今日は一日曇り・・・っと思っていたら、やっぱり雨降りましたね・・・。
ちょうど吹田Tさん邸から杉テーブルやらを運び出している途中だったので、焦りました・・・。

               IMG_0672
今日は日曜日に完成見学会を開催させて頂いた吹田Tさん邸のお引き渡しでした。

完成見学会後、業者さんに床と建具のみミツロウワックスを塗って頂いて、室内の雰囲気がガラリ変わっています。
特に、床の杉フローリングはミツロウワックスを塗りこむ事で、杉の赤白の濃淡がはっきりとし、今まで以上に「ボク、杉です!」っと言わんばかりに、主張していました。

               DSC_9597 DSC_9691
それと、ワックスを塗って濃くなった杉フローリングは珪藻土の風合いと相性が抜群。

杉フローリングが濃くなった事でさらに、珪藻土の少し粗い質感と素朴な色が、心地よい
空間を作り上げています。自然素材の良さを改めて感じた一日でした。

DSC_9708 DSC_9717
お引き渡しが一通り完了してからは施主のTさんと一緒に、ミツロウワックス塗り。

Tさんにはリビングの壁面収納建具やキッチンのカウンターなどを塗って頂き、今後のメンテナンス方法(っと言っても、ミツロウワックスを塗って紙やすりで軽く削るだけなんですが・・・笑)
をお伝えさせて頂きました。

今日、皆でミツロウワックスを塗っている時に、ふと思った事があります。

「ミツロウワックスを塗って、紙やすりで手触りが良い感じに削る・・・」これが出来るマンションって実際あんまりないですよね・・・。
ほとんどのマンションのフローリングは遮音フローリングが採用されていて、表面にコーティングがしてあって、木の厚さも3~5ミリほどですからね・・・。削るなんて言語道断ですからね。

だから、ミツロウと紙やすりがあればメンテナンスが出来るという、今まで当たり前に思っていた事が、なんだか素晴らしく思えました。

Tさんには、いろいろな所を紙やすりで磨いてスベスベにして欲しいなと思います(笑)

また、Tさん邸は少しだけ残工事がありますが、本日無事にお引き渡しをさせて頂きました。

堺のYさん邸完成見学会で初めてお会いしてから、打合せが始まり、あっという間の8か月でした。
いろいろとお世話になり、本当にありがとうございました!!

これから塗り壁のDIY塗りをする時は、お声掛けさせて頂きますね(笑)
それでは、これからもどうぞよろしくお願い致します!!

追伸

本日、完成写真も撮らせて頂きましたので、近いうちに更新致しますね!
では、そちらもお楽しみに~♪

2010年6月25日