよね・・・食育や住育の必要性を感じます。

 

一緒に説明書きが入ってました。しいたけって原木と菌床の二種類あるんですね・・・初めて知りました・・・

市場の8割が菌床だそうですので、きっと私が今まで食べてきたのはそれなんでしょうね・・・みんなが知らないことを発信するって大事なことだと思います。

 

『国産原木クヌギ・ナラを使用します』。国産材でリノベーションしてる私たちには嬉しいキャッチコピー。

そうです、せっかくすぐ近くに資源があるんだから使わないとね!

『しいたけもリノベーションも国産材で!』

これを合言葉に私たちも頑張ろうと思います(笑)

 

レシピもいろいろ載ってます。どれも捨てがたいですが、しいたけのカリカリパン粉焼きにもっとも興味を惹かれます・・・岡本さん、私、これで頂こうと思います。本当にありがとうございます!

明日、例の杉遮音材の打ち合わせで吉野お邪魔しますね~

しいたけ好きの皆さん、これからの鍋の季節にどうですか?

 

「新鮮しいたけ岡本-工房きのこの国」

〒639-3436 奈良県吉野郡吉野町樫尾51-1
TEL:07463-6-6711
FAX:07463-6-6739

HP:http://web1.kcn.jp/shinsenshiitake/

ブログ:しいたけ太郎のブログ

マンションに杉ウッドデッキ


今日は暖かかったですね・・・そんなお天気の中、大阪茨木のHさん邸にてウッドデッキの設置をしてきました。

Hさん家は新築のマンション。まだ住まれてないですが、内装を珪藻土に変えたい、というご相談を頂いて、先日無事珪藻土塗りが終わりました。

で、ついでにウッドデッキも・・・となったわけでして、長らくお待ち頂いてましたが今日ようやく設置できました。

使っている材料はフローリングでもお世話になっている奈良吉野の丸岡材木店さんの『杉ウッドデッキ材』。スギがスキな私たち、ウッドデッキも、もちろんスギです。

杉って材料を取る場所によって赤身とか白太とか呼ばれて、その名の通り赤かったり白かったりします。で、中には『黒芯(くろしん)』と呼ばれる、黒っぽい部分があるのです。

黒芯は他の部分との色が合わないので床材としては避けられてしまうかわいそうな子。しかし、その他の部分に比べ水やシロアリに強い、という利点があって、古くは家の土台などにも使われていたそう。その利点をウッドデッキで活かそうということでこのデッキ材、全て黒芯のみ。さらに乾式防腐加工という処理がされている優れもの。ちょっと高いですが・・・

池ちゃんと二人、新築マンションにキズを付けないよう細心の注意をしながら必死のぱっちで搬入・・・

 

まずはスキマの寸法を決めるため仮置きしてみます。寸法を測った上で発注していたのでばっちり。こうやってみると黒くは見えないですね・・・横に普通のスギを並べると良く分かるんですが・・・しかし日当たりがいいので暑い。汗かきながら作業してます・・・

 

 

それでは早速設置開始。今回は一枚ずつ裏面に防振ゴムを取り付ける方法で施工します。これは私が考えたアイデアで、手間は少し掛かりますが比較的簡単にできますし、一枚ずつ外せるので掃除やメンテナンスも楽。ゴムも耐候性があるものを使います。

マンションでウッドデッキをする際に気をつけないといけないのは、カタカタ音がして近隣に迷惑がかからないようにすること。バルコニーは共用部分なので据付はダメ。大規模修繕などでは撤去しないといけないので持ち運び容易な置き形にするということ。

このあたりをどうクリアするか、コスト絡めいろいろ試行錯誤しているところ。来年はこのネタで新商品開発の提案してみようか・・・なんて思ってみたり。補助金が事業仕分けされなかったらの話ですけど・・・

ちなみにいつも工事やってるわけではなく・・・色々確かめたいことがあったのと、Hさんがこの材料をいたく気に入ってくれたので自分たちで施工してみました。

 

設置作業開始から5時間、ようやく全て設置できました。我ながらなかなかの出来・・・

バルコニーって水勾配という傾斜が付いているので、裏面の下地でその傾斜を消してフラットに仕上げています。手すり付近は溝の掃除のことを考えて30センチほど空けています。ここに観葉植物とかプランターを置くと雰囲気出そうです。

 

ウッドデッキを作る場合、雨が掛かりやすいかどうか、直射日光が当たりやすいかどうかで対策を考える必要があります。屋根もない状態であれば、マメに塗装をしないと、すぐにグレーになります。グレーになるのは色が落ちてるだけなので問題はないですが・・・ちなみにグレーに変わったウッドデッキも渋くて私は好きです。

ただ、裏に水が溜まるような作りだと腐ります。スキマはほどよく空けて、風通しを良くしてやれば特に今回のように屋根があるところだと腐ることはなかなかないです。ただ、定期的に裏は掃除してもらわないといけませんし、表面が毛羽立ってきたりしたらヤスリ掛けもした方がいいし、手入れや掃除が嫌いな方にはお勧めはしません。

が、ウッドデッキのあるバルコニーってやっぱいいもんです。

年末から解体工事に入る名塩K邸でもウッドデッキ設置予定。こちらは高さがあって難しいのでもちろん大工さんに作ってもらいます。Kさんとウッドデッキで七輪で焼き魚・・・が目標。楽しみです~♪

京都K邸 リノベーション設計実例追加しました


 

今日は伊丹Y邸のプラン打ち合わせでした。測量と竣工図の確認は終わってますので、来週ご自宅にお伺いして家具の採寸、年内になんとかプラン提出できれば・・・

そういえば昨日は所用で岩手に行ってましたがめちゃ寒かったです。こちらと10度近く気温が違うんですね・・・空気が刺さる感じがしました。東北恐るべし。

 

さて、数日前から密かにコツコツ作業していたんですが、マンションリノベーションの設計実例ページに京都K邸をアップしました。

『楓のテーブルと塗り壁のある杉の家』京都市西京区:木のマンションリノベーション設計実例

ついでに、設計実例ページの構造自体作り直しまして、各写真を1ページずつ見てもらえるようにしてみました。これが見やすいのかどうかは甚だ疑問ですけど・・・しかも100%終わってないところがミソです(笑)

うちの場合、一つ一つの写真にコメントも入れたいので、写真のカラーバランスやサイズの調整やらコメントやら考えてるとめちゃ時間が掛かります・・・何とか考えないといけません、はい。

ちなみに大阪堺Y邸はまだ作成途中・・・頑張って作りますのでYさん、もう少々お時間下さいね・・・

 

あさっては西宮名塩Kさんの契約。造作キッチン実現に向け奥さんと私のテンションは上がっています。そして相変わらず池ちゃんが図面に追われています。

週半ばには大阪茨木Hさん邸でウッドデッキの設置。事務所が材料でごった返しています。金曜は奈良吉野で例の遮音材開発の打ち合わせ。年末にもう一度試験しにいく予定なので、試作品をいじりながら詳細を詰めないといけません。私好みの楽しい作業です。

週末は伊丹Yさんとこに寄った後、大阪吹田Tさんの採寸です。初吹田、こちらも楽しみです。そして夜は神戸灘区Hさんとこで忘年会・・・楽しみな一週間になりそうです♪

« 1 37 38 39 48 »

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.