木のマンションリフォーム・リノベーション-マスタープラン一級建築士事務所(大阪/兵庫/西宮/神戸/芦屋/東京/横浜/埼玉)

本棚廊下と自転車ガレージのある木のリノベーション(芦屋)

木製内窓メンテ&木の家OB訪問(マンションリノベーション 芦屋)


小谷です。今日は朝から、今年春にお引渡しした芦屋Oさんちにメンテナンス。

IMG_4551IMG_4553IMG_4555

南側バルコニーに面する大型掃出し窓。真ん中が斜めになっていることもあり、既成品の内窓が使えなかったため、木製建具で作った内窓。見た目はすごくいいんですが、性能を持たせるのが非常に難しい。結露するとのことなので、もう少し気密を上げようと工務店さんとお伺いしてきました。

スキマにコーキングしたり、気密材追加したり、と色々試行錯誤・・・住戸内の相対湿度も少し高めだったので、換気もお願いしてきました。このあたり、住宅ごとにライフスタイルも違うので一般解というのはなく、判断はほんとに難しい・・・まぁ、内窓つけたら結露が100%なくなる、というわけではなく、やはり、ご家族ごとに個別に最適解を考えていくしかないんですよね。

もちろん断熱性は体感されているようで、朝起きた時のリビングの室温は20度切らないらしいです。これは断熱改修された色んなOBさんからお聞きしますが、やはりマンションは窓が大事、ってことがよく分かりますね。うらやましい・・・Oさん、長時間お邪魔しました!

 

IMG_4576IMG_4556IMG_8897

で、午後からは事務所にて芦屋Oさんと工務店さん交え契約。その後、Oさんと共に今年7月にお引渡しした芦屋IさんちにOB訪問。

引っ越してまだ5ヶ月ですが、すっかりインテリアが落ち着いて来てました。奥さん同士、いろいろ話が盛り上がったみたい。木のマンションリノベーションを知ってもらうには、やはりOBさんの家をみてもらうのが一番ですね・・・見てもらう側のOBさんも、たまに来てもらうと片付けの気合いが入る、とよく言って頂けます(笑)

 

IMG_4572IMG_4574IMG_4575

すっきり片付いてええかんじです~春音さんで購入したジャボチカバ、すくすく育っておりました。実も何個かできたみたいで、奥さん食べられたそうですが、ライチみたいな味だったとのこと。ぜひ試してみたい。しかし、木の家にデカイ植物はやっぱ映えますね。ほんとお勧めです。

 

IMG_4562IMG_4563

Iさんところは宮崎椅子さんのダイニングチェアを色々お勧めして、当初二脚購入されてました。が、後にまた二脚追加した、という情報だけ家具屋さんのfacebookでは知ってましたが・・・ようやく実物確認でございます。村澤一晃さんのpepeチェア、アームのほうですね。座面の色はおねえちゃんが自分で選んだそう。ブラックチェリーにもよく合ってます。小1なのにセンスあるなぁ・・・

 

IMG_4566IMG_4567

IMG_4564IMG_4565

カイ・クリスチャンセンのNo42、私の一番のお勧め。お値段ちょっと高めですが、座り心地はダントツだと思います。当初は奥さんの分一脚だけだったんですが、やはりご主人も欲しいということになり(笑)、もう一脚追加されたようです。生地のセンスいいなぁ。

こうやって名作に囲まれた木の家の生活、違いの分かる大人の家、ってかんじです。うらやましいねぇ・・・

 

IMG_4559IMG_4560

スッキリ整理された本棚には・・・もちろん、the ORIGINが整列。いやぁ、違いの分かる大人の本棚だねぇ・・・

 

IMG_4578IMG_8910

こうちゃん、お誕生日おめでとう。おじさん、OB訪問で誕生日祝ったのは初めてよ(笑)

お邪魔した私たちにプレゼントまで用意して頂いて恐縮です・・・Iさん、本当にありがとうございました!ケーキもご馳走さまでした。いやいや次は飲みたいですなぁ・・・

木製内窓と断熱ブラインド(芦屋 マンション 断熱改修)


小谷です。先日お引き渡しを終えた芦屋O邸。完成写真撮ってきました。何枚かご紹介してみます。

 

玄関から廊下。もともとはL字にクランクしてたものをまっすぐに。幅がかなり大きめだったところを壁面収納と本棚にしています。天井は床材と同じ30ミリのスギ板で仕上げ、上部を天井裏収納としています。廊下の天井が高くてもありがたみも何もないので、スペースの有効利用ですね。

 

  

玄関左手はもともと洋室で、趣味の自転車をかなり無理やり置いていた状態。ここを面積を抑えながらちゃんとした自転車ガレージスペースとして。土間はモルタル塗装仕上げ、壁は汚れてもいいように針葉樹合板張り、戸境の壁はモルタル下地を表しにしています。自転車はポールで2台収納、あとは折りたたみ2台と子供用2台の計6台が収まる予定。見えにくいですが右手は浴室の窓があります。

 

 DSC_6532  DSC_6525

キッチンは閉鎖的なL字タイプの対面キッチンだったものを、中央に移動して開放的に。めちゃくちゃ明るくなっとります。

 

 

キッチンから洗面まで一直線の家事動線を確保するため、間にパントリー兼ユーティリティスペースを。冷蔵庫、洗濯機、ストックや鍋の収納棚にパソコンスペースまで兼ねた、コンパクトなのに多目的な空間。奥さんにとても喜ばれるスペースです。

 

 

浴室と洗面。左手の浴室の窓が先ほどのガレージにつながっているので、ガレージ→浴室→洗面→ユーティリティ→キッチンと風の通り道になります。風の抜けを考えて窓を取ったお風呂って、窓のないユニットバス特有の湿気がかなりカラッと乾きます。

 

 

リビング南側、バルコニーへの掃き出し窓。最近のマンションって、南側の窓がより大きく、より高く、より変った形になってきてる気がします。でも、断熱性なんて全く考慮されてないんですよね。Oさんも結露や冷え込みでお悩みでした。

ここは45度のななめまどがあり、片引きのサッシも相まって既製品の内窓設置が難しかったので、木製でペアガラスをはめ込んで作ってみました。
気密の確保やら重量の問題やら、なかなか手の掛かる内容でしたが仕上がりは上々。斜めのはめ殺し部分も枠付きガラスを作り、内部からはめ込んでいます。

 

 

木製内窓の内部には全てハニカム断熱ブラインドを付けました。最近のうちの標準仕様。これを付けるだけで冬の冷え込みはかなり改善されますが、結露防止にはならないので、結露を止めたければ内窓とセットで使うのが大前提になってきます。このブラインド、下手にカーテンをオーダーするより安いです。おすすめ~

 

 

今回、キッチンカウンターの天板にはモアビというアフリカ産の広葉樹を使いました。銘木市で私たちが直接買ってきたやつ。洋桜といわれるだけあって、日本の山桜に似た重厚で深い赤。ワックスとサンドペーパーで磨けば磨くほどツヤツヤすべすべに。美しいです~

ちなみに前面の収納扉はシナ合板にオスモカラーで塗装、乾いてから1000番くらいの細かいペーパーで軽く仕上げてツルツルになっています。木目が透けて見える感じが好きでよく使います。キッチン側板はストックしていたタモという木の幅はぎ材です。この3色の組合せが非常にいい。おいしそう。

相性のいい色って食べ物にも通じると私は思います。私的にはモアビがあんこ、タモがきな粉で、シナが白玉か餅(奥のステンレスはスプーンか?)のイメージです。どうでしょう?

 

お気に入りの一枚。前回の世田谷で水平垂直はマスターできたかな。今回もなかなかいい感じに取れてます。断熱ブラインドを通した光は障子に似てますよね。好きな感じです。

ということで紹介おわり!

木のお住まい、お引渡し(芦屋市 マンションリフォーム)


マスタープランの近く、桜の名所の夙川沿いは、ほぼ満開。
天候が良かった事もあり、朝からお花見の方々で賑わっていたようです。

明日も、暖かな春らしい一日になるようですので、桜を楽しむ事が出来そうですね~

IMG_8571IMG_8588

さて、今日は昨年の12月から木のマンションリフォームをさせて頂いていた、芦屋市Oさん邸の
お引渡しをさせて頂きました。

書類等、お引渡し作業の前に、Oさんご夫婦にミツロウワックス塗りの作法(そんな立派なもんじゃないですが・・・)を伝授し、実際に造作キッチンやカウンターなどに施工してもらいました。

こうして、一度ミツロウ塗りの作業を経験しておく事は、とても大事。

もちろん、何かあれば工務店さん、私たちでメンテナンスにお伺いさせて頂くのですが、ここから先、何十年も大事に住み続けていこうと思うと、ある程度のメンテナンスは住まい手が行う事になりますからね・・・

Oさんご夫婦がとても丁寧に、そして楽しそうにミツロウ塗りをされていたのが印象的でした。

IMG_8589

その他・・・ウォークインクローゼットのハンギング棚(可動式のハンガー&網棚)の高さ変更の
方法。とても便利な製品なんですが、いかんせんメイドインUSAなもんで、そういった説明書がないんですよね・・・(笑)

現場監督さんは慣れているので、簡単そうに外すんですが、コツを掴むまでは結構、難しい。
(OBさんで、悩まれている方いらっしゃらないでしょうか・・・汗)

Oさん、今日の位置で良いとは思いますが、高さの変更などありましたら、ご連絡くださいませ~

IMG_8590

それと、LDKの木製サッシ箇所に取り付けた断熱ブラインドの上げ下げ方法を、伝授。
(・・・しましたが、生活していく中で自然に操作できるようになると思います)

そうそう、これだけ暖かくなると、木製サッシによる既存サッシのガラス面での結露検証は、
また来年に持ち越しになりますね・・・(汗)また、来年の冬季に、木製サッシの効果をお伝え
きればなと思います。

お引渡し後、最後の作業は・・・Oさんご夫婦、現場監督さん、私たちとで、記念撮影。
この儀式!?を行うと、この工事も終わりなんだなぁ・・・っと、しみじみ。

お打合せから本日のお引渡しまで、ドタバタな私たちにお付き合い下さり、ありがとうございました。
ズボラな私たち、、、Oさんにかなり助けられたなと・・・、感謝感謝でございます(笑)

また、メンテナンスや棚板などの追加、何かありましたらご連絡下さいませ。
お引越しのお片付けが済みましたら、木のマンションリフォームを検討されている方とぜひぜひお邪魔させてください。そして、木のお住まいのお話しをたくさんお聞かせくださいませ。

それでは、今後とも、末永いお付き合いをよろしくお願い致します。ではでは!!

いろいろな方とお話しできた見学会でした(芦屋 マンションリフォーム)


今日も西宮市は晴れ。風が強く吹いた時は、まだまだ冷たさを感じますが、もう分厚い上着は
必要なさそうですね。この勢いで、約5か月間、毎日お世話になっていたパッチじゃなくて・・そう、レギンス!レギンスにもしばしお別れする事が出来そうです。

IMG_1732

さて、昨日は芦屋市で開催していた木のマンションリノベーション完成見学会の二日目でした。

一日目同様に、たくさんの方々にご来場頂き、自然素材を使った木の住まいの心地よさはもちろんの事、廻れる動線のプランニングや照明の取り方などいろいろと参考にして頂けたのではないかと思います。お越し頂きまして、ありがとうございました。

IMG_8545IMG_8542

4月初旬から芦屋市にて新たな木のマンションリフォームが始まります。そちらの施主さんご家族もお越しになり、Zooさん製作の丸テーブルやチェア、チェストをご覧いただきました。

家具屋さんのHPやショールームで見るよりも、こうした杉床&珪藻土壁の空間で確認して頂いた方が生活のイメージがしやすいと思います。

チェアの生地などは確認する空間によって、違った雰囲気に感じたりしますので、こうした機会を利用してもらう事をオススメしています。

そうそう、そういえば、今回の見学会には、4月から新しく入る方にもお手伝いしてもらいました。

ご来場の方の対応(手袋渡したり、ご記名頂いたり)、子どもたちの監視?遊び相手をしてもらったり、お申込みの多い見学会でしたので、とても助かりました。

そのお蔭で僕も、ご来場された方と現場の住まいの説明だけでなく、リフォームに関する疑問や時期、中古マンションを選ぶポイントなど、ゆっくりとお話しする事が出来ました。

ただ単に自然素材を使うというだけではなく、住宅として大事な遮音性能(乾式二重床)や断熱性能(外壁面の断熱工法)もしっかりと確保したリフォームを行いたいという考えにも、共感を頂いている事が多く、熱のこもったお話しをたくさんの方とさせて頂きました。

話をしている時の皆さんのキラキラとした目には、理想の家に住むぞ!っという意気込みを感じました。 (笑)ぜひとも、そのお手伝いをさせて頂ければと思います。

リフォームに関する費用や中古マンションの購入ポイント等、悩まれる事がありましたらご相談くださいませ~。

IMG_8546IMG_8548

それと、川崎市HさんがZooさんに依頼されていたローテーブルを持ってきてくれていたので、
一足お先に私たちで確認。カッコ良い仕上がりになっていましたよ!!

芦屋市Oさん邸は週末のお引渡しに向けて、最終作業に入ります。
現場監督、職人さん方、最後のもうひと踏ん張りお願いします!

明日は、来月頭から工事が始まる芦屋の現場の事前調査に向かいます。
あぁ、あと一週間で3月も終わりかぁ・・・(汗)早いな・・・

では、またー!

木のマンションリフォーム完成見学会(兵庫県芦屋市)


夙川の桜もチラホラ咲き始めていました・・・
気温も上がって、来週には満開でしょうかねぇ。楽しみです・・・屋台が(笑)

IMG_8526

今日は、12月から木のマンションリフォームを進めさせて頂いていた、芦屋市Oさん邸
の完成見学会でした。

お天気も春らしい穏やかな一日で、ご予約頂いていた方にとってもお越し頂きやすかったのでは
ないのでしょうか。

本日、お越し頂いた皆さま、家具展示の協力してくれたZooの幹くん、ありがとうございました!
また、見学会開催を快諾して下さったOさん、改めてお礼申しあげます。

お忙しい中、見学会にお付き合い下さり、ありがとうございました!
木の家OBの皆さんといろいろと情報交換され、楽しんで頂けたようで良かったです。

IMG_8533

スタートしてすぐはゆったりとしたペースでしたが、午後二時すぎくらいから、ご来場ラッシュ。
エントランスに到着された方が鳴らす、インターホンの音が鳴り続いて賑やかなこと・・・(笑)

玄関はお越しになられた方の靴で、いっぱいに・・・
皆さん、ちゃんと靴揃えてえらいです(笑)

IMG_8532IMG_8539

現在、お打合せ中の方、OBさんもお越し下さり、実際にの木のお住まいをご覧いただきました。

造作キッチンや建具・照明など、同仕様のものを実際に見てもらえるのが、完成見学会の良いところ。皆さん、質感や明るさのチェックをしたり、施主さんOBさんに使い勝手等を聞いたり・・・ 情報交換をされていました。

実際にお住まいになられている方の意見は、非常に参考になると思います。いろいろとお話しして下さるOBさんには本当に感謝しています。

また、小谷は神奈川県にてマンションリフォームの着工を予定しているMさんと、平面プランのお打合せ。 完成見学会と言いつつも、家具・小物展示、お打合せも行っています(笑)

IMG_8523

4月頭から予定している芦屋市のマンションリフォーム工事をお願いする工務店さんも、ご来場。
工事に向けて、造作キッチンや建具枠の納まり等、入念にチェックされていました。

早く施工図渡せるように、頑張りますので、少々お待ちを~。

さて、明日も本日と同じ午後一時から完成見学会を開催させて頂きます!
お施主さん&家具屋の幹くんは用事で残念ながら不参加となりますが、木の家OBさんは明日も来てくれますので、木のマンションリフォームをした住み心地など、聞いて頂けると思います。

それでは、また明日、皆さんのご来場をお待ちしております。お気をつけてお越しくださいませ。

明日の午前中にお申込み頂ければ、ご案内できますので、ご来場希望の方は、こちらから
お申込みくださいませ。→本棚廊下と自転車ガレージのある木のリノベーション』完成見学会

マンションの木製内窓の取付(芦屋市 リフォーム)


昨年から進めていた宝塚市でのマンションリフォームのお話しがほぼまとまり、ご契約&着工が迫ってきました。4月からの着工ラッシュの口火を切られます!

各現場、すこしずつ間隔は空いていますが、見学会やお引渡しなどもありますので、施工図が間に合うかどうか・・・今から心配というか、まぁ間に合わせるしかないんですけども(汗)

芦屋市での工事は、初めて施工をお願いする工務店さんですので、着工までには施工図をしっかりと揃えておかないとです。まぁ、なんとかなる、、、っというか、なんとかします。たぶん。

IMG_8464

さて、今日は今週末に完成見学会を予定している芦屋市の現場へ。

今日は、このOさん邸工事で一番のポイントとなる、LDK掃き出し(一部、FIX)サッシの室内側への木製サッシ&上吊り引戸の吊り込みが行われていました。

現場に着くと、建具職人さん三人が作業中。各部屋の上吊り引き戸つり込みが大体終わり、ちょうど木製サッシ取付のタイミングでした。ラッキーラッキー。

今回の現場では、引違い二か所、斜めのFIX窓が一箇所。
築10年ほどのマンションで多い、南面LDKに大開口サッシのパターンですね。

南面の開口が大きいと明るくて、視線も抜けて気持ちが良いのですが、冬がね・・・寒いんですよね。
それに、大開口なのでメーカーさんの樹脂製内窓を設置しようと思うと、結構な金額に・・・。

斜めの箇所が出てくると、納まりも良くない。っとうか、かなり強引になります。
なので、今回は木製サッシで気密を取りながらの施工をする事になりました。

IMG_8472IMG_8471

斜めのFIX窓の箇所は、引違いサッシの縦枠(戸当たり)を勝たせているので、縦框が斜めに加工された、ちょっと変わった建具になっています。

縦枠と当たる面に、ピンチブロックという隙間気密材を貼り付けて、大工工事で先行してつくってもらっている受け桟にギュギュっと押し込んだ状態で固定するといった流れ。

IMGP3939

っと、簡単に書きましたが、現場ではそう上手くはいかず・・・(汗)

IMGP3932

上手く最後まで入り込まず(気密材がつぶれず)、う~んっと皆で首をかしげては、やりなおし・・・
職人さんに框を削ってもらい、微調整を繰り返しました。
(私たちの好き放題な要望に応えてくれた職人さん方、どうもありがとうございました笑)

そんな作業を繰り返す事、六度ほど・・・

IMGP3943IMG_8476

「入ったー入ったーっ!!留めよう、早く留めよう!」っと、一つの木製建具を押え込む大人5人。

ギュギュっと押し込んでいる状態で、大工さんに準備してもらっていた杉材を留めて、固定完了! 

上手く入らなかった原因の一つが、私たちが思っていたよりも、気密材の潰れた状態の厚みが大きかった事・・・。   プラス、斜めというのはやっぱり難しいですね・・・

四角い建具を収めれるような、枠造作をお願いしておけば良かったかな、と思いました。

それにしても、一つの建具に大人5人が必死になった、二時間・・・あっと言う間でした
どうなることかと、ヒヤヒヤしましたが、楽しかった(笑)

ちょうどお昼になり事務所に戻ったので、引違い戸の方が見学出来ていませんが、現場監督さんの連絡では、無事に入っているようです。次回、現場に向かうのがとても楽しみです。

今日は、実際に木製建具&その施工の様子を見る事が出来て、すごく勉強になりました。
建具・枠周り施工図を改善する余地がまだまだありそうです。

どなたか、木製サッシしませんか?ご興味ある方は、今週末の完成見学会で実物をご覧になってみてくださいねー。『本棚廊下と自転車ガレージのある木のリノベーション』完成見学会のお申込み

IMGP3947IMG_8473

その他・・・LDKとウォークインクローゼット&可動棚収納を仕切る、タモ引違い戸も搬入済み。

ミツロウワックス塗ったら、素敵な色合いに変化する事でしょう。見学会前か最中に、施主さんと一緒に塗り塗りしちゃおうと思います。

そして、この香りは本当に癒されるぅぅ・・・っと、

珪藻土左官DIY塗り、無事終了(芦屋市 マンションリフォーム)


昨日から本当に暖かい、西宮市では日中、22、3度にまで上がっていましたね。
いつもの癖でダウンジャケットを着てきましたが、暑いのなんのって・・・(汗)長袖で十分でした。

気温上昇に喜ぶ反面、花粉症の方には辛い日々が続いているようですね・・・。

気温の上昇と共に、杉・桧の花粉の飛散が季節的なピークを迎えているようですが、樹木の絶対量を減らさないと樹齢を(樹齢30年を超えるあたりから花粉飛散量が増します)考えても、当分は改善しない問題・・・。

もっともっと杉材木を使ってもらって、心地よいお住まいを施主さんと造り上げると同時に、花粉症の問題の改善に一役かえたらいいなぁ、っと思います。

IMGP3810IMGP3813

さて、今日は、今月末に木のマンションリフォーム完成見学会を開催させて頂く、芦屋市O邸へ。

『本棚廊下と自転車ガレージのある木のリノベーション』完成見学会のお申込みはこちら

左官職人さんにも事前にコテ・コテ板などの扱い方レクチャーの協力をお願いし、以前から楽しみにしてくれていた珪藻土(エコクイーン)DIY塗り体験会を行いました。

もうマスタープランでは恒例となってきたイベントですので、左官職人さんもテキパキとレクチャーを進めてくれるので、とても助かります。

今回のセルフ塗り箇所は、こちらも恒例のウォークインクローゼット。
もし、もしも、上手く塗れなくても人目に付かない&衣服で隠せるので(笑)、緊張せずにどんどん塗っていけるスペースになります(たぶん・・・)

まぁ、すぐ横にはプロが控えていますので、それが一番の安心材料。。。

IMGP3819

お子さん二人もコテを持って、左官作業に挑戦!

っとはいえ、さすがにコテを使ってきれいに均す事は出来ませんが、作業に集中してくれていて、
珪藻土や左官に興味を持ってくれたようで、嬉しかったです。

IMGP3839

一生懸命、珪藻土を塗ってくれた結果・・・

ズボンもトレーナーも靴も真っ白け。ここまで汚れると、見ていて気持ちが良い(笑)
衣服に付着した珪藻土は乾いて、タワシなどで強くこするとある程度は落ちますが、ここまで付くと
どうでしょうか・・・まぁ、楽しそうにしてくれていたので、良しとしましょう~。

IMGP3851IMGP3858

子どもたちが飽きてからは、ご夫婦で順調に塗り進められたようで、開始から3時間ほどで無事に終了。そして、最後の仕上げに家族皆の記念手形!将来、Rくんには、この手形と写真を見せながら、左官塗りの思い出話(ずーっと水遊びしてた事も笑)してあげて欲しいなと思います。

見学会にお越しになられる方は、ぜひぜひこの記念手形もご覧くださいね。

Oさん、今日は本当にお疲れさまでした!すでに腕が重くなってきているとの事ですので、入念にマッサージしてほぐしておいてくださいませ~。

IMGP3865

さて、現場もちょいと紹介させてください。

浴室・ユニットバスに天井面は、神戸市兵庫区のY邸でも施工した青森ヒバ張り。
開口二つは、点検口(ヒバ材張り仕様)と既存ガス浴室乾燥が嵌ります。

珪藻土塗り中で室内の湿度が高いせいか、洗面やガレージにまでヒバの心地よい香りが広がっています。和らぐ浴室に仕上がりそうです。

IMGP3869

セルフ珪藻土塗りが終わったあとも、左官職人さん方は黙々と珪藻土の上塗りを作業を進めてくれてました。建具枠(鴨居・戸当)との取り合いや壁の凹凸が多く、出隅・入隅も多くありますので、職人さんには手間を掛けてしまいますが、いつも丁寧なお仕事をしてくれています。

来週中ごろには、左官工事も終える感じでしょうかね。
その後は、建具取付や塗装、設備機器の取付など、現場からお住まいへと一気に変わっていく
期間になりますので、その変化を楽しみにまた現場確認に向かいたいなと思います。

では、またー!

大工工事もいよいよ終盤へ(芦屋市 マンションリフォーム)


昨日はお休みでしたので、知り合いの工務店さんの完成見学会にお邪魔してきました。

自然素材を多く用いて明るくなった室内には、家具屋さんが設えた造作キッチンや収納が有り、とても居心地の良い空間になっていました。

とても勉強になりました!ありがとうございました!!

IMG_8181

さて、先週の土曜日に芦屋市にて木のマンションが進んでいるOさん邸現場へ。

朝からドタバタ(まぁいつもですが・・・汗)していたんですが、現場の大工さんと少し話がしたかったので、作業が終わる午後5時までに何とか到着。

木製掃き出しサッシや玄関框の納まりなど、一緒に確認する事が出来ました。

ややこしい枠加工もほぼ終え、天井・壁のボード張りも済んでいました。後は、可動棚等の金物取付や造作キッチンの製作といったところでしょうか。

来週末には、Oさんご家族と一緒に珪藻土塗り体験会も行いますので、大工工事もいよいよ終盤というところです。大変や大変やと言いながら(時には図面が遅いと怒られながら・・・)、しっかりと間に合わせてくれる西村大工(父)は本当にすごい。残りの工事もよろしくお願いします。

IMG_8150

Oさん邸のタイトルにもなっている廊下本棚の造作も出来上がり、棚柱の取付や杉棚板の取付を残すばかりです。

玄関入ってすぐは、天井収納との兼ね合いで天井高が低く抑えられており、本棚が始まるところから少し天井があがるんですが(っといっても、2100mmほど)、本棚が天井いっぱいに設けられているせいか、開放的な空間に感じました。

廊下幅も少し広めに取っていますので、案外、このスペースに家族皆が集まったりして(笑)
本や雑貨が並んだ姿を見るのが、今からとても楽しみです。

IMG_8155IMG_8212IMG_8213

今回のお住まいでは、トイレカウンターに山桜無垢材(左)、キッチンエンドパネルにタモ幅ハギ材(中央)、キッチンカウンター天板にモアビ(洋桜)無垢材(右)、そして玄関框には大阪の鳥飼市場で競りをお願いしてゲットしたチーク無垢材(写真取り忘れ・・・)を使います。

もちろん、基本は杉材を中心にしたお住まい造りですが、こうした銘木さんたちをアクセント的に使ったり、生活スタイルや用途に応じて使っています。

最後には、Oさんご家族と一緒にこの銘木さんたちを磨いて、ミツロウで仕上げる予定にしていますので、塗れ色に変化して一段と見栄えが良くなった銘木を見て、お住まいえの愛着を増して頂きたいなと思います。

見学会の日程について、いろいろと聞かれる事が多くなって来ました。来週中くらいには、HP等でお知らせ出来ればと思っておりますので、もう少々お待ちくださいませ!

では、また~。次回は、珪藻土塗りの様子をお伝えしますよ~!!

芦屋市お打合せめぐり ご自宅訪問~現場確認


昨日は宝塚市にてマンションリフォームの計画を進めているSさんに事務所までお越し頂き、
CGパースを見ながらのプランご提案。

LDKと寝室との間仕切りをもう少し練る必要がありますが、その他は大体まとまってきました。
次回のお打合せでは、お見積もり金額をお伝えできるように、さらに作業を進めます。

で、お打合せ後は連日のパース作成の疲れがあったのか、約一時間ほど放心状態でした(笑)

IMGP3701

さて、今日は午後から現在リフォームをお打合せ中のIさんご自宅にご訪問。

現在お持ちの衣服や本、雑貨等の確認とお引越し後も使用する家電等のサイズを測らせて頂き、プランニング内容で余裕を持って納める事が出来そうでした。

その確認中、ずっとお付き合いしてくれたのがテンション高めのKくん。
事務所に戻って画像を確認してたら、三分の一にKくんが写り込んでました(笑)次に会う時は、一眼レフカメラでたっぷり撮ってあげようと思います。

Iさん、今日はお休みのところ、ありがとうございました!!

IMG_7859

その後は同じく芦屋市にて木のマンションリフォーム工事が進んでいるOさん邸へ。

大工工事も順調に進み、天井のボード張りを終え、造作箇所が少ない部屋は壁面のボード張りも始まっている様子です。

だいぶ住まいらしくなってきましたね。壁はまだボードが張られていない箇所が多いですが、戸当たりや鴨居は取り付いているので、大体の間隔は掴めるようになっています。

さて、今日は現場までOさんご家族にお越し頂き、ここまでの進捗確認と工事が進む中で発生した変更箇所のご説明をさせて頂きました。

お休みのところ、お付き合い下さりありがとうございました!!

IMG_7868

ご家族が揃ってご覧になっていたのが、キッチンカウンターに取付られたモアビ(洋桜)材。

今は割れ留めのボンドで表面が濡れ色になっていますので、一度サンディングを掛けてもらい、
素地の状態に戻してもらおうと思います。

ミツロウ塗り込んで、ペーパー掛けたら、存在感が出る事でしょうね~。楽しみがまた増えました。

お打合せでは、造作キッチンに設ける引出の割り付けやその背面に設ける吊り戸&キッチン収納の細部について検討。お持ちの食器や調理器具などを確認しながら、再度検討してもらう事になりました。

IMG_7905

廊下(一部)は天井高さをぐっと抑え、杉床を張って、そこから躯体までの空間を子供室から使える天井 収納としています。

なので、、、玄関入ると、上部天井は杉床。
羽目板とは違い働き幅の大きい床材が並んでいるので、すごく安定した、落ち着いた玄関・廊下に
なっています。廊下両側には、本棚がきますし、木視率の高い空間に仕上がります。

IMG_7855

お子さん二人も現場に来てくれたので、天井収納を試し、、、いや、楽しんでもらいました。
高さはそんなに取れていませんが、子どもには十分な遊び場になりそうですねぇ(笑)

IMG_7856

廊下側から見ると、こんな状態。
廊下天井高さの段差で出来た小さな隙間ですが、子どもからしたらワクワクする開口だろうなぁ。

まぁ・・・収納として使う予定ですので、登る事があまり無いとは思いますが、こんな使い方も
出来るなという事が分かりました(笑)

大工工事もいよいよ、終盤に差し掛かろうとしています。どんどんと木の住まいに近づいていく期間にもなりますので、次回の現場確認を楽しみにしています。

では、またー。

現場お打合せで修正箇所等、確認


今日、っといいますか昨日の夜寒かったです・・・。
寒さのせいか、先週は常に体調悪くて、個人的には結構ハードな一週間でした・・(汗)

大寒も過ぎた事ですし、徐々に暖かくなる事を切に願います。

IMG_1213IMG_1216

さて、今日は芦屋市Oさんに現場までお越し頂き、修正が必要となった箇所のご説明を修正前・後の展開図を比較しながらさせて頂きました。

修正というのは、住戸内に出てくる小梁の背が思っていたよりも大きく、計画通りの天井高さでは
収まらない・・・事が分かり、梁下いっぱいの2100mmまで下げるという修正です。

とはいえ、関係してくるのが、トイレ・廊下・ウォークインクローゼット(半分)・ユーティリティ(半分)の、居室の天井高さには影響がなかったので、そこは本当にヨカッタです。

現場は、天井下地、間仕切り壁下地が立ち並んだ状態でしたので、仕上がりの寸法イメージを
なんとなくは感じて頂けたのではないかと思います。

また、キッチンカウンター収納の天板がタモ材から先日の銘木市でゲットして頂いたモアビ材に。
洋桜と言われているだけあって、山桜材に似た色合いですので、こちらの仕上がりも楽しみなところです。

IMG_7800

現場でのお打合せ中の間、お子さん二人は新しいお家(まだ出来上がってはいませんが・・・)を堪能してくれていた様子。

まだ、ボードなどは貼られていない壁下地材だけの状態ですが、家中をグルグルと歩き回る様子を見て、廻れる動線が機能している事が確認できました。

Oさん、本日は寒い中ご足労頂き、ありがとうございました!!

IMG_1209

お姉ちゃんは、現場でけん玉・・・アレ??この光景、どこかで?!どこかで見た記憶が(笑)

あれは、そう、たしか川崎市のH邸・・・
っという事は、お姉ちゃんもそのうち踊りながらけん玉をするんだろうか!?!?

今、木のマンションリフォームとけん玉の組み合わせが熱いです!

IMG_7794

さて、今日の現場は西村大工が、間仕切り壁下地や窓枠造作を進めると同時に、電気屋の高畠さん&池田さんコンビが天井・間仕切り下地の合間を縫って、電気配線を進めていました。

写真、左で写真を撮っている僕に向かって、ここの枠加工はどうなるんやと、ちょっとこっちに来て説明しなよ、っという感じでいらっしゃるのが西村大工さんです(笑)

IMG_7801

LDK(南側)からウォークインクローゼット、北方向を見た様子。

LDKからウォークインクローゼットを挟み、寝室(子供室)が設けられています。この位置関係は、マンション住まいにおいて通風・動線を考えて上で、シンプルで機能的になるんじゃないかなと思います。

壁はいつもの珪藻土・エコクイーン仕上げ、天井は珪藻土クロスになり、さらに明るい室内に仕上がるのが楽しみです。

では、また現場進捗ありましたら、更新させて頂きます。

1 2 »

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.