木のマンションリフォーム・リノベーション-マスタープラン一級建築士事務所(大阪/兵庫/西宮/神戸/芦屋/宝塚/東京/神奈川/埼玉)

blog

熊野の野地木材さんと共同開発したヒノキ小幅板風羽目板


今年6月に熊野でみえ木の家ネットワークさんの依頼でセミナーさせて頂いたんですが、そのときに野地木材さんから依頼された熊野ヒノキを使った新商品開発プロジェクト。第一弾として共同開発したヒノキの小幅板風羽目板のサンプルが届きました。厚み12ミリ、働きは100ミリです。

普通、日本の林産地といえば、杉が8割、ヒノキが2割、というところが多いんですが、熊野は杉とヒノキの数が半々くらいらしく、ヒノキのいい材料がふんだんに山にあるんですね。ただ設計者側からすると、ヒノキ羽目板ってちょっと綺麗すぎる、そしてフラットすぎて使いにくい、というのが本音。杉より高いしね・・・

で、新商品開発、ということで、表面に溝を切ることで小幅の板が並んでいるように見せることにしました。これで表情に奥行きを持たせることができます。
さらに同じ働き巾の中で溝の本数を変えることで、2、3、4、5枚の小幅板に見えるように考えてみました。つまり4種類から選べます。ランダムに混ぜても面白いかも。

溝の巾や面取りは自分でカンナ掛けつつ、薄い板のスペーサー挟んだりして結構悩んで決定、その上で刃物を特注してもらってます。

鋸目だけで面取りなし、だと木目が繋がって小幅感が出ないし、逆に大きすぎるとダサい。その中間をなんとか目指しました・・・

また溝入れることで普通の板よりヒノキの香りが強い気がします。これは嬉しい誤算。現在進行中の現場で数件採用予定です。

小幅板の元ネタはもちろん、皆さんご存知北欧のあの巨匠、アルヴァ・アアルトがマイレア邸やカレ邸で天井に使ってるあの小幅板のイメージです。

で、こないだそのマイレア邸に実際に行ってきたわけですが、内部では写真撮影不可・・・しかも天井高くて届かずに、板巾測れなかったんすけど、実物の目測ではたぶん、今回のヒノキ3枚か4枚バージョンあたりが近いかなぁ、という感じです。

天井はもちろん壁材としても、また5枚板バージョンなんかはヨシベニアの代わりに和室の天井なんかにどうでしょうか。水回りの天井にもいいかも。

価格等詳しくは野地木材工業さんまで。小谷がFBに載せてたヒノキのアレ、で通じると思います!たぶん!
http://www.nozimoku.co.jp/

浦和の家、一ヶ月ぶりに訪問 & 温湿度測定機設置


今朝はタニタさんで例の新商品開発打ち合わせの後、先月お引渡しの浦和の家にお伺いしてきました。

すっかり片付いていてさすがの暮らしぶり。テーブルはまだ届いてないみたいでちょっと不便そうでしたけど・・・

で、今日の訪問の主目的ですが、はじめての全館空調物件ということで、年間通しての温湿度データを取るべく、クラウド温湿度計を設置させてもらおうと・・・

温湿度データを取る、というと、一昔前はおんどとりというデータロガー(一個三万くらいする・・・)を設置、一個一点しか温湿度取れない上に、定期的に訪問してUSB繋いでデータをパソコンに吸い上げる、というのが一般的でした・・・これがお金も手間も掛かるし、データ吸い上げてまとめないとグラフも見れない、というものだったんですが、最近はどんどん便利になってきました。

写真の装置はNETATMO(ネタトモ)といいまして、これ一個で温度、湿度、CO2濃度に騒音に大気圧などデータ測定可能。セットで外部用センサーが付いていて、そちらで外部気温や湿度なども測定。そして、それらデータをWifi経由でリアルタイムにクラウドにアップしてくれるので、いつでもどこでもデータやグラフの確認やダウンロードが可能なのです。

我が家でも去年から設置してますがとても便利。いやぁ、データ吸い上げてたころから比べたら隔世の感があるよね・・・

とりあえずリビングと北側のお子さんの部屋の窓際、外部の三ヶ所に設置してデータ測定開始させてもらいました。

で、ネタトモとは別に、こちらはデータ取りとかではなく、毎日の生活の上での視認用としての温度計も設置。この温度計もワイヤレスの子機で外の温度と湿度を測定、表示できます。特に断熱性を高めた住宅の場合、家の中が快適なので、そと出てから暑っ!、とか寒っ!となりがちなので、外の気温が目で見てわかるのは結構重要。

まだお引渡しして一ヶ月弱なんすけど・・・もうウォークインとかきれーいにびしーっと片付いてました・・・
なんと言ってもクライアントの奥さんはインテリアコーディネーターで整理収納アドバイザーも持ってるプロですので・・・
しかし最近、ほんとに建築関係のプロからのリノベーション依頼比率がすごいです・・・

今回、大人4人がそれぞれくつろぐ場所、ということで、大きなLDKを床の高さで用途別に分け、仕切りとしてのテレビボードで視線もゆるくずらすという仕掛けをしています。カーペット敷の小下がりリビングは作り付けのソファも相まって適度なこもり感がとても心地よいです。今日はその快適性を工務店さんとともに体で表してみました(撮影は奥さん・・・変なことさせてすみません・・・笑)

工事中の思い出話しやらなんやらとまったりお話してたらすっかり長居してしまいました・・・奥さん、お邪魔いたしました。また冬にエアコンの動作状況の体感確認にお邪魔します!

横浜弘明寺の家、大工工事大詰め


今日は横浜、弘明寺の家打ち合わせでした。施主さんと工務店さん、三者集まっての現場打ち合わせも回数を重ね、あと少しとなってきました。

大工工事もだいぶ大詰め。壁の下地はほぼ終わり、天井には石膏ボードが貼られています。

リビングを南北に貫く鴨居が姿を表していました。ここに引き戸が入り、リビングや個室空間と水回りを分けたり繋げたりといった可変性をもたせる予定です。

前回の浦和の家から採用し始めた、マンションリノベ全館空調システム。今回も取り組みます。天井裏に仕込むエアコンの室内機を工務店さんと確認。なんかエアコンとかの設備機器ってカタログでみても複雑で良くわからない、アンタッチャブルな領域なんですが、こうやって実物を触りながら考えると、仕組みとしてはとっても単純なんだね、ということが分かったりします。

個人的にはそういった、手で触る、手を動かすことで深く理解し、自分のものとして落とし込む、という感覚が好きで、大事にしているところです。カタログで見ていいなぁと思ったタイルが実物は今ひとつだったり、これは使わないな、という色が実はすごく質感よかったり、ってよくあるんですよね・・・だから狭い事務所はいつもサンプルでいっぱい・・・汗

その他色とかタイルとか施主さんと決めて打ち合わせ完了。引き渡しは12月中旬になると思いますが、オープンハウスはさせて頂く予定なのでまたご案内いたします。

オリジナルロングドリンク『ロンケロ』


楽天で頼んでたブツが届いた。フィンランドで有名なオリジナルロングドリンク、略して?なのか分かんないけど、みんなロンケロと呼んでるカクテル。

これが特にサウナ上がりに飲むと美味くて、向こうではみんなこればっか飲んでたなぁ。ヘルシンキオリンピックの時に開発されたらしい。

http://www.originallongdrink.com/ja/

日本では取り扱い店舗少ないけど何とか購入可能。これで気持ちだけでもフィンランド気分を味わえます( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

ヴィンテージ家具見学ツアーin加古川


昨日は恒例になったヴィンテージ家具見学ツアーin加古川でした。雨が降ったり止んだりあいにくの天気でしたが、建築関係の方に一般の方も含めてご参加いただきました。

ほぼ外、という環境の広い倉庫をいろいろ見て周りつつ、座ったり眺めたりしつつ家具談義に花を咲かせました。ワイワイしながら結局4時間近く楽しんできました。皆さんお気に入りを見つけられたみたいで何より。クロロスの阿部さんと山地さん、ご協力ありがとうございました〜

ここで今回みた家具をちょっとご紹介しときます。

箱物のデザインで有名なアルネ・ヴォッダーのライティングビューロー。こないだ垂水のクライアントさんも同じもの購入されてました。この引手の形状が彼のデザインの特徴です。上部天板を引き出して上に開くと鏡と化粧品入れが展開するギミック。素材はチークの突板。

イルマリ・タピオヴァーラのマドモアゼルチェア。白ペイントバージョン。このバージョンはたしか現行品でもまだあるはず、黒とかグレーもあったかな。ちなみにこれの着色されてないバージョンは私持ってます。ポートアイランドの家の竣工写真で写ってるやつ。

ハンス・J・ウェグナー GE290。言わずとしれたウェグナーのイージーチェアの代名詞的存在。今回割とたくさんありました。ちなみにこれはハイバックタイプ。ハイバックにもヘッドレスト形状によって2種類あることを今回初めてしりました・・・こちらの2シータータイプはポートアイランドの家の写真のリビングに写っているやつです。

ハンス・J・ウェグナー GE260。これ、写真でみたことあったんですけど実物は初めてみた。割とレアな子です。奥のブルーの張り地のほうはハイバックタイプ。

ハンス・J・ウェグナー GE240。あまり有名じゃないけど、ゴツめの290よりも240のほうが繊細で美しいなぁと思ってしまいます。この子はまだメンテ前で買い付けてきたそのままの状態。

ハンス・J・ウェグナー AP71。この子はほかのGEシリーズのゲタマ社製ではなく、ベアチェアなどの張りぐるみの椅子を手がけるAP stolenという会社が作ったものになりまして、アンティークしか存在しないレアな子。三段階のリクライニング、3段階のヘッドレスト高さ調整のほか、たためてしまう、というのが特徴です。これに折りたたみの肘掛けが付いているタイプを写真でだけみたことあります。

こちらは珍しいウェグナーデザインのトロリーワゴン。チーク製。天板は持ち上げるとそのままトレイになります。無垢だしかわいいデザインなんですけどね、ワゴンって日本だと使いみちに悩むよね。 アアルトもトロリーありますが、あれが似合う家ってのが想像つかないです。もちろんお値段もかわいくない・・・

こちらも結構マニアックなウェグナーのソーイングキャビネット。下にかごが引き出せるようになってるこういったキャビネットはデンマークヴィンテージではよくみかけますが、彼デザインのやつは初めて見た。天板は両端バタフライ構造になっていてほぼ倍の長さになります。調べたらPPモブラー製のPP33というらしい。

北欧のテーブルはほぼといっていいほどエクステンション。来客をよく迎えるってことなんでしょうね。丸テーブルを半円に引き伸ばして間に板(リーフ)を足すという仕組みもよくみかけますが、これはウェグナーデザイン。リーフは1枚。ちなみにアアルト自邸もエクステンションテーブルでした。デザインはアイノ・アアルトです。エクステンションテーブルは死ぬまでに一つぜひデザインしてみたいと思っています。まず自宅でほしいしね・・・

これはこないだも見かけたんですが、ボーエ・モーエンセンのリクライニングチェアになります。オットマン付き。2段階リクライニングと、背もたれは前に倒して小さくできます。こないだ見たやつは背もたれのスポークは木製だったんですが、これは籐張りでレアなタイプ。

しずおか木造塾2018講演


今日は静岡。去年に引き続き、しずおか木造塾さんにて講演させて頂きました。70名を超える方の前でいつもの関西弁、ややウケぐらいでしたが・・・^_^ 途中でiPhoneがフリーズ、尻切れで終わった去年の反省を活かしPCで臨んだ今回、5分オーバーで何とか最後まで行けました。ようやく肩の荷が下りた・・・あとは飲むだけ( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

去年に引き続き、しずおか木造塾さんにて講演させて頂きました。70名を超える方の前でいつもの関西弁、ややウケぐらいでしたが・・・^_^

今回は静岡の大先輩の建築家、アトリエMアーキテクツの松永先生の露払い講演。劇的ビフォーアフターでさだまさしさんの別荘のリフォーム設計をされた方です。今回はじめてお会いしたんですが気さくな先生で、懇親会では深夜までじっくり深い話をさせていただきました。

途中でiPhoneがフリーズ、尻切れで終わった去年の反省を活かしPCで臨んだ今回、5分オーバーで何とか最後まで行けました。ようやく肩の荷が下りました・・・

最近講演立て続けだったこともあり、ちょっと時間調整が上手になってきたかも・・・調子乗っちゃいけませんけど・・・

去年もそうだったんですが、懇親会は40名くらいで盛り上がる、というのが静岡での定番。静岡の方はセミナー時に控えめの方が多くて、結構おとなしい感じなのですが、懇親会で飲んだら豹変する方が多くて、たくさん質問をいただきました。皆さん建築に関して熱い方ばかりで私も楽しませていただきました。

講演にお呼び頂きましてありがとうございました!また来年も呼んでください(笑)

鹿児島のベガハウスさんで社内講演


昨日は鹿児島のベガハウスさん訪問。社屋とゲストハウスを見学させて頂いたのち、リノベに関しての社内講演をさせてもらいました。その後ゲストハウスにて懇親会。いやぁ、楽しかったし勉強になった・・・ エゲツない設計工務店さんに、しがない私の講演内容が少しでもお役に立ててたらいいけれど・・・

昨日は鹿児島のベガハウスさんという工務店さんを訪問。非常に設計力の高い工務店さんとして有名なところで、私は前からずっと訪問したいと思っていたんですが今回ようやくそれが叶いました。まずは社屋を見学させていただきました。ちょうど先月フィンランドで見学したアルヴァ・アアルトのスタジオを意識したという製図室、いやぁ、こんな環境で仕事ができるスタッフさん、羨ましいです。

こちらはゲストハウス。大開口から竹林がみえる素敵な空間・・・細かいところまで設計が行き届いているのがすごい。設計事務所と工務店の違いってなんだろう?と真剣に考えさせられる機会になりました・・・

社屋とゲストハウスを見学させて頂いたのち、今後鹿児島でマンションリノベーションを手がけられるとのことで、私からマンションリノベーションに関しての社内講演をさせてもらいました。その後ゲストハウスにて懇親会。いやぁ、楽しかったし勉強になった・・・ エゲツない設計工務店さんに、しがない私の講演内容が少しでもお役に立ててたらいいけれど・・・

ベガハウスのみなさま、おせわになりました。ありがとうございました!

横浜にてリノベーション打ち合わせ


今日は横浜。まずはコットンハーバーのタワーマンション打ち合わせ。竣工図がないので工務店さんに事前解体してもらって配管確認します。

前回伺った際は売主さんお住まい中だったのであまりちゃんと見れなかったんですが、今回は引渡し済で家具のない状態を確認できました。

しかしすごい眺めです・・・ランドマークタワーとか見えてます。

工務店さんにも同行してもらい、配管見えなかった部分など大工さんに穴開けてもらって確認してきました。

その後弘明寺の家に移動、クライアントと工務店さん含め現場打ち合わせ。乾式二重床と杉床張り終了。壁天井の下地工事に入っています。近隣からのクレームもなく工事は順調に進行中。

今回はほぼ可動家具で仕切るプランなので、工事中は壁が少なく非常に解放的。材料置場や作業スペースを確保できるのも地味ながら大きなメリットです。完成がたのしみ。

明日から鹿児島なので今日は日帰りで帰ってきました~

リフォーム産業フェアin大阪2018講演終了


今日はリフォーム産業フェアin大阪での講演でした。このフェア、毎年東京ビッグサイトでやっているのですが、今年はインテックス大阪でも初開催、ということでお声がけいただきました。早めについたので南港周辺をウロウロ。

コスモタワー(大阪府咲洲庁舎)に登ってみました。昔、数年だけ住之江区に住んでたことがあって、その時以来かもしれない・・・20年以上ぶりかな。当時は西日本で一番の高さを誇ったこのビルですが、今やあべのハルカスもできたし、なんやかんやでいつの間にか府庁舎になっちゃうし・・・なんというか、そこはかとない荒廃感がビルにも展望台にも漂っておりました・・・

会場到着。インテックスもなんかかなり昔に来て以来な気がします。どうしてもビッグサイトと比較しちゃうのでいけません。あちらは隣駅にガンダム御本尊もおられますし・・・どうも大阪の港湾部は元気がないです。等身大ザクとか立ててみたらいいんじゃないかな・・・

リフォーム産業フェアは東京でも2回ほど講演させて頂いてますが、参加者の皆さんはその名の通り、リフォーム屋さん。いつもは設計事務所さんや工務店さんにお話することが多いので、ちょっと勝手が違います。

一般の方からするとリフォーム屋さんも工務店さんも同じようなイメージかもしれないけど、ここには圧倒的な深い溝があって、技術や知識の多少の差ももちろんですが、建築に対してのまなざしといいますか、姿勢の違いというか・・・

建築をビジネスとして割り切るか、生き様として捉えるか、という違いといってもよいのかも。結論として私は前者が商売上手すぎて苦手、建築変態みたいな商売下手な人たちにシンパシーを感じてしまうし、そういう方たちの役に立つ内容を講演したいし、工事もやってもらいたいと思っています。

で、なんとか講演終了。オープンな会場で騒音に負けないよう声を張ってるうちに熱くなって盛り上がってくる、というパターン。時間きっちりでなかなかいい感じに話せました。今回の受講者さんは結構熱い方が多くて名刺交換もたくさんさせていただいたし、変態的な講義内容に大きくうなづいてくれている姿が印象的でした。

最終日の最終講演、普通はなかなか人が集まらないそうなんですがかなり集まってくれて、主催者側からは「よくこれだけ集まりましたね!」とお褒めの言葉いただきました。

とかなんとか語りつつ、今回のセミナーの顔写真がこちら・・・この写真、今年発刊された書籍の取材のときに撮ってくれた写真頂いたものなんですが、完全にチャラい・・・

こんな人が真面目な内容を話す、というギャップに参加者の方は萌えたのかもしれません・・・

・・・そろそろちゃんとした写真撮らないとまずいかな・・・

三女の運動会


今日は平日ですが、三女の小学校の運動会。本来なら先週末予定でしたが台風で順延になりました。平日開催なのでさすがに保護者は少なめ。

しかし今年は台風やら地震やら、自然災害の多い年ですね・・・

今日は秋晴れの気持ちよいお天気。運動会日和。

5年生の三女は応援団担当。ハチマキ巻いて頑張ってます。身長デカイので集団の中で目立つので写真撮りやすいです。

小学校の運動会も残すところあと一回。ついこないだ幼稚園だった気がするけど。あっという間。

1 2 3 36 »

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.