先週土曜日に伊丹のYさんとINAXショールームに行ってきました。

今回のリノベーション工事で取り替え予定の洗面・トイレ・お風呂を中心に設備機器の確認をして頂きました。

では、まずはお風呂の確認から。

DSC_4009  DSC_4012 DSC_4032
ショールームですのでもちろん実際に浴槽に入ってみて狭いかどうか確かめる事が出来ます。だいたい浴槽の広さを気にするのは男性のようで、Yさんのご主人さんも浴槽に入ってみて確かめていました。

                                  DSC_4037
また、Yさん邸はマンションの配管上の関係で追い焚き機能をつける事が出来ないので、サーモバスという保温機能がついた浴槽を採用します。

ショールームに置かれていた模型を見てみると、サーモバスのフタは発泡樹脂で出来ており、周りも発泡樹脂シートで包まれているそうです。しかも、浴槽下の床にも同じようなシートが敷かれているようで、これでもかと言う位熱を逃がさない工夫がされていました。

ちなみに、実験では42℃のお湯が6時間後でも2℃下がるだけのようです・・・すごいですね。

その後は、トイレのコーナーに移動。

       DSC_4045        DSC_4047   
Yさん邸ではサティスを採用予定・・・たぶん(笑)

便座に継ぎ目がない。機能部が持ち上がるので清掃しやすい。汚れにくい形状。

それにしてもサティスの説明は何度も聞いているはずなのに気付くと聞き入っています。説明してくれるショールームのお姉さんの話術に感服です(笑)

お子さんのTちゃんは自動で流れる水に興味深々。
しかも、水がグルグル回りながら流れていくのがおもしろいのか流しては眺めての繰り返し(笑)

その後は現在のところキッチンは名塩のKさん邸に続いて造作キッチンになりそうなんですが、
せっかくですので参考がてらにキッチンを少し見て頂き、タイルやタオルリングなど細かな設備品も確認して頂きました。

その間、私はそろそろショールームに飽きてきちゃったTちゃんのカメラ撮影会inINAXショールームの展示してある浴槽(笑)
小さい子って写真取られるの好きなんでしょうか??一枚撮ってあげると次々といろんなポースしてくれるのでおもしろかったです♪将来はモデルか!?
※Yさんには最後にまとめて写真を差し上げますね!私、迷カメラマンを自負しておりますよ。

さて、見学後は少し場所をお借りして打合せをさせて頂きました。

Yさんとの打合せもいよいよ最終段階に近づき、コスト調整の段階となりました。
削りたくないけど、削らないと・・・。この作業が一番大変だなぁっといつも思います。
しかも、着工の時もどんどんと迫ってくるし・・・本当に難しい作業ですね。

そして、Yさんと打合せが終了して後は、吹田Tさん邸現場に壁内のカビ調査をするため、解体作業に伺わせてもらいました。
解体といってもまだ売主さんが住まれているので、現在は使われていない部屋の角を少しだけ解体させてもらいました。快く了承して下さった売主さんには感謝感謝です。ありがとうございました。

カビ調査後はTさんの自宅にお邪魔して、打ち合わせをさせて頂きました。
ちなみに、TさんもYさんと同じく削る作業に突入。大変な作業になるかといや、なっていると思いますが・・・がんばってくださいね!!(笑)

2010年3月17日