木のマンションリフォーム・リノベーション-マスタープラン一級建築士事務所(大阪/兵庫/西宮/神戸/芦屋/宝塚)

大きな土間玄関とアイランドキッチンのある木の家(横浜)

完成見学会&お引渡し、無事終了(横浜市 マンションリフォーム)


今日は午後から、西宮市名塩にて完成見学会でした。
寒い中、たくさんの方にお越し頂き、ありがとうございました。

その様子はまた明日にでもご報告するとしまして、、、まずは土日の関東遠征のお話を。

土曜日には、午後に埼玉で採寸、夜には十月にお引渡しさせて頂いたM邸にお伺い。
その翌日の午後から、横浜市にて完成見学会なのでした。

写真 1 (3)

ちょっと前後しますが、横浜市のお住まいの見学会&お引渡しが無事に終了しましたので、
まずはそちらの様子をご紹介です。

当日は、早めに現場に入り、リフォーム工事をお願いした岡庭建設さんのスタッフさんと建築談義。
お天気も最高に良く、南面の掃き出し窓からは日差しが差し込んでいました。

お日さまのエネルギーで杉床も徐々に暖まり、座り込んでいると、本当に心地良い。
心地よすぎて、眠気が・・・(笑)

0129047819cf98f55795634255f2eb94ee42345b11

ポカポカとした杉床の上で睡魔と闘っているうちに、午後一時。見学会スタートです。

当日は、これから木のリフォームを検討されている方、プロの方、そしてそして、関東方面の
木の家OBの皆さんがお越し下さり、終始賑やかな見学会にして頂きました。

寒い中、見学会にお越し頂きまして、ありがとうございました。
そして、何よりも完成見学会の開催にご理解下さった、施主さんには本当に感謝感謝で
ございます。ご協力、ありがとうございました!!

011d0d7603bce938d74c750281f67f2784cb98627f-001

また、そのうちにホームページ等でご説明をさせて頂くのですが、ここでも簡単にご説明を。

LDKの北面(掃き出し窓の対面)側は、こういった仕上がりです。
左側のユニットバス面との間仕切りには、土佐栂材が張られています。

まだ養生が外れてすぐですので、白っぽい色合いに見えますが、経年変化で色合いが徐々に
色濃く、キャラメルの様な艶のある雰囲気に変わっていく事をイメージしています。

お引渡しから一年後、二年後、さらに雰囲気の良いお住まいに変わっていくと良いなぁ。
木材の経年変化を楽しんでもらいながら暮らしてもらえると、すごく嬉しいですね。

011855932a79dc745a6d77439ea249abd648f432a5-001

施主さんとご相談しながら、割付を考えたキッチン収納の評判も良かったです。
大工のオオタさんの仕事もとても丁寧で、縦のラインも横のラインもビシッ!っと通り、家具の様な、
そんな仕上がりに感じられました。

01d73406b13a9a0556e12dcec8b015136186c4d826-001011a118a4614599330f713696d13ca840af1cca5a5
011fa2c70b3da32799226b4e56ed38aef02b3c490b016b2b10057e4f1f6f34998ec4bbbff003dfce1a55

その他、、、洗面・トイレの採光ガラス欄間、玄関のミズメ框などなど。

木のマンションリフォームをご検討中の方には、実際にたくさんの木材や私たちが標準にしている仕様をご覧頂く事が出来ました。ぜひぜひ、今後の参考にして頂ければ幸いです。

0147c651d9da58206f93a57a449877ad1cd3bba7c1

ちなみに、見学会中に隙を見つけてカウンターや建具のミツロウ塗りをお手伝い。
(↑小谷がキッチン側板のピーラーフラッシュにミツロウワックス塗装中)

っと思っていましたが、まばらにご来場された事もあって、あまりお手伝い出来ずでした。。。
しかししかし、施主さんの頑張りのお陰で何とか、見学会中に仕上げて頂きました。

お休み無しで塗られていたので、今頃お疲れが出ていないでしょうか。。。(汗)

見学会終了後には、工事完了書や監理報告書等の事務作業を行い、無事に
(ちょっと残工事が発生する事になりましたが・・・汗)お引渡しをさせて頂きました。

九月から始まった木のマンションリフォームもとりあえず、これで一段落。
残工事は、一月の中頃に工務店さんに伺って頂く予定です。

採寸からお引渡しまで、おおよそ十ヶ月ほど。
いつもドタバタな私たちにお付き合い頂き、本当にありがとうございました。

自然素材を多く使ったお住まいは、お引き渡し後のメンテナンスが大事になりますので、何かあればご連絡くださいませ。ではでは、今後ともどうぞ、よろしくお願いいたします。

大工工事ラストスパート!(横浜市 マンションリフォーム)


明後日は、神戸市須磨区にて完成見学会でございますよ。

最上階住戸という事もあり、LDKの天井高さは4mほど。南面からの日もよく入り、とても
開放的な空間になっています。また、その高い天井を利用して、ロフトも設けました。

大人にも子どもにも嬉しい、籠もれる空間になっています。
ここにぜひぜひ、見て頂きたいポイントです。ご都合良ければ、ぜひぜひお越しくださいませ。

お申込みはこちら⇒『大きなロフトとイチイの大黒柱のある最上階リノベーション』完成見学会

IMG_3634

さてさて、ブログが遅れてしまいましたが、日曜日にマンションリフォーム工事が進む横浜市の現場
確認に行ってきました。

現場は大工工事の終盤。壁・天井下地などはほぼ出来上がり、キッチンや収納等の造作
を進めてくれていました。

↑の画像の中央に幅95cm長さ240cmのステンレスカウンターが据えられます。
廊下側の収納とも組み合わせているので、収納力のある造作キッチンが出来上がります。

IMG_3534

その他の大工造作は言うと、こちらは洗面カウンター。
この上に洗面器を載せて、前面は一面ミラー張りになります。

今回は、ブラックチェリーの幅ハギ材を使っています。一段上がった化粧棚も同材です。
壁は珪藻土の白、床面もサーモタイルの白ですので、ブラックチェリーの色合いがより際立ちますね。

ミツロウワックスを塗ると、もっともっと素敵になるでしょう。そのお楽しみはもう少し先です。

IMG_3541IMG_3542

キッチン収納にもブラックチェリー材を使っています。

現場ではちょうど大工のオオタさんが、ハギ材をカットしている最中でした。
造作キッチンと同じ長さの240cmもある収納なので、天板もかなりの迫力ですね。

こちらも白っぽい箇所もなく、きれいなハギ材です。ありがたいありがたい。

IMG_3570IMG_3571

洗面・トイレの天井は、杉の羽目板張りにしています。

また、洗面(元キッチン)の勝手口から差し込む明かりをトイレにも、っという事で、
視覚的に天井面をつなげて、ガラスで仕切るようにしています。

右側の画像の切り込みは、ガラスが差し込まれる溝ですね。
木目もしっかりと合わせてくれていて、より天井のつながりを感じられます。

IMG_3584

作業中にぶつかりそうな箇所はがっつりと養生されていたのですが、前回のブログでご紹介したLDKアクセント壁の土佐栂も張られています。

すごく楽しみにしていったのですが、養生された上から合板も置かれていたので、全面確認は断念。。。施主さんから、「素敵に張られていましたよ」と連絡もらっていたので、楽しみにしていたのですけどねぇ、、、珪藻土塗りが終わって、設備機器の取付やらが終わるまで(あと3週間くらいかな)の辛抱です。

とりあえずは、上の隙間から見える土佐栂材を見て、一人ニンマリしていました。(笑)
日に焼けたらもっともっと良くなるだろうなぁ、一年後二年後の姿がとても楽しみです。

大工工事は週明け、火曜日で上がりだそう。ラストスパートよろしくお願いします!
それが終われば、珪藻土クロスが入って、いよいよ珪藻土左官塗り!

内装仕上げの段階に入ってくると、どんどんとお住まいらしく変わっていきます。
仕上がりがとーっても楽しみ。監督さん、職人さん引き続きよろしくお願いしますね~。

では、またー!

土佐栂・ブラックチェリー材の確認と枠材の検品


ブログ更新が遅れてしまいましたが、台風27&28号が来ていた先週末に
木のマンションリフォーム工事が進む、横浜市泉区の現場へ。

IMG_7137

タケムラ工業の桧間伐材を使った乾式遮音二重床の施工も終え、その上にはいつもの奈良県吉野の丸岡材木さんにお願いしている杉フローリング(厚さ3cm)も張られています。

作業中にキズや汚れが付いてしまわぬように、しっかりと養生されていましたので、この住まいの杉床を見られるのは、まだ少し先になります。年末の楽しみにしておこうと思います。

今回、MBから住戸内に取り込まれている給水・給湯・ガス配管の位置が高かったので、天井配管になっています。天井に走っている、青色が水。赤色がお湯。白がガスですね。

スイッチ・コンセント・電灯照明配線も既に、仕込まれています。

IMG_3055

台風27号が接近していたので、外はもちろん雨。しかし、角部屋住戸の現場は開口部が多いく、室内が明るい。外気にさらされる面積は多い分、どうしても暑さ寒さに影響されやすくなっていますますが、この明るさは角部屋ならではですね。

工事の進捗具合ですが、先週に窓サッシ枠、間仕切り壁下地の造作をされていたので、徐々に、
住まいのボリュームが感じられるようになってきているのかなと思います。

IMG_2998IMG_3004

さて、今回も木材の確認を。

LDKの壁の一部は、こちら↑土佐栂材で仕上げる予定。緻密で通直な木目も板材もあれば、
ダイナミックな板材もあったりですが、色合いが杉材よりもちょっと濃い(キャラメル色)感じで、とても好みな感じです。

西日がよく当たる面に張りますので、しっかりと焼けて良い色になってくれるんじゃないかと思います。

IMG_3039

玄関框に使った13cm角のミズメも養生をちょっとめくってチェック。
杉との相性もなかなか良さそうですね。早く全面が見てみたい。ここも楽しいなところです。

IMG_7121IMG_7129

で、現場で施主さんご夫婦と材木についてお話していると、運送屋さんがこんにちは。

関西からブラックチェリー材のお届け物が到着。マンションでの荷揚げを考えて、出来るだけカットしてもらってからの出荷でしたが、キッチン収納の天板が2,4mありましたので、エレベーターには載らず・・・(汗)

運送屋さん、大工さん、私で階段で上げる事に。。。
いやぁ~、やっぱりチェリー材といえども、サイズが大きいと重いですね。階段が比較的、オープンなつくりで本当に助かりました。

大きな物の荷揚げは大体終わり、残すは95×240cmのステンレスカウンターのみ。
出来ればお手伝いしたいですが、タイミング合わせれるかな・・・。どうか、よろしくお願いします。

IMG_3008

施主さんにブラックチェリー材を確認して頂きました。芯材の褐色部分と辺材の白太部分がはっきりと見えますが、日に焼ける事で差が無くなっていくでしょう。そうした変化も無垢材の楽しみかなと。

そして、ブラックチェリー材の確認後は急ぎ、鴨居・戸当り用に注文した米栂の枠材が発注した寸法通りに入っているか、一つずつチェック。

一つずつスケールをあてて、持参した発注書の寸法と納品寸法に違いがない事を確認。
発注した通りの寸法、本数が現場に入っている事を確認出来ました!

現場ではこの枠材の加工(建具の上吊りレール溝や防寒じゃくり等)を進めているところですかね。大工さん、引き続きよろしくお願いします!

では、またー。

横浜市にて木のマンションリフォーム開始


西宮市は今日も日中は暑かった。。。
この時期は人によって、服装にすごく差が出ますね。半袖の人がいると思えば、そこそこ厚着して
いる人もいたり・・・(笑)急に気温が下がったりしますので、服装選びは気をつけないとですね。

IMG_2768

さて、先週明けから横浜市で新たに木のマンションリフォームが始まっています。

現在は解体工事を終えて、桧間伐材を使った乾式二重床・吉野から運んでもらった杉フローリングの施工が進められているところ。

現場確認に向かった時点では、杉材はまだ梱包されている状態でしたが、ほのかに杉の香りが。
ダンボールから香りが漏れでているのでしょうかねぇ。

見た目はまだまだ工事途中の現場ですが、漂う香りは木の住まいになりつつあります。

IMG_2759

現場の片隅に積み上げられているのが、この現場で使用する杉材。
床に張る杉フローリングの他、天井の杉羽目板や棚板も入っています。

この近くによると、杉材の心地よい香りが強くなります。

IMG_2748IMG_2753

ガムテープで厳重厳重に(もうちょっと簡易にしても良いような・・・)、養生された梱包を開けて、杉フローリングをチェック。

これまでに何度も見てきた丸岡材木さんの杉フローリングが登場。

色合い、節の多少・数、香り、木目、何度も何度もこの杉材を使わせてもらっていますが、
ほんと飽きませんねぇ(笑)プレナー仕上げの材は、手触りも本当に良くて、柔らかさもしっかりと
感じる事が出来ます。

IMG_2747IMG_2746

今回はマスタープランで丸岡さんの材木を段取りしていますので、注文通りに現場に納品されているか、発注書を確認しながら一項目ずつチェックしていきます。

タブレットで発注書PDFを開いて、片手にスケール、もう片手には納品書のナウイスタイルです。

丸岡材木さんに頼んでいた材木は、しっかりと納められている事を確認。
後は、大阪の橘商店さんに頼んでいる枠材、そろそろ段取りしなきゃと思っている神戸は木童の
土佐栂板。そして、ブラックチェリーの巾接ぎ材。

マンションリフォームとなると、材料の置き場所も限られますので、現場の進捗に合わせて納品の
日程を組むようにしているのですが、、、まぁ、上手く出来ていない事が多く、工務店さんには迷惑を掛ける事が多いのが現状・・・(汗)

現場は大工のオオタさんによる木工事が進みます。また、現場に向かいましたら、ブログで進捗お伝えしますね!では、また!

魅惑のツルスベ杉床になりました(横浜市 木のリフォーム)


雨が降らないなぁ。。。。ほんと降らない。 街路樹の木々の葉っぱも元気がないような・・・

自宅で育てている植物さんたちも水切れしないように気をつけていますが、たまには雨でズブヌレに
なりたいだろうなぁ・・・っと。人間だって海とかプールとか、行きますもんね・・・

IMG_1839

さて、日曜日の話なのですが、久しぶりに関東出張。

横浜市で木のマンションリフォームを検討中のOさんご夫婦とプランニングお打合せでした。
フェイスブック等を使って、図面や完成イメージパースのやりとりをさせて頂いていましたが、詰めの
段階になるとネットだけではちょっと不安・・・

お会いしてご夫婦と直接お話させて頂く事で、モヤモヤとしていたところもあっという間にまとめる事が出来ました。ご夫婦の表情・口調等から何に重点を置かれているのか、不安に思われているのか感じる事が出来、良い時間を過ごすことが出来ました。

設備機器の確認やお見積り等、工事着工に向けて進めていこうと思います。
進捗ありましたら、ブログでもご紹介させて頂きますので、乞うご期待です~。

そしてお打合せの後は、昨年末にお引渡しをさせて頂いた川崎市H邸にご訪問!
お盆中、突然のOB邸訪問のお願いになりましたが、素早くご対応頂き、ありがとうございました。

IMG_1841

Oさんご夫婦にはこれまでに世田谷区や宝塚市(まで来てくれました!)の完成見学会にお越し頂いていましたが、生活されているところはまだご覧頂いておらず・・・

是非一度、実際に生活されている木の住まいを感じてもらいたくて、リクエスト頂いたのが川崎市H邸なのでした。

特に今回のOさんご夫婦のプランでも、950×2400ステンレスカウンターの造作キッチン&開き戸収納、背面のカウンター収納等を検討しておりましたので、その使い勝手や視線の抜け等を実際に感じて頂けたのではないかと思います。

図面やイメージパースでは仕上がりの状態はお伝え出来ても、どれくらいの収納量があるのか~っというボリューム感はなかなかお伝えするのが難しいところですので、そういった点でもHさん邸の収納を一つの物差しにして頂けるかなと思います。

IMG_1842

全体的なご案内を終えて自由にご見学頂いている間、Hさんご夫婦にお打合せ中のプランを
見てもらっていました。(OBさんに見せるのは正直、結構緊張するのです・・・笑)

図面とイメージパースを見比べながら、「玄関土間が広くていいな~」 「ウォークインクローゼット広いな~」とご夫婦で楽しそうにお話されているのを見ていると、Hさん邸お打合せ・工事中の楽しいやりとりを思い出しました(笑)話が脱線する事がたくさんあったような気が・・・

こうして木のリフォームを考えられている方をお連れして、お伺いさせて頂けるという事は本当に幸せな事ですよね。見学をいつも快く受け入れてくれるOBさんには感謝感謝です。

IMG_1856IMG_1858IMG_1860

2時間半ほど見学させて頂き、Hさん邸初のご訪問イベントは無事に終了。
お忙しいところご協力頂きまして、本当にありがとうございました。

・・・で、その後は、Hさん邸にて晩ごはんをごちそうになっちゃいました。
噂のご主人手作りのお料理を堪能して、そして、そう!ウイスキー。

奥さんの旅行先で買ってきてもらったという、イギリスのウイスキー(中央茶色の三角の形をした瓶)
で慣らし運転を少々。そして、ご主人がニコニコ(ニヤニヤ??)して自室から持ってこられたのが、
アードベッグ(左、緑の瓶)という、独特な香りで有名らしいウイスキー。

まず、香りが本当ににすごい、っというかえげつない(笑)病院の匂い(ヨウ素?)がするんだもの。。。そして、口に含むと、一瞬で甘いような苦いような味が口内に広がりまして・・・脳みそがびっくりしたのか、一瞬視力が良くなりました(本当に)。

下戸の私ですが、ウイスキーの楽しさがちょっとだけわかったような気がして、嬉しかったです。

IMG_1864IMG_1870

そうそう、ブログタイトルの「魅惑のツルスベ床」。

約8ヶ月振りにHさん邸に伺って、最初に感じたのが、杉床の艶っぽさ。
写真は通る回数が一番多い中央廊下になりますが、見事にツヤツヤツルツル。

お子さんがよく滑りながら移動しているらしいので、その磨かれ効果でしょうかねぇ。。。それとも誰もいない時


PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.