木のマンションリフォーム・リノベーション-マスタープラン一級建築士事務所(大阪/兵庫/西宮/神戸/芦屋/宝塚)

mpl

木レール上吊り回転障子



現在工事中の神戸灘区K邸。大工工事も大詰め。リビング天井の杉板が貼られました。腰窓から見える緑とのコントラストが綺麗です。


で、今日は建具屋さんと現場打ち合わせ。今回いくつか初めての取り組みとなる建具があるので、大工さん含めて三人で検討してきました。

建具は基本的に、家の中であまり主張しないようにする、というのが私のポリシー。特に、使わないときは存在を消したい。建具はあるんだけど、仕舞うと何もない状態にできるのが理想です。

特に面積の限られたマンションでは大事なことだと考えてるわけですが、さりげなく建具を目立たなくさせるには事前の準備が色々必要。これが結構大変なわけです。


今回の工夫のひとつが、木製のレールを使った上吊り建具。上吊り建具はいつも使いますが、アルミ製のレールや複雑な機構の戸車が必要。コストや見た目の問題から、できればもっとすっきりさせられないかということで、木製枠を加工したレールと一般的に手に入る金物を使って考えてみました。

ちなみに写真は木の板を建具に見立てたサンプルを枠にはめてみたところ。サンプルは前日に事務所で自作しました。こういう作業は好物です。

で、この建具はリビングの一角の部屋を間仕切るためのものなんですが、完全に開放できるように、90度回転して壁際に納まるようにしています。

回転建具と呼んでますが、この動きは上吊りアルミのレールでは施工が難しい。既製品もあるにはあるんですが、高いしデカイ。リビングの目立つところにはできれば使いたくないシロモノだったので、なら作ってしまえ、となったわけです。

回転建具の動きを動画撮影してみました。滑らかに動いている様子が伝わりますでしょうか。実際の建具はもっと大きいし重いのですが、とりあえず動きだけは確認できたのでよしとします。

もう一つ、大物建具の新ネタがあるんですが、そちらはもう少し形になってからご紹介しようと思います。

保存

保存

マンション最上階の勾配天井



久しぶりに購入前の中古物件見学。クライアントは高校の同級生。普通、零細設計事務所の仕事は友人と親戚が多いのが定石・・・なんだけど、実は私はやったことなくて・・・友達が少ないだけかな(笑)


ということで本題。この物件、最上階で屋根が三角形の勾配屋根になっている。こういう外観の最上階物件は、内部の天井も高くできることが多い。


実は今回、希望エリアが広かったことや、面白いリノベを望んでいることもあって、こういう物件をあえて紹介してみた。調べてみると案の定、天井裏には広大な空間があった。

ただ最初の写真を見ると分かるが、室内は平天井に仕上がっていることがほとんどで、普通は気づかないケースが多い。住んでいる人でも知らないこともある(汗)


今まで数件、こういった勾配天井物件のリノベーションをさせてもらったが、パッと見は戸建の平屋住宅のように仕上がる。高さによってはロフトを作ったりすることも可能で、同じ面積でも場合によっては1.5倍くらいの居住面積を取れたりもする。

ちゃんとした高さの部屋を確保するのは法規その他色々な面で難しいが、例えば子供室だったら、低い三角天井でリビングが見渡せるロフト部屋も面白いかも知れない。


また、高さをそのまま活かして解放的なリビングにすることももちろん可能。見た目は平屋の戸建住宅にしか見えない、非常に気持ちのよい空間にすることができる。

もちろんデメリットもしっかりあって、最上階物件は得てして他の部屋よりも価格は少し高いし、工事費用も大きくなる。また、最上階の天敵である夏の暑さの問題もある。断熱面積はかなり大きくなるので改修費用もかなり上がってしまう。

ただそういったデメリットを差し置いても、勾配天井の魅力は大きい。設計者としても色々なアイデアが浮かんでくる面白さもあり、こういう物件の相談がくると、自ずとテンションが上がってしまうのは否定できない・・・

Google マップ

なお、これから勾配天井の物件探しを考えている方にワンポイントアドバイス。

不動産情報には最上階という表示はあっても、勾配天井かどうかは載っていない。なので、物件をグーグルマップで検索して、航空写真で屋根形状を確認する。最近はグーグルアースに連動して、立体的に俯瞰できるようになってかなり便利になった。

また建築基準法の高さ制限により、建物が斜めに削られている場合は、例えば10階建の7階や8階でも最上階の場合もあるので難しい・・・

最終的には物件見学に行って、ユニットバスの天井点検口を覗いてみるしか確認のしようがないんだけど・・・最後は、プロに任せましょう。連絡くださいませ。

保存

ハーフユニットバスと窓を考える


窓際のハーフユニットバス
工事進行中の神戸ポートアイランドY邸。大工さんと現場打ち合わせ。設備屋さんがちょうどハーフユニットバスを設置中で、眺望の確認ができた。想像以上に気持ちよい。遊んでいるように見えるが、これも立派な仕事(笑)

マンションリフォームでの水周り、特にお風呂に関しては、年を重ねるごとに新しいことにトライしている。眺めや解放感という快適さをどうやって高めるか。お風呂は気持ちいいに越したことはないから。

なので近年採用率が上がっているのがハーフユニットバス。簡単に言うと、下だけユニットバスで上は自由に作れる。ハーフといっても高さは低いので、実際半分はない。なのに、フルユニットバスの半額というわけではなく、コストが高いのが難点・・・

ハーフユニットバス
マンションでお風呂を快適にしたい、という要望を叶えようとすると、自ずと配置が窓に近づいていくことが多い。眺望や明るさや解放感の確保ということはもちろん、カビや湿気の悩みに関しても、風通しや日光の確保が解決策になるので、窓際にどんどん近づいていく。

ただマンションの窓際は梁があったり、窓形状が複雑だったりと、規格品のフルユニットの設置が出来ない場合が多い。というわけでハーフユニットの出番となるわけ。


ただハーフユニット使っても柱の凹凸などある場合もあるし、北側廊下に面した窓だと人通りも気になるので、窓にべったり寄せられるケースはなかなかない。

そんな中、23階で周りに建物もない角部屋、窓の高さもハーフバスにちょうど合う今回のようなケースはレアで、風呂の位置に関しては施主の要望というより、私の猛烈なプッシュによるところが大きい・・・私がここに住むなら、絶対こうします、と。それを気持ちよく飲んで頂いたYさんのおかげで実現と相成ったわけ。

ちなみに浴槽に南を向いて入ると神戸空港と海が、北を向いて入ると六甲山系が一望。東面なので朝風呂もいいし、夜は夜景が綺麗なはず。完成がますます楽しみ〜

なお、防水対策を万全にするのはもちろんのこと、寒さ対策としてペアガラスの内窓の設置と、視線がゼロではないのでブラインドももちろん付ける予定。秋にはオープンハウス予定なのでお楽しみに。

保存

保存

Yチェアの秘密


Yチェアの秘密
Yチェアの秘密読了。世界で一番有名なチェアと言っても過言ではない、ハンスウェグナーのCH24、通称Yチェアについて、歴史からデザインまで包括して解説した一冊。面白くてすぐに読み終えた。

北欧家具は好きだったものの、最近になるまでウェグナーになかなか手出し出来ないでいたり。あまりにも有名すぎる王道は奥が深過ぎて気後れしていたのが正直なところ・・・(汗)

最近ひょんなことから北欧アンティークの世界に足を踏み入れてしまい、その面白さや素晴らしさにどっぷりハマり、やはり知らないわけには行かんとようやくウェグナーについて調べ始めて、その作品の多さと奥の深さに道のりの長さを痛感している次第・・・

で、主題のYチェア、ようやくアンティークで一脚手に入る予定で、未だ「持ってない人」でして・・・座ったことは何度もあるんだけど、座り心地はあまり好きではなくて。肘掛けが高すぎるとか、ペーパーコードの肌触りがちょい苦手とか、腿裏にあたる桟が痛いとか・・・

なので、チェアとしてはカイクリスチャンセンのNO42の方が好きで、彼のチェアは復刻もアンティークも含めて普段使いでお世話になっている。

アンティークのYチェア
ただ、Yチェアも持たず北欧家具マニアを自称するのは、RX-78を持たないガンダムマニアみたいなもん(?)なんていうよく分からない理由で食指を動かしかけていた私に、世界、とりわけ日本での人気が高く、10万脚以上売れているというこの椅子の魅力を、家具に詳しくない人にも分かる言葉で、デザインや歴史を絡めつつこの本は教えてくれる。

おかげで、純粋にYチェアを欲しくなった。道具として普段使いする中での気づき、みたいなものも楽しみにしたい。これから北欧家具を知りたい、という方にもこの本はオススメ。

ちなみに個人的に興味を持ったのは、模倣品問題の章。偽物は本当に多いらしく、本物の見分け方も書いてたり。で、リプロダクト(ジェネリック)家具についての苦言なんかもあったり。

あまりに普通に流通してるリプロダクト。実は一度痛い目にあってたりしてるのもあって手は出してないけれど、やはりこれからも絶対買うまい、と心に誓う。安いんだけどね・・・

あと、この本にはペーパーコードの正しい張り方も載ってます。Yチェアにどうしてもつきまとうこの問題、下手な人に頼んで失敗したりという話もよく聞くので、「持っている」方にも役立つかも。

何でもやりたがりの私としては、なんか自分でやってみたいなぁ、という気になってしまう。ペーパーコード、どこで買えるのかな・・・(笑)

Yチェアの秘密-人気の理由、デザイン・構造、誕生の経緯…、ウェグナー不朽の名作椅子を徹底解剖-

リフォーム産業フェア2016にて講演してきました


IMG_6088IMG_6083

IMG_6092IMG_6091

7/12.13の二日間、東京ビッグサイトで行われたリフォーム産業フェア2016にて、マンションリノベーションの講師として講演させて頂いて来ました。

最近講演控えてるので年明けに喋って以来、半年ぶり。そもそも東京に行くのも年末以来、と久しぶりだらけでしたが、セミナーのほうはやはりブランクが響いてましたね。パッと言葉が頭に浮かばない、というのが多々ありました・・・まぁ、たくさんの方にお聴き頂けたのでよかったかな・・・お越し頂いたみなさま、ありがとうございました!

12/5.6 大阪豊中の家 オープンハウスのお知らせ


大阪府豊中市で工事を進めてきました大阪豊中の家のオープンハウスのご案内です。

 

70平米弱の最上階角部屋。住戸をちょうど半分に区切るような構造壁で区切られた空間を、最上階ならではの勾配形状をいかし、住戸全てを杉の赤身のみ、ほとんど節のないグレードである上小節の板で仕上げた開放感のある家となっています。

 

 

全て勾配天井の空間のプランニングの難しいところは、壁をどう立てるか。天井まで仕切ってしまうような壁を作ると、とたんに開放感が失われてしまいます。今回はAV機器や玄関収納を両面使いにした家具や、箱のように配置したクローゼットなど、間仕切りを置き家具のように設置することで間取りを構成して、天井は全て繋がった空間として開放感を確保しました。これは大工さん泣かせで施工は非常に手間が掛かるのですが、非常に気持ちの良い空間ができあがりました。

※工事中のようすはこちらから
http://tinyurl.com/toyonaka-t

日時:2015年12月5日(土)・12月6日(日)
   13時~17時(時間内ならいつでもお越しください)
場所:大阪府豊中市 T邸
   阪急宝塚線 曽根駅 バス5分 徒歩5分  
   (近隣 コインパーキングあり)

※完全予約制です。お申込みいただいた方だけに詳しい住所とご案内をお送りいたします。
※建築関係の方のお申し込みも可です(一般の方の来場を優先させて頂きます)
※14~15時あたりが最も混雑するため十分な対応ができない可能性が多いです。
ゆっくりご覧頂きたい方は16時以降が狙い目です。

 

<コラボレーション>

木の家具、小物雑貨の展示販売、植物の展示販売も行います!
●iei studioさん(大阪府門真市)
http://ieeei.jp/
●春音さん(大阪府吹田市)
http://www.geocities.jp/syun_onn/
●Jクオリアさん(兵庫県芦屋市)
http://www.j-qualia.jp/

 

<オープンハウスのみどころ>

●掘り座卓にもなる小上がり座卓ユニット ver1.0
●New 小上がりがソファにもなる小上がり背もたれ座椅子 ver1.0
●ハーフユニットバスと杉材を組み合わせた勾配天井のサウナのような浴室
●最上階の勾配天井を活かし、杉の無節材で仕上げた開放的な木の空間です

申し込み方法:

参加ご希望の方は、こちらのfacebookのイベントページにて『参加予定』をクリックして頂くか、

info@mpl.co.jp

までお名前、住所、参加人数をお知らせくださいませ。みなさんのご参加をおまちしております。

11/23 千葉市川の家 オープンハウスのお知らせ


0-38

千葉県市川市で工事を進めてきました千葉市川の家のオープンハウスのご案内です。

専用庭付きの一階住戸、52平米のコンパクトな住まいを全面リノベーション。定番の小上がりユニットは座卓にもなる小上がり座卓ユニットも完備。おふとんをしまえる長い引出しも2本備えています。

0-40

リビングに配置したWCLは柿渋塗りの渋い色合いに。家具と建具を組み合わせることで箱を入れ子にしたように設けることで、リビングに圧迫感を与えないように配慮。また鏡を組み合わせたりすることで、壁式構造特有の住戸を分断するコンクリート壁の存在を消し、空間に広がりが出るよう設計しました。

床は吉野杉30ミリ、天井も同じく吉野杉の12ミリ。壁は珪藻土を塗り、キッチンや収納も全て大工さんお手製の木のマンションリノベーションになっています。

<工事中のようす>

IMG_2721 IMG_3041 IMG_3300

IMG_3564 IMG_3572 IMG_3570

 

関東での見学会は1年ぶり。次の予定も今のところありません・・・貴重な機会、お近くの方はぜひご参加くださいませ。

千葉市川の家 オープンハウス
11月23日(祝・月) 13時~17時
JR総武線 本八幡駅 徒歩10分

参加ご希望の方はこちらのfacebookイベントページにて『参加する』ボタンをクリックして頂くか、

info@mpl.co.jp

までお名前、住所、参加人数をお知らせくださいませ。みなさんのご参加をおまちしております。

奈良大和高田Nさんちメンテ訪問


IMG_1849昨年末にお引き渡しをした奈良 大和高田Nさんのお宅に工務店さんとメンテナンスで訪問してきました。2月くらいにもお邪魔しているんですが、整理収納アドバイザーでもあるNさん、さすがのしつらえなのです。ブログでも色々情報発信されていまして、私もいつも勉強させて頂いてます。

IMG_1850今回のメンテ、カウンターの穴あけやら壁の補修やらありましたが、実はダイニングの定番ペンダント照明(ルイスポールセンのトルボー)の交換という大役が私には課せられておりました。

交換といっても故障とかそういうことではなく、Nさんに自分で購入していただいた際、コードを短く発注してしまい、長さが足りないので妙に高い位置についてしまってまして・・・もう買ってしまったもの、交換というわけにも行かずお困りだったんですが、うちの自宅のトルボーのコードが長すぎて困ってたことを思い出し、ちょっと古くなるけどうちのと交換でどう?という物々交換が無事成立しまして、自宅から持ち込んで交換した次第。

で無事、いい高さに取り付きました。ダイニングのペンダントはなるべく低い位置、私の推奨は床から1300~1350ミリくらいの高さにつけるのがおすすめ。こうすると明かりの重心がぐっと下がるので、空間全体に落ち着きが出て、天井も高く感じるようになります。

IMG_1852IMG_1855IMG_1856工務店さんにはタモのキッチンカウンターに配線用の穴あけをお願いしました。これでモデムとかルーターとかネット関係の機材が収納内部に納まるようになりました。スケールは忘れてもノミは忘れない男、伏見さん。さすがです。めでたしめでたし。

IMG_1857

んで、前にお伺いした際にあまりの住まいっぷりに感動した私。また写真撮らせてもらう約束していたのですが、ようやく実行できました。Nさん、無理言ってすいませんでした・・・

DSC_2214ということで撮影した一枚。たまたま撮影中に学校から帰ってきたNちゃんと奥さんが入っているカットを。なんか楽しそうでいい一枚が撮れました。Nさん、おじゃまいたしました。また色々収納ノウハウ教えてください。ていうかセミナー、マジで企画しますので・・・(笑)

東大阪Yさんちメンテ訪問


5月はじめにお引き渡しした東大阪Yさんちにメンテナンスで訪問。リビング周りはまだ引越の荷物があるということで撮影自粛。キッチン周りだけちょっとご紹介。いい感じにディスプレイしつつ生活を楽しまれているようすがうかがえます。

こちらはキッチン背面の収納。Yさんのご要望でオープンな可動棚と引き出しのコンビネーションにしましたが使いやすそうだな、と感じました。

大きく張り出した南側の窓枠。この上物置けるなぁ、なんて話してましたがあまり活用されてない感じだったので、お持ちのCDとかDVDを少しレイアウトしてきました。その他、小上がり下部も今ひとつ使えてなかったので強引にお片づけお手伝いしてダンボール4箱ほど空けてきました(笑)

設計者としては、実は住まれてからの方が気になってたりします。少しでもすっきり住んでもらえるなら片付けするのはむしろ楽しかったり・・・

こちら、パントリー収納内部に設置した水生栽培機。レタスとバジルは順調ですがトマトはどうダメだったみたい。きっと眩しいので扉つけましょうという提案をさせて頂いたんですが正解でした。

色々お話伺うなかで、リノベーション後は生活で風の流れを感じるようになったとお聞きして、風通しマニアの私としてはとても嬉しかったです。Yさん、お邪魔いたしました。突然片付けしてすいませんでした(笑)またお邪魔いたします。

マンション遮音セミナーin大阪終了しました


遮音セミナーin大阪、無事終了しました。いつも二重床でお世話になっている竹村工業さんと協力して、昨年、大阪と東京で、今年は名古屋でも開催してきたセミナーです。

大阪は二回目でしたが今回は大阪木材仲買会館をお借りすることができました。前にJBNさんのセミナーでお話させて頂く機会がありましたが、木造の空間が成せる技なのか、非常に話しやすくて好きな会場。

これから大阪でやるときはここ固定にしたいと思います。


マンションリフォームで無垢材を使う事例はどんどん増えてますが、それに伴い下階との騒音トラブルも増えてきているように感じます。

もちろん、これからリフォームを考えている方が知識を付けて回避することも重要ですが、やはり設計や施工側、我々プロがしっかりとした知識を持っておくに越したことはないと思います。参加者の皆さんにも毎回好評頂けるのでとてもありがたく、ほぼボランティアの私としても持続するモチベーションになってます。

ご参加頂いた皆さん、竹村工業の皆さん、お疲れさまでした!

1 2 3 79 »

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.