明後日は、神戸市須磨区にて完成見学会でございますよ。

最上階住戸という事もあり、LDKの天井高さは4mほど。南面からの日もよく入り、とても
開放的な空間になっています。また、その高い天井を利用して、ロフトも設けました。

大人にも子どもにも嬉しい、籠もれる空間になっています。
ここにぜひぜひ、見て頂きたいポイントです。ご都合良ければ、ぜひぜひお越しくださいませ。

お申込みはこちら⇒『大きなロフトとイチイの大黒柱のある最上階リノベーション』完成見学会

IMG_3634

さてさて、ブログが遅れてしまいましたが、日曜日にマンションリフォーム工事が進む横浜市の現場
確認に行ってきました。

現場は大工工事の終盤。壁・天井下地などはほぼ出来上がり、キッチンや収納等の造作
を進めてくれていました。

↑の画像の中央に幅95cm長さ240cmのステンレスカウンターが据えられます。
廊下側の収納とも組み合わせているので、収納力のある造作キッチンが出来上がります。

IMG_3534

その他の大工造作は言うと、こちらは洗面カウンター。
この上に洗面器を載せて、前面は一面ミラー張りになります。

今回は、ブラックチェリーの幅ハギ材を使っています。一段上がった化粧棚も同材です。
壁は珪藻土の白、床面もサーモタイルの白ですので、ブラックチェリーの色合いがより際立ちますね。

ミツロウワックスを塗ると、もっともっと素敵になるでしょう。そのお楽しみはもう少し先です。

IMG_3541IMG_3542

キッチン収納にもブラックチェリー材を使っています。

現場ではちょうど大工のオオタさんが、ハギ材をカットしている最中でした。
造作キッチンと同じ長さの240cmもある収納なので、天板もかなりの迫力ですね。

こちらも白っぽい箇所もなく、きれいなハギ材です。ありがたいありがたい。

IMG_3570IMG_3571

洗面・トイレの天井は、杉の羽目板張りにしています。

また、洗面(元キッチン)の勝手口から差し込む明かりをトイレにも、っという事で、
視覚的に天井面をつなげて、ガラスで仕切るようにしています。

右側の画像の切り込みは、ガラスが差し込まれる溝ですね。
木目もしっかりと合わせてくれていて、より天井のつながりを感じられます。

IMG_3584

作業中にぶつかりそうな箇所はがっつりと養生されていたのですが、前回のブログでご紹介したLDKアクセント壁の土佐栂も張られています。

すごく楽しみにしていったのですが、養生された上から合板も置かれていたので、全面確認は断念。。。施主さんから、「素敵に張られていましたよ」と連絡もらっていたので、楽しみにしていたのですけどねぇ、、、珪藻土塗りが終わって、設備機器の取付やらが終わるまで(あと3週間くらいかな)の辛抱です。

とりあえずは、上の隙間から見える土佐栂材を見て、一人ニンマリしていました。(笑)
日に焼けたらもっともっと良くなるだろうなぁ、一年後二年後の姿がとても楽しみです。

大工工事は週明け、火曜日で上がりだそう。ラストスパートよろしくお願いします!
それが終われば、珪藻土クロスが入って、いよいよ珪藻土左官塗り!

内装仕上げの段階に入ってくると、どんどんとお住まいらしく変わっていきます。
仕上がりがとーっても楽しみ。監督さん、職人さん引き続きよろしくお願いしますね~。

では、またー!

2013年11月28日