木のマンションリフォーム・リノベーション-マスタープラン一級建築士事務所(大阪/兵庫/西宮/神戸/芦屋/東京/横浜/埼玉)

障子と珪藻土を使ったサンルームのあるメゾネットの家(西宮名塩)

名塩メンテナンスDAY!


こんにちは~スタッフ濱田です。

今日は花粉対策でマスクしております。でも今年はなんとなく花粉の量が少ない気が、、、

気のせいかもしれないけど、いや多分気のせいですけど、

杉に囲まれて仕事してるから耐性ができたのかなぁ~なんて、思う今日このごろです。

 

さて!今日は今週末お引き渡し&見学会のOさん邸と

来月初旬に見学会予定のNさん邸の製本をするために朝からバッタバタ!!

そのまま名塩のIさん邸の本棚、神棚制作の確認と、

昨年末にお引き渡ししたMさん邸のペンダント照明の設置に行って参りました!!

 

 

まずMさん邸へ。いつもお世話になっている西村さんと一緒に伺いました。

まだお引越しされてから3ヶ月しか経っていないのに綺麗に片付けられていました!

IMG_068101b6c198b997b3a2a469d56d32bfc2a2a58cefbb32 

キッチンとても綺麗でした~OBさんのお手本を見て真似されたのだとか。

キッチンなどはやっぱりモノが入るとかなり雰囲気変わりますね!

大容量の収納に食器等かわいい小物たちが整理されてました(*^_^*)

 

さぁ、早々に作業開始。

お引越し後にテーブルをご購入されたので、位置を確認しながら

マスタープラン御用達のトルボーの取付。設置は一瞬でした!

取り付け終わってからお茶とおやつを頂きながら木のいえのお話。

IMG_0684IMG_0693

 

まだ3ヶ月しか経ってないので、杉床はまだまだ新しいまま。

これからどんどん焼けていっていい色になることでしょう(*^_^*)

Hちゃんがいっぱい遊んでつけた傷もいい思い出になりそうです♪

IMG_0700IMG_0695

IMG_0689IMG_0678

お引き渡しの日みんなでミツロウワックスを塗ったテレビボードや

今やHちゃんのおもちゃとなった杉台、キッチンカウンターのタモ材も

これからどんどん木のいえになじんでいい味が出そう♪

 

015d566db0990efa424ff2df94821c64a84bc65555IMG_0675

無印良品の壁に付けられる家具なんかも取付されていて、

とってもかわいらしくディスプレイされていました。真似したい~♪

 

01c6be7130156445834756d6b36d886ac474d8a63f 

そしてどう使われるのか気になっていた土間スペース。

見事にご主人の趣味部屋と化しておりました!!!!(笑)

サーフィンやバイク等たくさんの趣味をお持ちのご主人。

完全なる男部屋。世のお父さんたちの憧れですね!!!!!

 

こんな感じにとっても綺麗に、楽しそうに住まれていました(*^_^*)

Mさん、ごちそうさまでした~♪

 

 

 

さて、それからIさんのお宅へ!徒歩で移動。

名塩ではこれまで4件のリノベーション工事させて頂いているのです。

 

朝から西村さんが制作してくださった神棚と本棚の確認をしました!

本棚はもともと通路だった場所にはめ込みで設置して、

あとで動かすことができるように制作していただきました(*^_^*)

Iさんのイメージ通りになってくれたようで、ホッと一安心。

0172f2d3b6eced7fa7a244da4f86e354c4f0b5507f01adc28c156ba84a4465b8e8c5a7f5e04faa805940IMG_0711

 

わたくし初めてのIさん邸の訪問でしたので、いろいろと見せていただきました。

今週末お引き渡しのOさん邸のL型キッチンの図面を描く際に

参考にさせて頂いたIさん邸のキッチン。やっと実物を拝見出来ました~!!

 

IMG_0703IMG_0706  

ザ・見せる収納。

決してモノは少なくないけれど、綺麗!L字型に取り付けられた棚も

とっても上手に活用されていました!

マグネットでくっつくタイプの壁面収納、、、画期的です!!!

池田もIさんに教わって知ったとか。さすがです。

 

 IMG_0709   

Iさんのおうちはサンルームがあり、お陽様がいっぱい入るので、冬でも植物がよく育つのだとか。

小さくてかわいらしい貝殻が並んでいて、なんだかほっこり。

玄関ポーチにもたくさんの多肉植物たちが!!!

とーってもかわいい。欲しくなっちゃいました。

 

IMG_071501c73e8b1f83127d203f2ac6bf345a1f160f386e56IMG_0713

と思っていたら、Iさんおもむろにブチッとちぎっていろんな種類の植物を下さいました。

土に指すとわんさか増えるそう。楽しみ。

事務所で早速育てたいと思います(*^_^*)

Iさんありがとうございます!!

 

さ~こんな感じで、MさんとIさんのお宅にお邪魔してきました!

引出しの中まで拝見させて頂いて有難うございました。

OBさんはみなさん寛容な優しい方ばかりで、いつも恐縮です(^_^;)

 

お引き渡しの後もこうしてメンテナンスや家具の追加のご相談もして頂いて、

嬉しい限りです。これからも長いお付き合い宜しくお願い致します!

 

Mさん、Iさん本日は有難うございました!

 

では、また。

西宮名塩Iさん邸のサンルーム手摺補強


今日は、朝から先日お引渡しをさせて頂いた西宮名塩のIさん邸にお伺い。

お引っ越し直後のドタバタされている時に申し訳なかったのですが、サンルームの手摺が少しガタついていたので、急遽、大工のよっさんにお願いして補強工事をさせて頂きました。

DSC_9835 DSC_9837 DSC_9839

支柱と床との間に、杉を三角形にカットした材をビスで留めてもらい、笠木と化粧柱ももう一カ所ビスで留めてもらいました。

上手くいかなかったら支柱の逆側にも補強材を入れようかと思っていたのですが、上記の補強だけでガタつかなくなったので、無事終了。

DSC_9811 DSC_9812

工事も無事に終わったので、お引っ越し直後のIさん邸見学。

植物の置き場所に悩まされる事なく、たくさんの植物を置けるのがこのマンションの良い所の一つ。ポーチ両サイドには、すでにたくさんの植物が置かれていました。

ルーフバルコニーにもまだまだ置けるし、サンルームにも置けますからね。
これからどんどん増えていくだろうな~次回お伺いする時が楽しみになります。

DSC_9825

キッチン小窓の前に位置するHくんの遊びスペース。

当初からHくんの遊びスペースになる事は想定していたんですが、収納全部がおもちゃで埋められるとは思わなかった・・・

でも、Hくんにとったら好きな物に囲まれていて、すごく幸せだろうな~(笑)
ご主人さんや、奥さんの物がここに収納されるのは、まだだいぶ先になりそうですが・・・。

DSC_9818

Iさん邸特徴のL型造作キッチンには、すでに調理道具が配置されていて、すっかりIさん仕様のキッチンが出来上がっています。(ブログに載せてよかったかな・・・笑)

壁に面する部分が多いL型キッチンの特徴を生かして、壁面にはIKEAのレールが取付られていて、よく使う器具は全て見える仕舞ってありました。

完成見学会では、こういった生活感ある場面はなかなか見て頂けませんからね・・・
お引っ越し後の様子を少しご紹介させて頂きました。

サンルームと引き込み障子のある家(西宮名塩の中古マンションリノベーション)


 

先週末お引渡しをさせて頂いた西宮名塩I邸の完成写真を撮ってきました。実は私、先週末はとある病気で休んだり早退したりという状況でして、お引渡しも立ち会えなかったのです・・・Iさんに申し訳なくて・・・

病状はとりあえず大したことないのですが、いや、でも痛かった。病名は・・・恥ずかしいので知りたい方は直接聞いてください。そっと教えます(笑)

というわけでお引渡しに立ち会えなかった分、半日掛けてじっくりお別れを惜しんできました。

 

06

リビングからサンルーム方向をみます。右手引戸は廊下への入り口。左手の障子は両袖の杉板張りの戸袋に引き込まれるようになっています。この戸袋は壁式構造で打ち込み配線であるこの物件の配線スペースでもあったり・・・

障子の奥がメゾネットの階段上スペースを使ったサンルーム。中央の杉柱を挟んで左手障子奥がサンルーム、右手は階段上部に開放しています。窓の立ち上がり分をリビングまで持ち込んでテレビ台兼ベンチ兼踏み台に。これは同じマンションであるK邸でも使った手法。

もともと窓が多く明るい住戸なんですが、せっかく大きな窓のある階段とリビングの関係性があまりに希薄。この両者をいかに融合させるかが今回の大きなコンセプトのひとつ。この障子のおかげでリビングは本当に明るくなりました。

 

08

障子を開けるとこんな感じに。左手がサンルーム。右側はそのままでは階段に落ちますので(危)、障子に木栓を使った簡易の鍵を設けています。大人だけのときはぜひ解放してほしいなと。

ルーフバルコニー越しに山並みがみえます。眺望や明るさももちろんですが、たった1畳ほどのスペースができるだけでリビングに奥行きができてとても広く感じます。このベンチはきっとお子さんの遊び場になるでしょう。傷だらけになるかも知れないけど・・・お子さんが大きくなったら削って傷を消してもらうということで・・・

11

 

サンルームからの眺めもなんか面白いんです。不思議な空間。ちなみにバルコニーに庇のないこのマンション。冬もかなり冷え込むため皆さん洗濯物干しには苦労されているとのこと・・・このスペースは室内洗濯物干し場としても使えるように、天井に竿を掛けるための取り外しできる金具を吊ってあります。

もちろん、この季節は日が差し込むとかなり暑いです・・・もう少し庇を作ってくれれば、と愚痴りたくなるくらい、庇のないマンションなんですよね・・・意匠的なことなんでしょうけど・・・

14

 

リビングからダイニング方向をみたところ。もともと和室だった部分を南北に縦に分けてダイニングとフリースペースに。壁式構造なので写真に見える開口がまさにフスマが入ってたところ。このあたりのプランは相当悩みました・・・

部屋を分けるにあたって間仕切りは途中で止めて天井を繋げ、上部には間接照明も仕込んであって、壁と言うよりは家具という感じに。結果的に適度に小さなスペースが連なって落ち着くいいヴォリュームになっています。

20

フリースペースからリビング。間仕切りは食器収納やダイニング周りの収納を兼ねているので50センチほどの奥行き。側板は杉の巾はぎ材で作ってあるのでさながら杉のトンネルのような感じ。このアングルもなかなか面白い・・・見る角度によって色んな奥行きを感じられる家だなぁ、と写真を撮りつつ感じてみたり・・・

と、写真撮影後にはIさんに頼まれていたテーブル天板やすり掛け。120→400→1000番の順で磨いて古いワックスを取りつつ仕上げたのち、オスモカラー塗り。綺麗になりました。しかしよく汗をかいた・・・

さて、この写真も早いとこまとめてIさんにお渡ししないと・・・そして早いとこ設計事例更新しないと溜まっていく一方(汗)

明日は西宮名塩Iさん邸リノベーション完成見学会です。


いやぁ~今日も暑い一日でした・・・。
明日から連休だそうですが、皆さん本当に気をつけてくださいね・・・。

さて、明日はいよいよ西宮名塩のIさん邸リノベーション完成見学会です。
午後から、会場の下準備も兼ねて、小谷と現場確認に行ってきました。

DSC_9183

現場は先週の珪藻土塗りの時から、床の養生がめくられ、建具が入り、現場からお住まい
へと変化していました。

上の↑の画像は、ダイニングとその横のフリースペースの間仕切り壁兼収納の上部に設置された間接照明(34W×2本)。

天井に光が当たり、周辺を均一に明るくしてくれています。夜の照明も楽しみたいけど、夏の現場ではなかなか叶わない願い・・・(笑)

DSC_9188

L字型の造作キッチンも仕上がっています。リビング側の収納カウンターとの高さ関係も良く、
尼崎Tさん邸の様な、「キッチンに人が自然と集まるようなキッチン」になる雰囲気を感じました。

カウンターがある事で、ある程度の距離を保って話が出来るのが秘訣かな・・・っと、
最近思っています。明日の完成見学会で実証する事にしましょう(笑)

               DSC_9198

工事中に山崎大工(兄)が言っていた通りに、リビング杉床は非常にきれいな杉床が集められています。節も少なく、何といっても色目がめちゃくちゃきれい。

リビング掃き出し窓付近の、ピンク色の杉板には惚れ惚れしてしまいます。
明日、お越しになる方はぜひご覧になってくださいね(笑)

あんまり詳しく紹介すると、明日お越しになる方の楽しみを奪ってしまう事になりそうなので、
今日はこんなところで・・・。

西宮名塩のIさん邸完成見学会のお申込みですが、明日の午前中までなら対応できますので、悩み中・・・っという方のお申込みお待ちしております。

また、明日はとってもいい天気になるようですので、お越し下さるご予定の方は、くれぐれも熱中症等に気をつけてお越しくださいませ。

ではでは、会場にて皆さまのお越しをお待ちしております!

PS.ポーチから見える障子のあるサンルームが本当に素敵。渋かっこいい。

珪藻土セルフ左官仕上げ(西宮 リノベーション)


暑い暑い一日でした・・・。
そんな、本日は西宮名塩Iさん邸の珪藻土セルフ左官塗りの日でした。

         DSC_9075

本日のセルフ塗りは当初、ダイニング横のフリースペースのみを予定。
しかし、それだけじゃ物足りないかなぁと思い、Iさんにも相談してその奥のウォークインクロゼットもセルフ塗りに変更していました。

その考えは・・・甘かった。(笑)
・・・室内とは言え、真夏の作業を軽んじていました・・・。作業し出すと、暑い暑い・・・。
すぐに汗がふきでる状態になり、「無事終わる事が出来るかな」と少し不安なスタートなりました。

DSC_9072  DSC_9089

さて、今日も珪藻土のネタつくりからスタート。
袋に入った粉末のエコクイーンと水を左官職人の伊高さんに混ぜてもらいます。

その後は、早速伊高さんによる左官教室。
コテ板に珪藻土をのせて、実際に壁に塗りながらコテの使い方を教わります。
っといっても、皆さん大体上手。
特に女性の方は、力加減もコテさばきも上手いので、すぐにコツを掴む方が多いです。

Iさんも然り。ヘタクソな僕は何回も掛ってそのコツを習得したっていうのに羨ましい・・・。

        DSC_9103

小谷と私も、進み具合を計らいながら参戦してきました。

珪藻土塗りは3月の伊丹Oさん邸以来。いや~やっぱり左官塗りは楽しいです。
案の定、皆無口になるんですが、その空気がこれまた良い。

珪藻土を壁に塗る時の「ザッ・・ザッ」っという音に、コテ板から珪藻土を取る「シュッ」っという音。
無口なんですが、皆で同じ作業してるという事が耳だけでよく分かります。

DSC_9112  DSC_9117

DSC_9127 DSC_9128

途中からはお子さんのHちゃんも参戦。
自宅の塗り壁なんてそんなに経験できる時ないので、やってもらいました。

Hくんの楽しそうな声・・・その後に、聞こえてくる奥さんの悲鳴・・・
いやぁ~ほんと楽しいひとときをありがとうございました。(笑)

その後、お昼休みをはさみ(Iさんお弁当ありがとうございました!)休憩してから、
もうひとふんばりでウォークインクローゼットを仕上げました。

昼までに終わる事が出来るかな・・・という予感はどこへやら・・・。
一番気温が高くなる2時を回っての終了となりました・・・(汗)

Iさん、今日一日本当にお疲れさまでした!
普段しないような動作が多い上に、暑い中での作業となりましたので、くれぐれも体調崩さぬようにお気をつけくださいね!!

また、現場は明日に設備設置・給水排水等の接続が入り、その後に建具や内窓などが取り付けられ、全体のクリーニングを経て完成見学会となります。

西宮名塩Iさん邸完成見学会は、まだお申込み頂けます。
ぜひお越し頂き、Hちゃんが塗った珪藻土塗り壁をご覧くださいませ。(笑)

マンション珪藻土壁の下地塗り(西宮 リノベーション)


西宮名塩Iさん邸リノベーション現場からの業務報告です。

2011-07-04 14.07.00

Iさん邸は壁全面が珪藻土左官仕上げとなっています。
(一部は施主さんによるセルフ仕上げになる予定。)

2011-07-04 14.06.40 2011-07-04 14.06.31

現在は、杉等木部への養生・石膏ボード突き付け部等のパテ処理を終えて、下地塗り作業中。
コンクリート面はクラック部がパテで補修されています。

ちなみに、左官職人さんはいつもお世話になっている伊高さんです。

天井はすでに珪藻土クロスが張られていますので、壁面の珪藻土塗りが終われば、室内の雰囲気がガラリと変わる事でしょう。

開口に囲まれてとても明るいサンルームが珪藻土仕上げに変わると、もっと心地よいスペースになりそう。仕上がりがとても楽しみ。

そういえば、日曜日の珪藻土塗り・・・今回は、複雑(っというか狭い)所が無さそうなので、私の活躍の場はあまりなさそう(笑)サポートに徹しようと思います。

名塩Iさん邸現場確認(西宮 中古マンションリフォーム)


今日は、午前から三田のFさんと事務所にてお打合せ。
次回のお打合せでは、本日ご提案したリノベーションプランを3Dで見て頂こうと思います。
(平面図だけでは、なかなか難しいですからね・・・)

立体で見る事で全体のボリュームや高さ関係が把握出来ますので、次回のお打合せまで
お楽しみにお待ちくださいませ。

DSC_8776 

午後からは、名塩のNさん邸にお伺いして、Fさん邸に続きリノベーションプランのご提案。

その前に・・・名塩と言えば、再来週に完成見学会を開催するIさん邸です。
前日に、「今日、現場を見に行きます」と聞いていたので、連絡をしてみるとまだ近くの公園にいらっしゃったので、一緒に現場を見てきました。

現場は大工工事、天井の珪藻土クロス張り工事が終わり、珪藻土左官塗りの為の下地塗りが始まったところ。
LDKのテレビボード・サンルームの複雑な箇所も出来上がり、養生がされていました。
LDKとサンルームを仕切る障子が引き込まれる戸袋の杉羽目板の壁は赤味が強い板が多くてきれかったです。

DSC_8759

大工さんによる造作キッチンもほぼ出来上がり。
今回のIさん邸キッチンはL字キッチンで、引出しは全部で6箇所、上部には固定棚が2枚。

キッチンボード面には、先日Iさんがセールで混雑していたであろうIKEAで購入したレールが取り付けられます。奥さんの想いが詰まった造作キッチンに仕上がったと思いますので、完成見学会にお越しの方は、ぜひぜひご覧くださいませ!

DSC_8777 DSC_8774

Iさん邸現場を確認後に、すぐ近くのNさん邸にお伺い。

平面図だけでの打合せでしたので、Nさんに上手くお伝えできない箇所がありましたが、せっかく近くに実物があるんだし・・・っという事で、Iさんに了解を頂き、現場で実物を見て頂きました。

特にこの名塩のマンションは同じモジュールで壁が建っているので、シュミレーションもすごくし易い。Iさんありがとうございました!

DSC_8779 

ちなみに、Iさん邸目玉の吹抜けに新設されたサンルーム床。
中央の木枠が組んでいる所には、転落防止の為にポリカ板が入ります。

珪藻土が塗られると、雰囲気も明るく変わっていくでしょう。仕上がりが楽しみなスペースです。

DSC_8782

ルーフバルコニーからサンルーム床を見ます。

こちらから見ても、LDKへの視覚的な広がりをすごく感じます。
夜にはLDKからの照明光が障子越しに漏れてきたり、スポットライトで観葉植物を照らしてみたり、
いろいろと楽しめそうです。

名塩Iさん邸のサンルーム杉床確認(西宮 リノベーション)


昨日は、朝一で宝塚Iさん邸にメンテナンスでお伺いした後に、リノベーション工事が進行中の
名塩Iさん現場の確認に行ってきました。

DSC_8590

それにしても、昨日は(いや、今日もか・・・)ほんとに暑かった・・・。
夏は好きなんですが、いきなりの暑さは堪えますね・・・(汗)しかししかし、なんとか今年も夏バテ知らずで 過ごしたい。

さてさて、名塩の現場はといいますと、大工工事もいよいよ終盤というところ。

造作キッチンの周りでレールをつける為の下地追加が出ていましたので、大工の山崎兄に下地位置を説明。その後に、Iさんにメールで連絡を頂き、楽しみににしていたサンルームの仕上がりを確認。

DSC_8592 DSC_8642  DSC_8643

Iさん邸サンルームは、階段上の空間に杉床を張る事で新たに生まれたスペース。

これまで、階段はLDKと壁で隔てられていた為に別空間になっていましたが、今回の工事で間仕切り壁を取り払い、LDKに新設したテレビボードとサンルーム床を同高さに揃えた事で、LDKの一画に取り込む事が出来ています。

DSC_8647

小谷が座っている所が、LDKからサンルームに続くテレビボード。
(テレビボードには、引出しが二箇所付き、一番左はAV機器の置き場)

サンルームは、中央の杉柱に左右から当たるように障子が2枚入るので、夏の強い日差しや冬の窓からの冷気をある程度は遮る事が出来ます。

ちなみに、このテレビボードですが、腰掛けて休むのにちょうど良い高さのようで、小谷もかなり気に入っていました(写真を見ればわかると思いますが・・・笑)

また、着工当初に工期中の納入が間に合うのかと心配していたユニットバスも、工期がかなり改善されているようで、昨日現場に行った時には既に設置されていました。

それにしても・・・窓があるお風呂はやっぱり良いですなぁ。
外に植えられている植物も見えているし、羨ましい浴室です。窓が無いお風呂に慣れている方には、かなり魅力的に感じるかもしれません。

大工工事後は、左官工事による珪藻土塗りが待っています。
今回は、一部屋のみ施主さんにセルフで塗って頂く予定になっていますが、真夏の左官セルフ塗りとなるので、暑さで皆バテないかちょっと心配(笑)

名塩Iさん邸の完成見学会は、7月中旬を予定しています。
詳しくは後日、ホームページ&木の家通信でお知らせいた致します。

三田市F邸採寸&名塩Iさん邸リノベーション現場確認


今日は午前から、先週にご自宅訪問をさせて頂いた三田市Fさん邸採寸にお伺いさせて頂きました。

ちなみに、先月の僕の結婚式は三田市のホテル・・・いやぁ、最近三田市にご縁があります。
ありがとうございます。(って・・・関係ないか・・・笑)

DSC_7111  DSC_7105

Fさん宅に到着後、まず小谷は枠周りの見付・見込み寸法や断熱材など細部の確認。その間に私は、各室の現況写真を撮影しながら、スリーブ・給気口や火災警報器などの確認。

写真撮影は、室内のみではなくバルコニーから見える景色も撮影。
特に、Fさん邸バルコニーからの景色は緑も多く羨ましい・・・。静かな環境ながらも、緑を挟んで建っている小学校からは時々子どもの声が聞こえてくるのが、これまた良い・・・。

なんて考えながらバルコニー側からもスリーブや給気口位置の確認をしました。

DSC_7150 DSC_7483 DSC_7593

さてさて、いつも通り小谷がメジャー係・私がカメラ係で採寸スタート。

採寸には最低でも2時間程度かかるんですが、この時点で約30分経過・・・。
(心の中で、やばい、お昼を回ってしまうかもしれない・・・っと若干焦りながらのスタート・・・笑)

とはいえ、後で困るのは嫌なので、小谷にいろいろと注文をつけながらお願いをしながら、慎重に採寸を進めて行きます。Fさん邸は角部屋という事もあって、天井を梁が細かく走っていますので、梁の位置関係に関しては特に注意しての採寸でした。

DSC_7531

室内に走る梁は背があまり高くないので、圧迫感はあまり感じないんですが、梁と外壁との間には微妙な大きさの天井が出来ているので、あそこをどうにか出来たら いいなーっと思います。

ちなみに、ここの窓からの景色も緑がたくさん見えて、すごく良い景色でした。

また、採寸中に感じたのが、風通しの良さ。
(途中で何度かドアがバッタンバッタンと暴れるほど・・・・・笑)
南側のLDKから北側の玄関まで、しっかりと風が抜けている事を体感出来たのも、今日の収穫。
もっともっとスムーズに風が流れるプランニングもいいなぁっという気持ちになりました。

結局、採寸が終わったのは12時半すぎ・・・。
奥さんに長い時間お付き合いさせてしまいました・・・すいません・・・(笑)

その後、管理人さんのお昼休みが終わるのを待ってから、マンション竣工図の確認をさせてもらい、該当箇所を写真で保存。これで現況の採寸も出来たし、見えない配管関係の位置も確認出来たので、明日からは現況図作成に取り掛かろうと思います。

次回は、その現況図をもとにプランニング前のお打合せを予定。
Fさんには初めて事務所にお越し頂く事になるので、きれいにしとかないと・・・(汗)

DSC_7843

そのFさん邸採寸の帰りに名塩Iさん邸の現場確認へ。

現場には、山崎大工のおやっさんとヤスくんも来てくれていました。
お待たせしていた製本図面を渡すと、おやっさんとヤスくん二人で熱心に見てくれていたので、嬉しくて写真撮影。(笑)

DSC_7831 DSC_7836 DSC_7844

リノベーション工事の進み具合はと言うと、洗面・トイレ以外は杉床が張り終わり、すでに養生済の状態。節も少なくて、えらいきれいな杉材ばかりだったそうで、今から期待しちゃいます。

ダイニングとフリースペースの間仕切りも建ちだしています。
24mmの杉板が持ち出されているように見える箇所(ちゃんと外壁側で固定されてますよ)は、
華奢な雰囲気がこれまた格好良い。

また、キッチン収納やカウンター収納も形が出来上がりつつあり、徐々にですが完成時の雰囲気を感じれるようになってきています。

Iさん邸目玉のサンルーム床の施工はいつごろかな~
あそこの床が張られる所は絶対に見ておきたいな~Iさんも誘って見に行こうと企み中。(笑)

明日は、午前に西宮Nさん邸メンテンスにお伺いして、午後からは長田区のNさん邸現場お打合せ!
ではでは!!

名塩Iさん邸現場お打合&いろいろ・・・


今日は、午前から名塩Iさん邸現場に施主さんにもお越し頂き、解体後に変更が必要になった
箇所のお打合せをさせて頂きました。

DSC_6302 DSC_6311DSC_6324

その前に・・・

先日、三田のFさん邸にお伺いした帰りにもIさん邸現場に寄って、タカハタさん(電気屋)と
現場打合せをしてきました。

やはり、既存コンセント・スイッチが躯体埋め込みになっている為に、簡単には図面通りに配線出来ないようで、一つ一つ話し合いながら解決していきました。

まぁ、なんやかんやでタカハタさんは、いつもなんとかしてくれるので頼りにしております。(笑)

Iさん邸では、どうにも配線が出来なさそうな所は、躯体から25mm(胴縁15mm+ボート10mm)ほど大工さんに壁・梁をふかしてもらってその間に配線する事で、対応してもらいました。

DSC_6322

杉床も玄関から張り進められています。
(今日はすでに養生されていたので、Iさんは見れなくて残念・・・養生が取れるまでは、この写真でワクワクしてください笑)

やはり、たくさんの人が目にする玄関には、特にきれいな杉床を優先的に使用。
山崎大工の細かな配慮を感じます。

このまま、リビング・ダイニング・フリースペース・・・っと張り進められて行くんですが、キズを付けないよう、すぐに養生されるので杉床をじっくりと見れるのは、7月中旬くらい。

少し先になりますが、お楽しみにお待ちくださいね!

DSC_6411   DSC_6412DSC_6414

お待たせしていた施工図面もほぼ完成していたので、現場にてIさんに各図面のご説明。

平面図・天井伏図・展開図・建具図・詳細図などなど、約70枚ほどの図面をお渡しさせて頂きました。 自宅に帰られてから、じっくりとご覧頂ければ嬉しいです。

また、今週中には図面を本日のお打合せ内容に修正し、製本しようと思っていますので、
出来上がり次第、郵送させて頂きますね。

DSC_6429

その後、事務所に戻ってから、現在お打合せ中の尼崎Fさん邸マンションの竣工図を確認しに、大阪まで電車に揺られて行ってきました。

管理会社は、四ツ橋筋沿いの大きなビルに入っていたんですが、私あんまりそんな所に入った事ないので、なんだか緊張・・・。

でも、対応してくれて方は、とても丁寧でスムーズに図面確認をする事が出来ました。
ありがとうございました。

帰りは地下鉄に乗らずに、JR大阪駅まで徒歩・・・
四ツ橋筋は、新しいビルと古いビルが混在していて、年代による外観や仕上げ材の違いがよく分かっておもしろかったです。

DSC_6380 DSC_6378 DSC_6371

さて話変わって、明日はいよいよ吹田Uさん邸のお引渡し日。

ちなみに、昨日は施主のUさんご夫婦にもミツロウワックス塗りをお手伝いして頂きました。
筋肉痛になっていないか心配ですが、皆で頑張ったお陰で、細かな部分まで仕上げられたので、
良かったです。

また、Uさん邸に新設された杉の造作家具は、かなり良い出来。
明日のお引渡しの時に、写真撮ってきますので、後日にまたブログでご紹介しますね!

         DSC_6363

私もしっかりと、ミツロウ塗ってきました。

テレビボード上の、電動スクリーンが収まるボックスを塗っていたんですが・・・
気づかぬうちに、かなりの量のミツロウが頭に付いていたようで・・・家に帰ってからも
頭からずーっとミツロウワックスの香りがして大変でした・・・(笑)

必死に塗っていたのに、小谷には、「ステージで踊ってるみたい」っと言われるし・・・。

まぁ、でも、色が濃くなってカッコよくなったから良しとしましょう・・・。

1 2 »

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.