木のマンションリフォーム・リノベーション-マスタープラン一級建築士事務所(大阪/兵庫/西宮/神戸/芦屋/東京/横浜/埼玉)

楓のテーブルと塗り壁のある杉の家(京都)

1年経った無垢吉野杉の床(リノベーション 京都)


先日ホームページから資料請求頂いた京都のUさんと一緒に、去年完成見学会をさせて頂いた京都Kさん邸にお伺いしてきました。

お引渡しから一年ちょっとの木の家、これから家を考えられる方にとってはとても参考になる機会かと。Kさんにお休みのところ大勢で押しかけたにも関わらず気持ちよく招いて頂いて感謝です・・・

ちなみにKさんの奥さんとUさんの奥さん、お二人とも出産を来年に控えてることが判明、年齢も同じとのこと。最近ベビーラッシュです。そして私が一番年長者という機会が増えてきて、歳を感じます。いつまでもガンダムがどうとか言ってちゃだめかな・・・(笑)

 

お引渡し後の家に伺うとまず床や壁のチェックをしてしまう・・・左が1年後のようす、右は完成直後の写真です。床の色の違いが分かるでしょうか。はじめは赤身と白太の色の差がはっきりしていますが、1年後は差がほとんど分からなくなっています。スギはこんな感じに焼けてくるわけです。

紫外線で焼けますので特に南側の窓際は早いうちにこんな色になります。個人的には焼けたあとの床の方が好き。色味が落ち着くので壁との対比もすきっとしますし。少しずつ変わっていくのが木の家の醍醐味かと。

 

打ち合わせ当時は2歳だったKちゃんも3歳に。相変わらずカワイイ。うちの三女と同じ年なんですけど、ちっちゃくてお人形みたいなんですよね・・・抱っこしても軽いんだ、これが。うちはデカクて重いのでもう抱っこは無理・・・態度もデカイですけどね・・・(笑)

杉床に裸足の子供、素敵な構図です。

 

私たちがプレゼントした吉野スギとヒノキの端材積み木、遊んでくれてるみたいでうれしい。楓のテーブルはワックス落ちてかなり乾燥してるようなのでそろそろ塗装が必要かな。

もちろん杉床はたくさん傷が付いて味が出てきてます。これも家族の歴史、と。Kちゃんが大きくなったらやすり掛けしてもらいましょう。そうすればまた新品に戻りますからね。

リビングの漆喰壁もラフでいい感じ。Kさんご夫妻が塗られたんですが、やっぱり上手いですよ、お二人とも。自信持っていいと思います・・・またお手伝いお願いします(笑)

 

Uさんは今住まれているマンション(Kさんちと間取りほぼ同じ)を改装するべきか、新たに中古物件を探してリノベーションするべきかで悩まれているそうです。1階なので日当たりが悪いのが奥さんの悩みだそうで、でもお金のことを考えると・・・難しいところです。

ただ、私のアドバイスはいつも一緒・・・急がない、無理しない、これに尽きます(笑)

特に出産は家族の一大事、特に出産後はどうしてもバタバタする(うちもそうだった)。そういうときに家のことを考えるのは大変だし、焦って正確な判断できなくなるかもしれないし・・・

なので、産む前にばちっ、とやってしまうか、落ち着く数年後までは現状で行くか、どちらかで考えた方がいいよ、とアドバイスさせて頂きました。まぁ、どっちにしてもまたご相談頂けたらと思います、Uさん。

 

・・・それと、実はKさんにカウンターの穴あけ頼まれてたので、大工さんに道具借りていったんですが、どうもうまく開けられそうにないので止めときました。改めて大工さんに寄ってもらいますので、もう少々お待ちを・・・Kさん、ご協力ありがとうございました!

京都K邸 リノベーション設計実例追加しました


 

今日は伊丹Y邸のプラン打ち合わせでした。測量と竣工図の確認は終わってますので、来週ご自宅にお伺いして家具の採寸、年内になんとかプラン提出できれば・・・

そういえば昨日は所用で岩手に行ってましたがめちゃ寒かったです。こちらと10度近く気温が違うんですね・・・空気が刺さる感じがしました。東北恐るべし。

 

さて、数日前から密かにコツコツ作業していたんですが、マンションリノベーションの設計実例ページに京都K邸をアップしました。

『楓のテーブルと塗り壁のある杉の家』京都市西京区:木のマンションリノベーション設計実例

ついでに、設計実例ページの構造自体作り直しまして、各写真を1ページずつ見てもらえるようにしてみました。これが見やすいのかどうかは甚だ疑問ですけど・・・しかも100%終わってないところがミソです(笑)

うちの場合、一つ一つの写真にコメントも入れたいので、写真のカラーバランスやサイズの調整やらコメントやら考えてるとめちゃ時間が掛かります・・・何とか考えないといけません、はい。

ちなみに大阪堺Y邸はまだ作成途中・・・頑張って作りますのでYさん、もう少々お時間下さいね・・・

 

あさっては西宮名塩Kさんの契約。造作キッチン実現に向け奥さんと私のテンションは上がっています。そして相変わらず池ちゃんが図面に追われています。

週半ばには大阪茨木Hさん邸でウッドデッキの設置。事務所が材料でごった返しています。金曜は奈良吉野で例の遮音材開発の打ち合わせ。年末にもう一度試験しにいく予定なので、試作品をいじりながら詳細を詰めないといけません。私好みの楽しい作業です。

週末は伊丹Yさんとこに寄った後、大阪吹田Tさんの採寸です。初吹田、こちらも楽しみです。そして夜は神戸灘区Hさんとこで忘年会・・・楽しみな一週間になりそうです♪

残工事(京都西京区のリノベーション)


先月末から神戸灘区と東京のリノベーションの段取りでバタバタでした・・・2件とも来週初めより着工予定。完成も1月中旬と同時期。今図面作成でてんてこ舞いですが、ようやく目処がつきそうな気配になってきました。

っと、今日は先日お引渡しした京都K邸の少し残っていた直し工事に行ってきました。テレビ下の棚調整、あとタオル掛けを付けたり、ユニットバスのエプロン直したり、ついでに浴槽下を掃除したり・・・4時間くらい掛かってしまってご迷惑お掛けしました・・・昼寝できなかったKちゃん、ごめんなさい。

 

無垢杉フローリングと子供、そして木でできたままごとオモチャ。
なんて素敵な取り合わせ・・・(笑)

引越しから3週間弱、すっかり荷物も片付き、ようやく生活に慣れられた感じでしょうか。床もまだまだ綺麗です。でも、やっぱり子供がいるとキズは付きますね・・・これも味ですよね。削れば消えるしね。

 

テレビ棚を交換して余った杉材。ふとみると、造り付け本棚にもう一段増やせそうな雰囲気・・・

ちょうど金物もあったので、大工さんにカットしてもらって一段追加してみました。下5枚はヒノキの集成材ですが、一番上の棚だけスギ無垢です。ちょっと色は違うけど、そんなに違和感はない・・・

ついでに本の整理も少し手伝って、びっちり入りました。う~ん、気持ちいいです~
本好きなご夫婦、今度お伺いしたときはこの図書館でお勧めをお借りしようかと思います(笑)

・・・忙しすぎて更新できてませんが、京都K邸の完成写真もHPに載せないと・・・堺のYさんとこも・・・来週には一息つきそうなので頑張ろうと思います。

お引き渡しさせて頂きました!(京都・西京区)


どもども、池田です。
そういえば・・・ブログ書くの・・・6日ぶり・・・。(笑)

いろいろと忙しくて・・・ついつい・・・。気づけば、6日も・・・。あちゃぁああぁぁあ・・・。
目指せ!毎日更新!!で、ガンバリマス。

DSC_9529 DSC_9619 DSC_9653
さてさて、本日は「楓のテーブルと塗り壁のある杉の家」のお引き渡しをさせて頂きました。

たくさんの方々にお越し頂いた完成見学会の時と比べ、床やカウンターには”蜜蝋ワックス”を塗って仕上げられていたため、更にステキなお住まいになっていました。

壁や天井には白い壁紙を使用していますので、床にワックスを塗り、杉フローリングの色が濃くなると、空間がとても引き締まって感じます!

それに、間接照明やペンダントライトなど、電球色のオレンジ色が、より一層似合う空間になるんですよねぇ♪
本当に素敵なお住まいになりました!羨ましい限りです。。。(笑)

それと、お引き渡しの前にはこちらの完成写真も撮らせて頂きました!
近々、ホームページの設計実例に載せますので、お楽しみにお待ちくださいませ~♪

ちなみに、小谷は完成写真の撮影に・・・3時間ほど(もっとかも・・・)かけていました。(笑)
今日に限っては、建築家ではなく、写真家でした・・・。

DSC_9665 DSC_9671
また、施主のKさんからはスティックのチーズケーキとコーヒーを頂きました!
本当にいつもいつも、気を遣って頂いてありがとうございます。
今日のチーズケーキも激ウマでございました~ごちそうさまでした!!

そしてそして!なんとなんと!Kさんからプレゼントを頂いちゃいました!!
DSC_9688 
なんやろ、なんやろぉ~♪っと、嬉しそうに包装を開ける小谷・・・。
めちゃくちゃ嬉しそう。。。(笑)あの瞬間の笑顔を撮ってない事に後悔・・・

包装を開けると、質感が最高にGOODな”薬味入れ”と”マグカップ”が!!
ちなみに”薬味入れ”は家の形をしているんですよ~これ、すごくかっこいい☆

本当に、本当にありがとうございます!!大事に使わせて頂きますね♪

これからの冬は、このカップにホットコーヒーを入れて、そしてこの薬味入れに砂糖を入れて、素敵なティータイムを過ごすことが出来そう・・・。
ぼく、やっと、冬が・・・好きになれそうです(笑)

Kさんに初めて問い合わせを頂いたのが6月初めごろ。
そして、気づけばあっという間に、お引き渡し・・・早いですねぇ・・・。
この約4か月、本当に楽しく過ごす事が出来ました!ありがとうございました!!

そしてそして、もうすぐ誕生日を迎えるKちゃん!お誕生日おめでとう~♪
一緒に遊んでいると疲れるどころか、たくさんの元気をもらっちゃいました!
これからも、そのかわいい笑顔でいろいろな人を癒してあげてね~(笑)

それでは、これからもよろしくお願いいたします~♪

マンションリフォーム完成見学会(京都・西京区)


どうも、池田です。
今日は、晴れたり曇ったり雨が降ったりで大変な一日でしたね・・・。

ですがですが、本日開催いたしました「楓のテーブルと塗り壁のある杉の家」の完成見学会の開催中は雨は降らず!!本当にありがたい・・・運が良かったです♪

DSC_9187 
DSC_9181
まず、今回の「楓のテーブルと塗り壁のある杉の家」の完成見学会を快く快諾してくださった施主のKさん!  本当にありがとうございました!!

そして、完成見学会にお越し頂いた12組29名の皆さま!お昼前には少し雨が降ったりと、
お足下が悪い中でのご参加、ありがとうございました!!

それにしても、今回の完成見学会・・・本当に、たくさんの方々にお越しいただきました。

特に、マンションの同じ階や下の階の方には、工事中から気にして頂いていたそうで、
中には見学会開始の時間すぐにお越しくださった方もいるほど(笑)

また、工事期間中、最もご迷惑をお掛けした真下にお住みの方にも、工事後の様子をご覧頂けてとてもうれしかったです。

DSC_9191 
近隣の方々に加え、ご予約頂いていた方々が次から次へと、こんにちは。
どんどんいらっしゃるたくさんのお客さん・・・・そして、すぐ焦る私・・・・。焦りまくる私・・・。(笑)

その結果・・・・・・・。

いつもお客さんの靴を玄関収納に入れるようにしているんですが・・・
「この方がなんか賑やかでいいやんっ♪OKOK!!」って、悪魔くんのささやきが・・・。

ってことで、今日は玄関土間も賑やかな完成見学会になってしまいました・・・反省します・・・。(笑)

DSC_9266 DSC_9267
見学会後は、施主のKさんから”タルト” を頂きました♪
このタルト、近くのお店でおばちゃんが作っているそうなんですが、め、めちゃうまいぃ。
私・・・お言葉に甘えて、二つ頂きました(笑)ごちそうさまでした~♪

ちなみに、見学会を終えて、なんやかんやで5時すぎになりタルトを頂いている時には少し薄暗くなってきていたんですが、暗くなればなるほど電球色の間接照明の出番でございます!

DSC_9268 DSC_9271 DSC_9273
電球色のオレンジ色の光が、漆喰を塗った真っ白な壁にとても映えますねぇ。。。
夜は蛍光色の明るさよりも、やっぱり電球色の明るさの方が落ち着きます。
場所によって明るさが必要な所には、テーブルランプを置いてみたり(でも、これも電球色)

夜、居間でくつろぐ時にはこれくらいの明るさが一番いいのではないかと改めて思いました。

さてさて、このように完成見学会はとても盛り上がり、そして、無事に終了!!
私がつくった案内状で、もし迷ってしまったらとドキドキしてお待ちしておりましたが、皆さまが無事に会場に着いてホッとしています(笑)
お越し頂いた皆さま、本当にありがとうございました!

次回は、11月1日(日)に大阪・堺市で『スギと漆喰・勾配天井の音楽室のある家』完成見学会を開催いたします!!
こちらも、壁に漆喰を塗ったり、キッチンにタイルを使ったり、こだわりのお住まいとなっておりますので、ぜひぜひお越しくださいませ!!

※「楓のテーブルと塗り壁のある杉の家」の完成写真は来週、撮影する予定になっておりま
  すので、もうしばらくお待ちくださいませ~♪    

カエデテーブル加工


今日はイケメン大工のよっさんとカエデテーブルの加工をするため、自宅から直接工務店さんの倉庫へ。よっさん既にスタンバイ中。さっそく作業開始です。

まずは表面の塗装をオービタルサンダー(電動紙やすり)で剥がしていきます。うまく剥がれるか心配だったのですが、思ったより綺麗に取れていきます。電動工具が怖い、へっぴり腰の私・・・

 

古い塗装面の下からはカエデそのものの色が出てきました。しかしこの板、幅が90センチもある代物。カエデ、何年育ったらこんな一枚板が取れるんだろう?数百年?ちょっと薄いですけど、買うととんでもない金額だと思います・・・

よっさん、サンダー掛ける姿も男前です・・・決して上の私の写真と比べないように(笑)

 

もともと床の間の地板だったものなので、下地の根太(ねだ)がついたままです。この加工、『吸い付き桟(すいつきざん)』という家具などに使われる加工で接続されています。板の溝と桟の出っ張りが噛みあってるのが分かりますでしょうか?

今ならきっと裏からビス留めで済ますところ、ビスもない時代、溝をノミで仕上げた大工さんの手間と技術を感じます・・・

 

 

片側から金槌で叩いてやると、するすると抜けていきます。

 

大体削り終わったところで私は別件で抜けなければ・・・うぅ、一日倉庫で体動かしていたい・・・後ろ髪を引かれながら、よっさんに引き続き四方カットと裏桟取り付け加工をお願いし事務所へ。

夕方、倉庫まで引取りに行って事務所に帰って来ました。

 

事務所にて。四方の割れている部分を少しずつカット。それでも85センチ×180センチあります。デカイ。カエデ特有のベージュがかった色、テーブルにするには無塗装ではまずいので、ここから1000番のペーパーと蜜ロウワックスで仕上げていきます。

 

池ちゃんと二人掛かりでペーパー掛け。1000番で磨くと表面がみるみるすべすべになって行きます。いつもスギテーブルでやっているのと同じ方法ですが、やっぱり緻密で硬い広葉樹のほうがスベスベ感が強い。さすがカエデ、家具に良く使われる木だけはある・・・

 

次に蜜ロウワックスを塗っていきます。パッと見、おろしにんにくにも見えます・・・(笑)

これを布手袋をしながら塗りこんでいきます。塗り終わったのち、もう一度1000番ペーパー掛け。この方法、オイルサンディングというそうです(後で知りましたが・・・)

 

完成。ペーパーかけっぱなしの状態と比べると木目に立体感と奥行きが出てとてもきれいです。表面もすべす
べ、もともとがべったりした塗装仕上げだったので、かなり軽やかでしっとりしたいい感じになりました。よかった、無事に見学会に間に合いました・・・

実物は明後日の見学会でお披露目。Kさん、気に入ってくれるかなぁ・・・

漆喰塗り(第1ラウンド)無事終了!!


どうも、池田です。

「そろそろ寒くなってきたから、実家に毛布取りに帰ろう・・・」っと、昨日取りに帰って、約半年近くのブランクのある”毛布”を押入れから取り出してから、ずーーーーっと鼻水が出ている池田です。ホコリ・・・?ハウスダストが原因でしょうか・・・。

なので、今日は朝から毛布を干して、お仕事へ。って、ブログを書いてる今も、鼻ズルズル(笑)

DSC_8281 DSC_8283

今日は、午前10時から京都の「楓のテーブルと塗り壁のある杉の家」で漆喰塗りでした!!

まずは、いつも通りに左官職人・伊高さんからの”左官講座”からスタート。腕が良い左官屋さんは、やっぱり教えるのも上手。
施主のKさんご夫婦も最初は少し戸惑っていたご様子でしたが、すぐにコツをつかまれたようで、その後はドンドンと塗り進められたいました!!すぐに上手くなるなんて・・・羨ましい・・・。

DSC_8312 DSC_8300
DSC_8332 DSC_8326

今回のKさん邸漆喰塗りは居間のみとなっていましたので、時間的にも余裕があり、初めて?久しぶりに??ゆっくりと漆喰塗りを楽しめたんじゃないかと思います(笑)

今回の漆喰塗りからは以前、ブログでも紹介しました“ええコテ”が登場。私も、少し使ってみたんですが、確かにかなり塗りやすい!しかも、なぜか疲れにくい!本当に”ええコテ”でした。さすが、兵庫・三木のコテですね・・・私も、マイコテを買おうかしら・・・(笑)

また、お昼にはKさんがお弁当をご用意してくださっていたのですが・・・・・それがまた、めちゃおいしくておいしくて!!おいしいお弁当、本当にありがとうございました!!

DSC_8315 DSC_8316
そんな感じで大人は皆、漆喰塗りに夢中・・・。まぁ・・・楽しいから仕方がないっ!!(笑)

その間、Kちゃんは・・・ヒマ。漆喰塗りが下手な私も・・・ヒマ。

そりゃあ、もち意気投合。

DSC_8295 DSC_8307
塗り絵→クマさんで追いかけっこ→クマさん×2とワンワンとネコみたいなんを箱に入れて往復→その、クマさん、ワンワン、ネコみたいなんをいろいろな棚に置く→脚立の登り降り。

約5時間くらい?の漆喰塗りの間、ずっと楽しそうに遊んでくれていて、本当に楽しかったです♪

周りからは「いいお父さんになれるよ」っと嬉しい??お言葉を頂いたり・・・。(汗)でも、子どもと一緒にいると、いつもいろんな事に気づかさせてくれます。Kちゃん、また遊ぼうね~♪

っと、こんな感じで、気づけば漆喰塗りは終了。
居間は漆喰ならではの”白”に包まれていました!!あの漆喰壁に杉の床がすごくいい雰囲気をつくりだすんですよね~あぁ、完成見学会楽しみ。。。

そんな「楓のテーブルと塗り壁のある杉の家」は10月17日(土)に完成見学会を開催いたします!!ぜひぜひ、この漆喰塗りの仕上げをご覧にお越しくださいませ☆

電車で京都の現場へ(京都市西京区のリノベーション)


こんにちは、池田です。
先週末に、京都の現場に行ってきました!!・・・阪急電車で。笑
土曜日からはシルバーウィーク。
そして、京都に出発する前の交通情報では、すでに京都へ向かう高速で20㎞ほどの渋滞が発生中とのこと・・・・・。って事で、小谷と二人で週末の阪急電車に乗って、何とか迷わずに行ってきました~!!(帰りは少し迷いましたけど・・・・笑)

DSC_7103 DSC_7106 DSC_7109
さてさて、現場には施主さん夫婦にKちゃん、そして奥さんのご両親もお越しになり、打ち合わせをさせて頂きました。ありがとうございました!!

今回の打ち合わせでは、洗面所の給水管や給湯器リモコンの位置の移動などについて、ご説明させて頂きました。

  DSC_7116 DSC_7118
今回、洗面所の給水管がなぜか途中からコンクリート内に埋まっていたため、洗面カウンターが図面通りの位置に取り付けが出来ないかもしれない・・・・・と頭を悩ましていましたが、水道屋さんに頑張ってもらいなんとか分岐してもらいました。水道屋さんありがとう♪

その給水管を分岐したところに大工さんが新しく点検用のフタを作ってくれていたんですが、
これがまた細かい仕事なのに・・・本当によく出来てる。大工さん改めて尊敬しますっ!!

DSC_7120 DSC_7122
また、ダイニングにはカエデのテーブルが置かれるんですが、細かい寸法・仕上げの確認。
ちなみに、カエデテーブルの上に付く照明は施主さんが好きなガラス作家さんの照明とのこと。
その照明を現場に持ってきて頂き、見せてもらったんですが、僕の好みのど真ん中でございました。笑
少し暗くして、あの照明(もちろん電球色で)付けたら、すごく良い雰囲気やろうなぁ・・・っと。
完成の際の、楽しみがまた一つ増えました♪

そして、現場は建具の鴨居や戸当たりなど細かい作業はほぼ終了し、今は天井の下地を作っているところなので、天井の高低差もわかるようになってきました。
次回のブログでは、全体の形が見えてくるので、より一層雰囲気が伝わるのではないでしょうか!?

 DSC_7128
それと、差し入れの飲み物とお菓子、いつもありがとうございます!!
事務所のみんなでおいしく頂きました!ごちそうさまでした~☆

IKEA建具を使ってみる(京都市西京区のリノベーション)


どもっ!池田です!九月になったのに・・・暑い・・・。

さてさて、昨日の堺のYさん邸に引き続き、今日は京都のKさん邸の現場に行ってきました。
前回の解体の際は、私図面で手一杯でしたので、工事が着工して初めてのKさん邸です。

 DSC_5870 DSC_5881
今回のKさん邸では、キッチン収納の建具にはIKEAの建具を採用。
これまでも、IKEAは照明やイスなどで何度か利用していたんですが、建具となると今回が初めての試みです。
一番は建具屋さんに作ってもらうのが良いのですが、すべて手作りですので工事金額の中でも結構な割合をしめてしまい悩みの種の一種になることが多いです・・・
そこで、Kさん邸では奥さんのご意見もあり、IKEAの建具を使ってみることになりました!!

大工の山崎さんはIKEAの建具を見るのは、今回が初めてだったよう・・・
ちなみに、説明書はついてはいるんですが、IKEAの説明書って言葉は一切なく、絵だけの説明書になっています(笑)
でも、山崎さん建具をチラッと、説明書をチラッと見て、すぐに構造を把握・・・さすがです。
取り付けはまだ先ですが、IKEAの建具がどのような雰囲気になるか待ち遠しいばかりです!!

DSC_5906 DSC_5887
また、現場は解体を終了し、現在は壁の下地を作って、杉のフローリングを張っている最中。
壁の下地ができると、部屋の大きさも掴めて、より一層雰囲気がつかみやすくなります。

もちろん、ご主人さんの居場所になるであろうワークスペースも少しばかりですがカタチになっていました。
背面の本棚と壁とが絶妙な距離間でした。落ち着く空間になりそうです♪

大工さんとの打ち合わせ中には、奥さんも現場にお越しになり、飲み物の差し入れを頂きました!
ありがとうございました!!
それと、Kちゃん泣かせてしまってすいません・・・機嫌はよくなりましたかね・・・??
もう二度と「そのアンパンマンちょうだい」なんてことは言いませんので・・・。(笑)

解体工事着工しました(京都市西京区のリノベーション)


京都市西京区のリノベーション工事が着工しました。まずは解体工事。ここ最近とても暑いので職人さんは大変。汗だくで頑張っています。

この物件の大工さんは灘区の家具作成の際に絶妙のコンビを見せた山崎兄弟。木の扱いが得意な腕のよい大工さん。こういういい職人さんに解体作業をしてもらうのは若干気が引ける部分もあるのですが、解体作業とその後の木工事は色んな点で連動していますので仕方ないのです・・・

 

しかし大工さんのパワーはすごい。石膏ボードがまるでダンボールか何かのように、簡単に壊していきます。山崎兄が持ち前のパワーで手際よく解体、横で山崎弟が残材を段取り良く処理してどんどん進んで行きます。

 

今回、パイプスペースが三箇所。物件調査の際に点検口を開けられるところはなるべくチェックするのですが、一部ビス穴が潰れてしまって開けられないところがありましたので、山崎さんに開けてもらって内部をチェック。新しく作る建具や棚と一部干渉しますので、点検口の位置を変えてもらうことにします。

もちろん、縦管清掃の際に支障の無いよう、掃除口と点検口の位置をしっかり合わせておきます。

今回初めてみたのがエアコンのドレン排水のための縦配管。最上階のため、腰くらいの高さで終わっています。これも高さを調整して上部にカウンターを設置する予定です。

 

ほんの数時間でかなり解体が進みました。壊すのって簡単なようで結構段取り命で難しい。片付け上手な人はうまいと思います・・・たぶん私は無理でしょう(笑)

今回、LDKはほとんど一つの空間になりますので、キッチン上部の垂れ壁なども全て撤去していきます。和室の天井もやりかえます。

 

しかし、この物件、とても見晴らしがいい。7階建ての最上階で、周りに高い建物がない。遠く京都の山並みが一望できます。いいですよね~

そういえば先日着工した神戸市灘区の家も、来週着工する大阪堺の家も、みんな見晴らしがいいんですよね・・・羨ましいです。

 

次回はフローリング貼りのようすをご紹介できると思います。私たちの標準床材となった、丸岡材木さんの215ミリフローリング。実(さね)の加工にもこだわってますので、現場の大工さんからも『施工しやすい』と好評です。いや~、楽しみですね。

物件が立て込んでるので丸岡材木さんは加工と出荷が大変だと思いますが・・・(笑)

1 2 »

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.