マンションのリノベーションとは。『毎日新聞記事より』

 

私たちは『国産材を使ったマンションリノベーション』を提案していますが、この提案には『都市部でマイホームを探す方の新しい選択肢』という意味と『年々深刻化する日本の林業・環境問題』を同時に解決できるんでは?という期待があるんですが、大きな壁が立ちはだかってます。

それが『リノベーション』『国産材』双方の認知度の低さなんです。

私は行政にまずこの認知度を上げる作業をしてもらいたいと思っています。中古ストック活用の啓蒙のためのセミナーとか書籍、パンフレット作成とか、改装に国産材を使えば税制優遇受けられる、といった法整備とかね。
今の県産材融資精度は条件が中途半端で使えない人がほとんどなんですよね・・・

 

以下、毎日新聞の記事より。

◆マンションのリノベーションとは。

◇「中古」改修、性能アップ--間取り変更、給排水管交換も

中古マンション市場でよく聞くようになった「リノベーション」。不動産コンサルタント、さくら事務所会長の長嶋修さんは「改修によって性能をアップし、価値を高める。きれいにするというレベルでなく、もっと大がかりなもの」と説明する。部屋をコンクリートむき出しの状態にまで「解体」してから取りかかることもある。

東京都江東区内の築22年3LDKの部屋で、家族4人で暮らす主婦(31)は「水回りは広くて使い勝手がいいし、二つある子ども部屋にはどちらもクーラーが取り付けられた」とうれしそうだ。2年前に3700万円で購入したインテリックス(東京都渋谷区)のリノベーション物件。フローリング、クロスの総取り換え、洗面所など水回り設備の変更はもちろん、クーラーが使えなかった部屋に配管を取り付けて使用可能にし、各部屋でテレビが見られるようにするなど性能アップをして販売された。同社によると、付近で同じ条件の新築物件は約6000万円という。

横浜市南区で築28年のマンションを同社がリノベーションした物件を1880万円で購入した会社員(34)は「見えるところだけでなく室内の給排水管はすべて取り換えられていた。普通のリフォームとは違うなと思った」と話す。給排水管まで交換するリノベーション費用は同社の場合1平方メートル当たり10万円が目安になる。

また、例えば、リビタ(同)は、川崎市中原区内で築28年約140平方メートルの物件を間取りを変えるなどして6680万円で売っている。同社は「付近の同条件の新築物件の70~80%がリノベーション物件の目安」という。

購入時の注意点について、東京カンテイ市場調査部上席主任研究員の中山登志朗(としあき)さんは「どういう改善をしたのか、価格に見合っているのかなどの説明を求めることが大切。有料のコンサルタントや建築士に確かめてもらうのも手だ」と話す。

専有部分である室内の給排水管は交換できても、共用部分の管はさわれない。共用部分で故障が起きたら臨時の修繕費用が必要になる可能性がある。共用部分のこれまでの修繕歴と今後の修繕計画や、積立金は不足していないかなども調べたほうがよい。

耐震性については、81年6月以降の着工の建物はいわゆる新耐震基準に対応する決まりになっている。ただ、長嶋さんは「古いものすべてを除外する必要はない。情報の公開を求め、耐震診断や補強の結果を確認してほしい」とアドバイスする。【大西康裕】

==============

■+α

◇築14年で半額に

大がかりな改修工事をしてもなお明らかに新築より安いのは中古マンション自体が安いからだ。東京カンテイの調べでは07年の東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の新築マンションの平均価格(70平方メートル換算)は4492万円、中古マンションは同2900万円だった。築14年で価格は約半分に下がる=グラフ参照。

物件数はどうか。1都3県では07年に延べ23万3000戸の中古マンションが市場に出た。02年は同12万5000戸だった。07年の新築マンションは6万6000戸。立地も中古の方がバラエティーに富む。

リクルート住宅総研が「既存住宅流通活性化プロジェクト」で昨年11月、首都圏在住で3年以内に住宅購入を考えている1500人にインターネットによる調査をすると、「絶対新築を購入したい」と答えた人が24%、「できれば新築」が49%だった。一方、リノベーションされた物件を「非常に魅力的」と思う人は21%いた。

毎日新聞 2008年3月24日 東京朝刊

 

日本人はそもそも中古が苦手。でも、新築住宅も住んだその日から中古住宅。1年後には数百万下がることだって多い。

『新築のニオイ』のためにその負担をするのがイヤ、と感じる私はお金のないうえにひねくれ者だからでしょうか(笑)

 

『リノベーションされた物件を「非常に魅力的」と思う人は21%』の数字がもっと増えてくれれば、もっと面白い暮らし方あると思うんだけどなぁ・・・