木のマンションリフォーム・リノベーション-マスタープラン一級建築士事務所(大阪/兵庫/西宮/神戸/芦屋/宝塚)

blog

木レール上吊り回転障子



現在工事中の神戸灘区K邸。大工工事も大詰め。リビング天井の杉板が貼られました。腰窓から見える緑とのコントラストが綺麗です。


で、今日は建具屋さんと現場打ち合わせ。今回いくつか初めての取り組みとなる建具があるので、大工さん含めて三人で検討してきました。

建具は基本的に、家の中であまり主張しないようにする、というのが私のポリシー。特に、使わないときは存在を消したい。建具はあるんだけど、仕舞うと何もない状態にできるのが理想です。

特に面積の限られたマンションでは大事なことだと考えてるわけですが、さりげなく建具を目立たなくさせるには事前の準備が色々必要。これが結構大変なわけです。


今回の工夫のひとつが、木製のレールを使った上吊り建具。上吊り建具はいつも使いますが、アルミ製のレールや複雑な機構の戸車が必要。コストや見た目の問題から、できればもっとすっきりさせられないかということで、木製枠を加工したレールと一般的に手に入る金物を使って考えてみました。

ちなみに写真は木の板を建具に見立てたサンプルを枠にはめてみたところ。サンプルは前日に事務所で自作しました。こういう作業は好物です。

で、この建具はリビングの一角の部屋を間仕切るためのものなんですが、完全に開放できるように、90度回転して壁際に納まるようにしています。

回転建具と呼んでますが、この動きは上吊りアルミのレールでは施工が難しい。既製品もあるにはあるんですが、高いしデカイ。リビングの目立つところにはできれば使いたくないシロモノだったので、なら作ってしまえ、となったわけです。

回転建具の動きを動画撮影してみました。滑らかに動いている様子が伝わりますでしょうか。実際の建具はもっと大きいし重いのですが、とりあえず動きだけは確認できたのでよしとします。

もう一つ、大物建具の新ネタがあるんですが、そちらはもう少し形になってからご紹介しようと思います。

保存

保存

ハーフユニットバスと窓を考える


窓際のハーフユニットバス
工事進行中の神戸ポートアイランドY邸。大工さんと現場打ち合わせ。設備屋さんがちょうどハーフユニットバスを設置中で、眺望の確認ができた。想像以上に気持ちよい。遊んでいるように見えるが、これも立派な仕事(笑)

マンションリフォームでの水周り、特にお風呂に関しては、年を重ねるごとに新しいことにトライしている。眺めや解放感という快適さをどうやって高めるか。お風呂は気持ちいいに越したことはないから。

なので近年採用率が上がっているのがハーフユニットバス。簡単に言うと、下だけユニットバスで上は自由に作れる。ハーフといっても高さは低いので、実際半分はない。なのに、フルユニットバスの半額というわけではなく、コストが高いのが難点・・・

ハーフユニットバス
マンションでお風呂を快適にしたい、という要望を叶えようとすると、自ずと配置が窓に近づいていくことが多い。眺望や明るさや解放感の確保ということはもちろん、カビや湿気の悩みに関しても、風通しや日光の確保が解決策になるので、窓際にどんどん近づいていく。

ただマンションの窓際は梁があったり、窓形状が複雑だったりと、規格品のフルユニットの設置が出来ない場合が多い。というわけでハーフユニットの出番となるわけ。


ただハーフユニット使っても柱の凹凸などある場合もあるし、北側廊下に面した窓だと人通りも気になるので、窓にべったり寄せられるケースはなかなかない。

そんな中、23階で周りに建物もない角部屋、窓の高さもハーフバスにちょうど合う今回のようなケースはレアで、風呂の位置に関しては施主の要望というより、私の猛烈なプッシュによるところが大きい・・・私がここに住むなら、絶対こうします、と。それを気持ちよく飲んで頂いたYさんのおかげで実現と相成ったわけ。

ちなみに浴槽に南を向いて入ると神戸空港と海が、北を向いて入ると六甲山系が一望。東面なので朝風呂もいいし、夜は夜景が綺麗なはず。完成がますます楽しみ〜

なお、防水対策を万全にするのはもちろんのこと、寒さ対策としてペアガラスの内窓の設置と、視線がゼロではないのでブラインドももちろん付ける予定。秋にはオープンハウス予定なのでお楽しみに。

保存

保存

Yチェアの秘密


Yチェアの秘密
Yチェアの秘密読了。世界で一番有名なチェアと言っても過言ではない、ハンスウェグナーのCH24、通称Yチェアについて、歴史からデザインまで包括して解説した一冊。面白くてすぐに読み終えた。

北欧家具は好きだったものの、最近になるまでウェグナーになかなか手出し出来ないでいたり。あまりにも有名すぎる王道は奥が深過ぎて気後れしていたのが正直なところ・・・(汗)

最近ひょんなことから北欧アンティークの世界に足を踏み入れてしまい、その面白さや素晴らしさにどっぷりハマり、やはり知らないわけには行かんとようやくウェグナーについて調べ始めて、その作品の多さと奥の深さに道のりの長さを痛感している次第・・・

で、主題のYチェア、ようやくアンティークで一脚手に入る予定で、未だ「持ってない人」でして・・・座ったことは何度もあるんだけど、座り心地はあまり好きではなくて。肘掛けが高すぎるとか、ペーパーコードの肌触りがちょい苦手とか、腿裏にあたる桟が痛いとか・・・

なので、チェアとしてはカイクリスチャンセンのNO42の方が好きで、彼のチェアは復刻もアンティークも含めて普段使いでお世話になっている。

アンティークのYチェア
ただ、Yチェアも持たず北欧家具マニアを自称するのは、RX-78を持たないガンダムマニアみたいなもん(?)なんていうよく分からない理由で食指を動かしかけていた私に、世界、とりわけ日本での人気が高く、10万脚以上売れているというこの椅子の魅力を、家具に詳しくない人にも分かる言葉で、デザインや歴史を絡めつつこの本は教えてくれる。

おかげで、純粋にYチェアを欲しくなった。道具として普段使いする中での気づき、みたいなものも楽しみにしたい。これから北欧家具を知りたい、という方にもこの本はオススメ。

ちなみに個人的に興味を持ったのは、模倣品問題の章。偽物は本当に多いらしく、本物の見分け方も書いてたり。で、リプロダクト(ジェネリック)家具についての苦言なんかもあったり。

あまりに普通に流通してるリプロダクト。実は一度痛い目にあってたりしてるのもあって手は出してないけれど、やはりこれからも絶対買うまい、と心に誓う。安いんだけどね・・・

あと、この本にはペーパーコードの正しい張り方も載ってます。Yチェアにどうしてもつきまとうこの問題、下手な人に頼んで失敗したりという話もよく聞くので、「持っている」方にも役立つかも。

何でもやりたがりの私としては、なんか自分でやってみたいなぁ、という気になってしまう。ペーパーコード、どこで買えるのかな・・・(笑)

Yチェアの秘密-人気の理由、デザイン・構造、誕生の経緯…、ウェグナー不朽の名作椅子を徹底解剖-

東大阪Yさんちメンテ訪問


5月はじめにお引き渡しした東大阪Yさんちにメンテナンスで訪問。リビング周りはまだ引越の荷物があるということで撮影自粛。キッチン周りだけちょっとご紹介。いい感じにディスプレイしつつ生活を楽しまれているようすがうかがえます。

こちらはキッチン背面の収納。Yさんのご要望でオープンな可動棚と引き出しのコンビネーションにしましたが使いやすそうだな、と感じました。

大きく張り出した南側の窓枠。この上物置けるなぁ、なんて話してましたがあまり活用されてない感じだったので、お持ちのCDとかDVDを少しレイアウトしてきました。その他、小上がり下部も今ひとつ使えてなかったので強引にお片づけお手伝いしてダンボール4箱ほど空けてきました(笑)

設計者としては、実は住まれてからの方が気になってたりします。少しでもすっきり住んでもらえるなら片付けするのはむしろ楽しかったり・・・

こちら、パントリー収納内部に設置した水生栽培機。レタスとバジルは順調ですがトマトはどうダメだったみたい。きっと眩しいので扉つけましょうという提案をさせて頂いたんですが正解でした。

色々お話伺うなかで、リノベーション後は生活で風の流れを感じるようになったとお聞きして、風通しマニアの私としてはとても嬉しかったです。Yさん、お邪魔いたしました。突然片付けしてすいませんでした(笑)またお邪魔いたします。

採寸と現場調査行ってきました


今日は朝から千葉県市川市へ。先日物件見学にお付き合いしたSさんちの採寸にお伺いしてきました。久しぶりの関東かと思ったら、ちょうど1ヶ月前に横浜のセミナーで来たとこでした。



物件は50平米ちょっと、とかなりコンパクト。一階角部屋で専用庭つきの物件です。一階の事例が密かに少ない私、しかもコンパクトってだけでテンション上がります。庭と部屋との間のバルコニーで双方の繋がりが切れてしまっているのが残念なので、できるだけなんとかしたいところ。



今回、いろいろ手伝ってもらっているひだまり設計工房の山本さん。電動工具を使いこなす現場女子です。かっこいい。私より男子力高いかもしれません・・・(笑)

点検口も全て開けて内部確認。キッチンの縦管、そこに接続する横管が土間に埋まっているらしく、なかなか曲者っぽいです。


北側にある二箇所の出窓。前住者さんが何かシートを貼っていたような跡がありますが、間違いなく冷え込みと結露は凄かったのではないでしょうか。ここの断熱改修は必須ですが、出窓の断熱付加は既製品の窓では微妙に難しかったりします。工夫したいところ。

また、一階なので床下の冷え込みを防ぎながらどう遮音性能を確保するか、要検討です。あと悩ましいのはキッチンの配置かなぁ・・・
まぁ、小さいところにちくちく悩むのが私の性分に合ってるので、たのしむこととします(笑)

杉羽目板天井とロフトのあるセカンドリビング


今日は神戸ハーバーランドK邸で、施主さん、工務店さん交えた現場打ち合わせに行ってきました。工事内容の確認と壁や天井仕上げの色の最終確認をさせていただきました。


メゾネット住戸の階段が完成しています。既存のコンクリート階段の精度が悪いうえ、二重床で床高が変わるというかなりの難工事。大工さんもかなり時間かかったようです・・・お疲れ様、しか言えないのが申し訳ない・・・


 この家、一階と二階に二つのリビングを持つ贅沢なプランに初挑戦。141平米もありますからね・・・特に二階のセカンドリビングは豊富な天井高を活かし、一部ロフトを設けています。南側は庭に面したコーナー窓になっており、ここには引込みの障子を設ける予定です。


ロフトのようす。吹抜けの天井高は3500ミリちょっと。高すぎない絶妙な空間となりました。天井は杉の羽目板貼り。この部屋は壁の珪藻土も少し色入れるので落ち着いた大人の空間になると思います。う〜ん、仕上がりが楽しみです。

材木祭りin平林


  

今日はいつも材木でお世話になっている橘商店さんの材木祭りにお邪魔しました。大阪の平林という、車でしか行けないところにも関わらず、朝から大勢の人で賑わってます。


家具製作やオープンハウスの展示でも協力してもらってるiei studioの永田くん、ogumaの大橋くんのほか、知り合いもブース出してて盛り上がってます。建築やさんの知り合いも多数・・・

今回気になった木。桂の無垢板です。桂自体、あんまり建材として出回らないので非常に珍しいです。久しぶりに材木買いたくなってきた・・・汗

一般の方にとって材木って、なんだかよく分からない世界。少しでも身近に感じてもらうには見て触れてもらうしかない。なのでこういったイベントはとても意義のあるものだと思います。

仲間うちで、こういった木材と人を近づけるイベントをもっと何かできないもんか、色々考えてみたいなと思いました。

杉LVL材下地工事(明石I邸)


明石I邸、施主さんと工務店さんと現場打ち合わせでした。


壁や天井の下地となる杉LVL材の取付が進んでいます。今回、面積が広いこと、断熱改修した壁も広範囲に渡ることもあり、下地工事はかなり大変みたいです。

  施主さんとキッチン周りの打ち合わせ、工務店さんと細部の打ち合わせもしてきました。次回はユニットバスの設置、杉の天井貼りや石膏ボード張りも始まってると思います~

ホームページをリニューアルしました



長らくデザインを変えていなかったホームページを全面リニューアルしました。

iphoneなどのスマートフォンでも見やすいよう最適化しています。
ブログ更新や事例追加なども不定期ですが行っていきますので今後ともよろしくおねがいいたします!

1 2 3 28 »

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.